近場の彼岸花散策

近場といっても、大きな川を越えて、隣の市町村のさらに隣の境を流れる川沿いまで車で行きました。
 

   

 

彼岸花祭りという旗が立てられた、南のスタート地点から小川に沿って歩きはじめました。
 
     (黄色の彼岸花)
   
 
初めはまばらで、稲の実りを背景に、ぽつぽつと咲いている感じでした。彼岸花もきれいですが、収穫を待つ黄金色の田んぼもきれいです。
 
 
   
   
 

アゲハ蝶がとまっているところ。
 

      

 
 そのうち、川の両岸に彼岸花の群生が現れ始めました。この群生は川の蛇行に沿って、どこまでも続いていきます。
 
   
 
 
          
 
一か所に集まって咲いている彼岸花も印象的です・・・ひと叢生えて、秋日強し・・なんて、短歌の一節が浮かんできました。
 
  
    
 
どこまで続くのだろう、この辺で引き返そうかと迷いましたが、もう少しだけと足を延ばした先に終点がありました。そこには、ポスターが貼られていて、この距離は3Kmということがわかりました。
時計を見ると、4時45分。日が沈まないうちに戻りましょう。
 
      
 
道端のコスモスは、次は私の季節・・と言いたげ。
 
      
           
 
復路は、あれだけいた人影もなくなり、さみしい夕暮れです。
 
  
   
 
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中