はしばみセーラのピンチ

季節が早く進行している今年は、その後ネモフィラの季節も、芝桜の季節も、バラの季節もすべて半月以上早くやってきて、美しい6月も半ばにして終盤を迎えています。

5月は耳鳴りも下火となり、スマホゲームから足を洗い、早寝早起きの実践で体も健康的になり、スタートをしましたが、その後は付きまとう陰に心乱され脅かされて日々を過ごしました。

そして、それはまだ現在進行形ではありますが、少し息継ぎの時を与えられてこの場にいます。経過を少し・・・

1月の健康診断の胸部レントゲンで要精密検査となり、CTを1ヵ月おきに3回撮り経過を見ても消えない陰によって肺がんを疑われ、初めの病院ではこの時点で、手術的に陰の部分を取って調べることを提案された。検査と言っても手術という現実に納得がいかず、東京の病院に転院を決意。紹介状を書いてもらい、5月半ばに初診のあとは、迅速に手術でない検査をすることができた。まず、Pet検査。しかしこの結果に衝撃。陰影のところに色がついていたから。続いて、気管支鏡検査。この検査は以前はとても苦しい検査だといわれており、また確実なものではないと前の病院では言っていたが、こちらの病院では、9割方採取できるし特定できるということで、病名確定するべく1泊入院で行った。ちなみに、麻酔と鎮静剤をうまく使うからか苦しいこともなく、半眠り状態で、今となってはあまり覚えていない。昨日その結果を聞きに行った。俎板の鯉で逃げられないという思いに反して、結果は意外なものだった。確実に細胞は採取できたがそれらしきものは出てこなかったので肺がんではないとのこと。それは一先ずうれしいことではあるが、では何?という問題が残る。先生は、リンパ腫を疑っているとのこと。それの確定検査として、初めの病院が提示した、手術的検査を今提案されている。今なら、手術検査も納得できるし、手術そのものへの信頼も持てている。

IMG_7909

2人に1人はがんになる時代と聞いてはいましたが、真剣に思いに取り入れたことはありませんでした。年をとったら何かしらの病気が出てくるのが大多数だからこそ、皆さん気を付けて努力して健康な一握りになるべく努力していることに今更ながら気づかされました。そして、それでも老いはさけられないし、物事には終着点があることを現実的にリアルに今感じています。

私の役目的には、あと2,3することが残っていてそれを果たしたい思いと、その他は、自分の終活として一番に取り掛かりたいのが物の整理です。無駄なものを手放し、途中のものは仕上げる。10年後にやればいいという気分ではなくなりました。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中