和歌山行き

8月8日
昨年と同じ日に、両親の故郷であり、今では父のお墓もある
和歌山にお盆前のお墓参りに出かけました。
 
今年は、梅雨明けが遅く台風も何回か訪れましたが、
8日は、去年と同じような入道雲がきれいな真夏の空模様となりました。
 
     
 
お墓参りをした後、父の本家に立ち寄り、その後車で山の中腹にある母の実家に送ってもらって
夕方まで語らいの時を過ごし、早い夕食を頂いて帰る、だいたい昨年と同じパターンで、大阪に戻りました。
 
和歌山線の中ごろに位置する当地まで、昔は、電車に乗って、かなり時間がかかりましたが、
今では、JR熊取から山を越えるバスが出来て、早く行き来ができるようになりました。
 
        
 
お墓までは、徒歩10分くらいですが、今夏1の暑さになり、チョッと参りました。
途中の道は、以前にも書いた、電線が地中にあり、電信柱の無い道です。
 
         
 
お墓では、ハプニングが一つ。うちのお墓の左のところに、足長バチが巣を作っていました。
母によると、先月来たときには小さかったのにということでしたが、巣は成長していました。
住職さんに、退治していただいたものの、巣に戻ってくる蜂がウロウロする中、恐々
お墓参りを済ませました。
                                           
母の実家へは、竜門橋という大きな橋で紀ノ川を渡って行きます。
     今回も、雄大な川の広がりと、雲の美しさに魅せられました。
 
母の実家は、母にとっても、私にとっても究極の故郷かもしれません。
母の9歳も年上の長兄が、まだ元気で現役で暮らしており、若夫婦は、すでに初孫がいるという
幸せな田舎暮らしが、そこにはあります。
 
今回、私にとって興味深かったのは、自家栽培のゴーヤをいただくために、畑へ連れて行ってもらって
色んな、野菜を見せていただけたことです。もちろん、無農薬ということで、
近くに、お店が無くとも、田舎は田舎の自給自足型の暮らしで、豊かに暮らしていることが感じられました。
 
               
  
               
 
 

和歌山行き” への6件のフィードバック

  1.  こんばんは。8月になってから猛暑つづきと言うような気が。
    母上の郷里にお帰りとか。やはり格別なものがあるようですね。
    まだまだ暑さがつづくようです、ご自愛のほどを・・・。暑中見舞いのようですね。
    (いやもう残暑見舞いですね) 

  2. セーラさんこんばんわ~
    お父様のお墓参り、暑い中お疲れ様でした。
    セーラさん、いい田舎があって、お幸せですね!
     
    帰郷ラッシュが始まり、市内、市外とも、車も人も、 ぐっと増えてきました。
    皆さんお里帰りですね~
    お盆は、普段付き合うことがない親戚と会う機会が持てて、
    仏教の行事には、人との付き合いを大事にしているような気がします。
    実家にも、なかなか行くことも少なくなってきますが、お盆だけは足が向かいます。

  3.  >マックさん

    二日前に関東に戻りましたが、今夏1の暑さは、毎日更新しているようで、昨日はさらに厳しい暑さでした。
    今回は、短い滞在でしたが、この間すっかり関西人に変身していたようで、電話の娘に「すごい、大阪弁」と指摘されてしまいました。
    しかし、戻ってあらためて今の居住地の、人口密度の低いことと、なんとなく空気がきれいに思えることの良さを感じています。
    残暑厳しい折から、お体お大切に。
     

  4.  >ゆんさん
    両親の故郷は、大阪の都会育ちの私にとっては、昔からありがたく思っています。
    ゆんさんは、お住まいそのものが自然にも近接されていらっしゃるようで、その豊かさをいつも感じさせていただいています。
    >仏教の行事には、人との付き合いを大事にしている・・・ほんとうにそのとおりですね。母は、仏壇のお世話にもなかなか
    心を込めているようですが、私は母との交流、親戚との交流のために行っているようなところがあります。そして、
    その中で、父を思い出す時間を過ごすことができることに感謝しています。
    いよいよ、お盆、これからが世の中、帰省ラッシュ、交流のときですね。皆さんと、良いときをお過ごしください。

  5. ご両親の故郷の山や川、夏空に浮かぶ雲・・・
    先日お墓参りで帰省した、夫の郷里の夏の景色と重なります!
    結婚以来、何十年も繰り返している帰省です。
    今では、夫の故郷が私自身の故郷でも有るような気持になっています。
    暮れに見舞って以来の義母の容態は、兄夫婦のお世話のお陰で安定していて、
    言葉掛けに、頷いたりニッコリしたり、たまにはか細いながら声も出てホッとしました。
    夫も、母の手を握ったりして嬉しそうでした。
     
    お母さんと一緒に郷里へ・・・幸せな時間、大切な時間ですね!
     
     

  6. >Y&Yさん
    ご主人様のお母様のご容態、持ち直されたとのこと、ひと安心ですね。
    年をとって、だんだん弱っていく姿を見るのは、なかなか辛いことですが、
    また自分達も通っていく道と思うと、複雑な気持ちになったり、なんとなくあせる気持ちにもなったりしますね。
    自然は、いつも変わらず、雄大で美しく見守ってくれてはいますが ・・・。
    このあと、戻ってから義母のホームにも行ってきましたが、そんなことを思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中