イチジクを求めてー開成町

今年我が家のイチジクは、去年にもまして枝を広げ、たくさんの実をつけています。

本体の幹は、2年前ぐらいからカミキリムシにやられているようですが、それに対して何の処置もしていないにもかかわらず、ほおっておくとどんどん葉が広がり、密集してくるので、今年になってから2回も剪定しました。

初めの数個はジャムにしましたが、イチジクは、次々と熟していくものですから、また1つ収穫という具合のある日、夫がイチジクの取れる所でたくさん買ってこようと言ったので、先週、近くの開成町に出かけました。が、イチジク狩りができる所は見つからず、地場産が売られているところでイチジクを買って帰りました。

imageまだまだイチジクの季節は終わっていないので、今度こそとまた出かけることになり、目標の「福沢公園」目指して出発しました。

「福沢公園」はほどなく見つかりましたが、今日はこの辺一帯、酔芙蓉祭りというのが行われていて、酔芙蓉が両側に並ぶ道が南北に長くありました。ぐるりを取り囲む田んぼは収穫の時を迎えていて、そのあぜ道には、くっきり赤い彼岸花が鮮やかに咲いていました。

image image

image

予想外の風景にすっかり心奪合われ、酔芙蓉の道を散策しつつ、初秋の風景を満喫しました。image

さて、イチジクを栽培して売っているところは、そこからほんの50mくらいところでしたが、行ってみると午前中に売り切れの貼り紙がありました。金網越しに、立派なイチジクの木がたくさんありました。残念だけどまた来ることは出来ると思いつつ帰りました。

*「福沢公園」、酔芙蓉祭りは、開成町のすぐ隣の南足柄市にあります。

イチジクを求めてー開成町」に2件のコメントがあります

  1. 秋の味覚ですね。
    買えなかったのは残念だけど、買わなくても済むほど、自宅で取れるといいよね。
    さっきあさつゆに買い物に行ったらイチジク売ってましたよ。

    福沢公園、初めて知りました。
    いいところみたいね。

    1. 福沢公園は、福沢諭吉に由来する名前のようですが、
      このまわりは、眞田舎って感じのところです。
      田んぼが広がるのは、私たちのまわりにも似てるかな。

      あさつゆにも売ってますね。どこのイチジクでしょうね。
      イチジクには消化酵素があるらしいと、この頃イチジクに目覚めたようなんです。皮向いて、4つ切りにして、フォークで食べられるようにして出しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中