バターケーキ

バターケーキといえば、代表的なのがパウンドケーキで、くるみやレーズンを刻んだものを入れて作りますが、もっと簡単に、レモンとラム酒を加えただけのプレーンケーキを私は、良く作っています。
 
手間が少なく、飽きの来ない美味しさがが気に入って、これならいつもグッドに出来上がる安心感がありました。
 
だから、昨日も負担なく作れると思って、1本引き受けたのですが、どうしたわけか、いつもと同じように作ったのに今までにない、失敗作が出来上がってしまいました。
バターむらと、空気アナがあちこちに・・・
でも一見は、きれいに焼きあがっていたので、始末が悪かった。
 
昼に焼き、余裕の気持ちで、個包装するために夜の10時半にカットしたところ、予想だにしない失敗に気が付きました。
心当たりは、いつもと違うマーガリンを使ったことと、寒い影響位。
 
それから、深夜に再度焼く羽目に。12時前に焼き上がり、恐る恐る1箇所カットしたところ異常なし。
 
良かったと安心して寝ましたが、朝、切り分けてバターむらは収まったものの、空気アナはやっぱりあったのです。
食べてみて、味に影響はなかったのですが、お菓子づくりのデリケートさをあらためて知りました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中