魅せられた七夕おどり

昨年に引き続き、今年も七夕祭りに出かけました。
 
日本三大七夕祭りに数えられる、我が市の七夕まつりですが、今年から日程が、7月第1週の木曜日から日曜の4日間と決まりました。
それで、今年は2,3,4,5日の4日間です。あれっ!肝心の七夕、7日が含まれていません。間違える人がいなければいいのですが・・・。
 
何しろ、七夕の時だけ駅周辺は大都市の人口になるので、その差は凄いといつも思って来ました。
そのため、人ごみを避けて、何年も行かなかったりしました。というより、やはり祭りは、誰かと行くもので、1人では行かれなかったということですが。
 
今年は、幸いにも行く相手と時間に恵まれ、比較的人の空いている平日に、サッと周ってくることができました。
 
偶然にも、千人踊りに出くわして、しばらく見物。これは、毎年行っていると思いますが、見るのは今年が初めて。なじみの曲、「七夕おどり」に合わせて、踊りながら沢山のグループがメイン通りを踊り歩いて行きます。
 
    
 
この「七夕おどり」 ~見るより、聞くより踊るもの 七夕おどりはおどるもの♪
以前は、ふつうというか、あまり好きな方ではありませんでしたが、今年はいつになく心に響きました。
 
 七夕会場に近づくに連れ、今年は琴か三味線のゆっくりした音色の「七夕おどり」のメロディーが流れてき  たときに、 何か、ノスタルジックな気持ちがまず湧いていたからかもしれません。
 
 2番、冒頭のサビに続いて、~七夕祭りに来た人は、一緒に踊らにゃ帰れない 踊りばやしにのせられて ゆれて浮かれる竹飾り♪
 
この強引な歌詞が、ツボにはまったのは、やはり都はるみさんの歌唱力もあったのかもしれませんが。
 
 
飾りの方は、例年通り、世相を反映したものや、童話からのもの、浮世絵などと、保育園、幼稚園児などの笹飾りもまじり、ほのぼのと楽しめるものでした。
 
       
 
           
 
夜の部は、火が灯って、また違った趣ですが、こちらに行くほどの熱意はなく、早々に帰宅しました。
 

魅せられた七夕おどり」に2件のコメントがあります

  1. 昨日、いらしたんですね。私は 夫の帰宅時間に合わせ 七夕デートをする予定でしたが 「電車に乗るところメール」が入った頃 雨が降ってきたので中止にしました。たいした雨じゃなかったから行けばよかったわ。夫との七夕見物は初めてだったのに・・・7日が含まれない七夕というのも何だかな~という感じですが、毎年同じ第2週目の・・・というのもいいのかもしれないですね。>強引な歌詞が、ツボにはまったのは・・・この一文がツボにはまりました。あはははは~

  2. >こむぎさん駅で待ち合わせての七夕デート、素敵な計画でしたのに残念でしたね。そんな風にしないと、なかなか夜景の七夕に行けませんものね。今日は、よいお天気になったので、人が押し寄せそうですね。人ごみに行きたくはありませんが、お祭りの盛り上がりを嬉しく感じるのは、年なのかはたまた地元民の心?ツボにはまったのは、・・・もっと詳しくいえば、”一緒に”というところ。午前中の集まりでも、どなたかが「一緒にというのがありがたかった」と言ってましたよね。 センチメンタルな私です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中