『”星の王子さま”と私』に寄す

NHK教育の『”星の王子さま”と私』の番組を見ました。
 
サンテグジュぺリの「星の王子さま」は、私の愛読書の1つですが、
この本のファンは世界に700万人以上に上るそうです。この本を好きになる人は、
静かに熱烈に好きになりますが、一方で一体どこがそんなに良かったのかわからないという人もいます。
 
今回番組で話していたのは、終始このお話の魅力に迫ることがらで、
星の王子さまファンには、とても満ち足りる90分でした。
 
一昨年ぐらいから、「星の王子さま」の翻訳が自由にできるようになったのがきっかけで、
色んな人の訳の本が書店に並ぶようになりました。私も、興味深く思っていましたが、
もう17種類くらい出ていると知り、今更ながらこの本の関心の高さを思います。
 
今回は、このことを取り上げて、様々な訳の仕方から、キーワードを読み解くことがなされていました。
それで新たに、アプリボワゼというフランス語を知りました。
直訳すると、「飼いならす」という言葉だそうですが、「絆をつける」「なつく」「仲良くなる」という意味などもあり、
キツネとの一見たわいない、しかし深遠なる会話を繰り広げる中に、何回も使われています。
 
アプリポワゼするには、相手のために自分の時間をたくさん使わなくてはなりません。
そして、アプリポワゼした相手には責任があるのです。
 キツネと関わりを持つ中から、王子さまはそのことに気付くのです。
 
王子さまバラの花への思いを軸として、人の世界への深い洞察、生きる上で大切なこと、
生きる意味などがすべて書かれています。
そして、この話のキーワードの1つである「大切なものは目に見えない」の通り、
心を働かして読まなければ何も伝わって来ない、そんな本だと思います。
読む人の心に合わせて色んなメッセージが伝わってくるのです
 
夕日の沈んで行くのは、人を感動させます。
王子さまは、自分の小さな星で、寂しくなる夕日を、後ろに椅子をずらしながら、
1日に44回見たことがあると話しています。
 
色んな訳の本、興味深く思いますが、中に首をかしげるようなものもあるのは残念です。
 
世の中に愛するものがあるなら、そのために世界は違って見えるでしょう!このことに共感される人は
きっと「星の王子さま」のお話に、無関心ではいられないと思います。

『”星の王子さま”と私』に寄す」に8件のコメントがあります

  1.  せっかくの「星の王子様」のお話ですが眠気に勝てません。こんなコメント残して申し訳ありません。
    また、後ほどお伺いします。

  2. >マックさん
    眠い中コメントを残してくださって、ありがとうございます!
    いいお話ですが、ある意味退屈なところがあるのも知っていますのでお気になさらないでください。
    新しい訳の星の王子様、池澤夏樹さん訳のですと、大人向きに訳されているので、これお薦めです。

  3.  つまらないコメント残してごめんなさい。池澤夏樹さん訳ですか機会があったら読んでみたいと思います。
    今日は少し元気がありません。星の王子さまでなくて、星の大じいさまになりそう(またしてもくだらないことで
    すみません)。明日は元気になって星の小父様になって飛んで来たいと思います。

  4. こんにちわ~
    星の王子様、読んだことがありません。
    でも、興味はありました。子供が小さかったら一緒に読みたいわ~~と思いましたけど、
    女の子だったらね~とか、でもでも、
    セーラさんのお話を聞いて、あ~~いまからでもいいんだ~~と感激!
    この年で、星の王子様の本を読むなんて、いいじゃない!^m^♪
    ”アプリポワゼ”も気になるしね!
    池澤夏樹さん訳ネ、ありがとうございます。ヽ(^o^)丿早速探してみます。
     

  5. >マックさん
    こんにちは。今日はお元気になられたでしょうか?
    この頃、お疲れのようですね。きっと、無理をして頑張りすぎたのではと案じておりますが・・・。
    星の王子さまには、大じいさまも、小父様もたくさん登場しますが、せっかくなら王子さまがいいですね!

  6. >ゆんさん
    こんにちは。池澤夏樹さん訳の、星の王子さま、きっと満足なさると思います。
    色んな人が言っていますが、実際この本は、子ども向けの本ではありませんから、今からこそが、読み時ではないかしら?
    ちなみにアプリポワゼ、池澤さんはすべて「飼いならす」と訳していると、先の番組で話していました。
    (どこまでもマニアックですみません)
     

  7. 星の王子様、若い時に買った思い出の本です。
    新しい翻訳で・・・は何となく知ってはいましたが、すでに色々出版され、こんな番組もあったのですね。
    >アプリポワゼするには、相手のために自分の時間をたくさん使わなくてはなりません。
    >そして、アプリポワゼした相手には責任があるのです。・・・
    家族、友人・知人、地域社会・・・
    自由ということが、身勝手な行動をして良いのだと勘違いされている気がする今の世に、しっかり受け止めたい深い言葉ですね。

  8. >Y&Yさん
    新しい翻訳本の種類の多さには、本当に驚かされます。自分ならこのように訳するという主張がこれだけあるということなんでしょうね。
    アプリボワゼ「飼いならす」のところ、星の王子さまのように、男が女によせる想いだけでなく、母親が子どもを育てていくときの想いや、
    Y&Yさんがおっしゃるように、友人、知人、地域社会との関わりの中にも感じる想いと重なって、このお話は多くの人を励まし続けているように感じます。
    人は人との関わりの中で生きるということに、もっと真剣にと言われている気もしました。

野の花 にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中