カテゴリー別アーカイブ: メモリアル

次女の結婚式を終えて

次女の結婚式が滞りなく終了し安堵しています。

親として元気に晴れの日を過ごせたことが何よりの感謝です。両家は、親族がそれぞれ遠方であることもあり、今回の慶事により、久しぶりの再会ができました。

チャペルの挙式後、披露宴を親族でするという流れは長女の時と同じでしたが、8年の経過もあり、また違う感慨がありました。

前日は小雨降る寒い日でしたが、この日は朝から日差しが出て、14階の窓を背にしたチャペルは祝福の光が眩しく差し込んでいました。

そしてこのチャペルでの挙式は、とても印象深いものでした。牧師さんはやや高齢の外人の方ですが日本語も話せて、温かみのあるのが伝わりました。リングガールとなった孫達にもとても優しく話しかけてくれました。

コリントの13章、愛は忍耐強い。愛は情け深い。…が朗読され、神の前に誓い、認められる場面を親族一同が見守る儀式。海外では、この儀式が入籍よりも重要とされていることがよく感じられるものでした。

披露宴では、新郎新婦を中心にゲストが楽しい時間を過ごせるように、様々な演出がありました。それで私は留袖で軽快に動けない中、スマホシャッター押しまくりとなり、少々怪しかったかなと、一段落ついた今は思っています。

写真画像を改めて振り返ってみると、ホテルスタッフが沢山関わってくださったことを改めて思います。黒子となって、あちこちでサポートしてくださいました。私の着付け担当の方も、その時だけでなく写真撮影時などに着崩れがないかチェックしてくれ助かりました。

披露宴終盤、新婦から両親への手紙朗読は、娘の心からの言葉であることを感じ、とても嬉しく受け止めました。さらっと読んでくれたので助かりました。

記念品の、同じ木で作られた3つの時計、司会の方の「新たな1つの家族がここに誕生しました」の言葉は、心に響きました。

また、一番最後のサプライズ、新郎から新婦への花束贈呈は、女性としては最も嬉しいものではないでしょうか?

新郎の温かい眼差しのもと、幸せな家庭を築いてくれることでしょう。

嬉しい1日の偽らざる感想です。

 

 

 

 

今年の文化の日

11月3日、今年は孫二人がダブル七五三の年で、半年前からこの日の予定が知らされていました。

晴れ姿を見てほしいから、もうわかってる予定があったら外すので言ってねと言われたときは、半年先の予定はさすがにないし、そもそも元気でいるのか未知数なんて思ったりしていました。

七五三を行う神社は、今回で4回目。初孫Yちゃんのお宮参り、3歳七五三、その妹Nちゃんのお宮参り、で今回のダブル七五三です。今回はダブルということもあり、娘(長女)もはりきって、私も着物をと頑張りました。

1009DFB3-EAAD-4F78-9EF5-DA1D6AD68325

10時過ぎに到着した時には、みんな着物姿に変身し、華やかな雰囲気に、一気にテンションが上がりました。Yちゃんが、開口一番お母さんもSちゃんも着たんだよねと。そうなんです。Sちゃんというのは、次女のこと。だから、私にとっては自分の娘たちのダブル七五三がまた時を超えて、再来した気分にもなりました。

夜には、毎晩電話している89歳の大阪の母にさっそく報告しました。母が私の娘たちのために用意してくれた着物が何回も役に立ち、今回は孫のダブル七五三にも使ってもらえたというありがたさ。

Yちゃんの3歳の時にそっくりのNちゃん、お姉ちゃんになったYちゃんを見ながら、節目、節目の成長をうれしく思いました。お姫さん変身が好きな孫たちは、少々の窮屈な格好は平気で、この後七五三の日をまだまだ満喫したことでしょう。

私たち夫婦は、実はこのあと毎年の文化の日に行われる横浜でのイベントに参加する予定でしたが、少々疲れたこともあり、それはキャンセルしてゆっくりした一日を過ごしました。

季節は秋、ちょうどざる菊が満開となっていました。

681BB1F4-6AFA-47A3-A994-D77D090C7144

 

 

 

 

8月の帰省

IMG_7078今年も恒例の大阪帰省の旅に出かけました。毎年8月8日の施餓鬼参りの日にに、父のお墓のある本家近くのお寺に参るのが目的なので、今年も7日に大阪に向けて出発しました。ちょうど、長寿台風が九州の方から大阪方面に向かっているときでしたので、7日の早朝出発し、お昼には実家に到着しました。幸いにもその時は雨もあまり降っていませんでしたが、台風は午後から夕方にかけて和歌山に上陸し多分東側近くを通過したようでしたが、マンション内にいるとそれほど気が付くこともなく行ってしまったようで安堵しました。

翌日の和歌山へのお墓参りは、ほどほど雲も広がる中天気はまずまずで昨年同様、兄と母と私の3人で出かけました。昨年の4月より大阪で仕事を見つけた兄が単身で同居するようになったので、今は母の生活も変化しています。この前の1月には88才の誕生日を迎えましたが、今回体の衰えに抗しがたくなって来ている生活ぶりを目の当たりにして、元気で長生きするということの如何に難しいものであるかを思わされました。

以前のように、電車で天王寺へ出て、ショッピングを楽しむ脚力はもうありません。徒歩4分の最寄り駅の向こう側にあるショッピングセンターに出かけることも大儀になりました。幸い、マンションの下が大型ショッピングセンターなので、そこに1日1回、歩行器を押しながら出かけるのが足の訓練も兼ねた日課となっています。それにしても、1年前はコロの付いたカバンを横で押しながら歩いていたのに、安全のためにと歩行器に変えたら、もうそれ無しでは歩けない状態となっているのが驚きです。家の中の歩行も手すりや壁伝いで、一度座るとテーブルなどに手をつかないと立ち上がれない。足の筋力の衰えが半端ないのが心配です。

IMG_7081ですから、母はJRを使って和歌山に行くのはもう無理だと言い張っていましたが、兄と私が一緒なのだからと励まして、駅までの4分の距離と乗り換えを頑張ってもらい、何とか行って来ることが出来ました。聴力の衰えと物の理解にも時間がかかるようにはなってきましたが、根本的にはまだボケてはいないと言えるのが救いです。本家では皆で様々な話をするのにも昔の記憶も披露しながら今の話もしっかりとして集うことが出来、頑張って来てよかったと思ったようです。帰りは、天王寺の駅ビルで外食をして帰りましたが、日が長く食事を終えてもまだ日没前で、タクシー乗り場から黄昏の中をタクシーで戻りました。

翌日から1週間、兄は自分の家に戻るので、しばらく母と私の数日を過ごしました。料理、掃除など生活の助けが中心で、遠出の疲れもあり母は一段と足の具合が良くなく不安そうにしていたので帰る日を一日延ばして、戻りました。私が帰った後は、兄が戻るまでの丸3日は、お盆でもあり、お寺からもらった供犠を仏壇に立て、お供え物を並べて、父へのお経とお茶を備えることを日課として、静かな時を持っている様子が、毎夜の電話から伺えました。

今晩の電話では、人体の不思議のテレビを母も見ていて、ぎんさんの娘さんが凄いねと共感することが出来ました。この番組からは、たくさんの希望やヒントをいただくことができました。寿命というものに逆らうことは出来ないけれど、人として自然な生活をするということを益々追い求めて行きたいと改めて思います。母を思いながら。

 

 

11月の大阪行- 四世代の集い

所属団体の秋の行事が終わり、ふと気が付けば11月もあとわずか。毎年のことながら、秋は駆け足で過ぎて行きます。

さかのぼること、10日間はことに忙しい日々でした。というのも、毎年の所属団体の秋の行事の間を縫って、大阪行を計画したからです。

さまざまな事情がピッタリ合って、娘と孫2人を連れて、大阪にいく絶好の機会でしたので、この機会を逃してはと行動しました。幼児連れなので、体調第一無理はやめるつもりでいましたが、皆元気で行って来られ、安堵しています。

反対に、その直前は自分が風邪気味になりましたが、葛根湯で乗り切りました。

大阪の母は日に日に、高齢になり足がおぼつかなく、そのことで何事にも時間がかかるので自信が無くなっていますが、女四世代の集いは、二人の最若世代を交え元気をもらって、賑やかに楽しく過ぎて行きました。

滞在、中二日間のうち1日は近場のショッピングセンターに四世代で出かけ、もう1日は電車で二駅の天王寺に新しくできた「てんしば」へ娘と孫とで行きました。

image

「てんしば」は、フランス式庭園の天王寺公園を新しくしたもので、土を入れて平らにして、広い芝生、タリーズコーヒー他レストラン、コンビニ、それと子どもの有料遊び場「ボーネルンド」などがありました。

image力をを持て余している4歳の孫を喜ばせたく、みんなで「ボーネルンド」に入りました。大人も10ヵ月の孫も有料で、計3000円を支払いました。腕にバンドをつけ、1日出入り自由というシステムです。

中は、室内と庭スペースがあり、ボーネルンドの遊具で作られた遊び空間が広がります。乳児スペースもあり、ハイハイなど楽しめます。造形コーナー、パズルコーナーもあり、庭ではきれいな砂場で、土遊び泥遊びができます。

image

imageこの日は、ママ友グループでしょうか、遊ぶ子どもの横に5,6人の母集団が集っていました。また、黒い背広の一団が見学に訪れていました。

孫は4歳なりたてながら、果敢に大きな子たちの遊びに加わり、遊具と人との交わりを楽しんでいました。床もソフトになっていて、各遊び場に監督の保育士が配置されているので安心です。

確かに1日でも楽しむだろうと思いましたが、お昼を機に外に出て、再入場はしませんでした。

大阪滞在中、丁寧掃除、スピード家事を行い、もう手入れができなくなっているベランダの植物の落ち葉をきれいにして、こちらから持ち込んだチューリップの球根を植えました。私の娘曰く、「猫の恩返しのようなことを私も何かしたい」と言ってお風呂場の扉をきれいにしていました。

出発の前の日、和歌山で地震があり、大阪滞在中には福島沖の地震で、朝から津波警報が流れていたり、不穏なニュースが流れる中、無事行って来られたのが何よりうれしいことでした。

 

ゴールデンウイーク後半

お天気が悪くなると思っていたゴールデンウイーク後半も、まずまずのお天気に恵まれ、近場のお出かけや、家での手仕事などができ満足の行くものでした。

お出かけは5日、今度は車で(運転はいつも夫)箱根へ。強羅公園の花を見に行くと決めて、9時に出発しました。国府津までは、地元の抜け道を通り、あとは国道1号で。小田原は、先日ウオーキングした当たりを、車で通り、確認しました。3日の小田原五大祭りのあと、4日5日は引き続き春祭りが行われるらしく、お神輿の列がいくつか見られました。

箱根の山に入り、カーブを曲がりながら、どの道から行くのがいいのかスマホのGPSで調べました。ナビは少々古いのと、しっかり使いこなしていないため、多少の位置確認ぐらいの役目です。まあスマホGPSも、どこを走っているか私がよくわかっただけで、夫の方はほぼ土地勘で進んで行き、彫刻の森美術館の先の、強羅公園に着くことができました。

image  image

強羅公園は、間口はそんなに広くなく、上へ上へと昇っていく斜面の公園で、熱帯植物や、茶室、洋風庭園、クラフト施設など、様々に楽しめる公園です。お目当てのツツジはきれいに咲いていました。一番上のバラ園のバラは、ほとんど咲いておらずこれからのようでした。

imageimage

11時前に入り、ゆっくりあちこち見て12時半前には園を出、帰路につきました。途中小田原のドライブインでランチ、近場のスーパーで買い物をして、4時には家に戻りました。

火山の噴火は小休止かもしれませんが、人のうわさは75日のごとく忘れやすい生き物としては、そろそろ恐怖心も薄らいで、屈指の観光地に楽々と日帰りできることを改めてありがたく思いました。

ゴールデンウイークに続く土日の最終日、mother’day は夫の誕生日でもあります。二人暮らしですが、子ども、孫たちがプレゼントを届けてくれました。若さが眩しいプレゼントタイムでした。

image image

産後一ヵ月

二人目の孫は、予定日の二日前に生まれました。身長体重ともに大きめの女の子で、母子ともに健康に退院し、実家である我が家で約一ヵ月過ごし、昨日家に帰りました。

imageこの一ヵ月を我が家で過ごすことは、大きなイベントで、2階の部屋を母子3人が寝られる部屋にするために、時間をかけて少しずつ変化を加え、その日を迎えました。

丁度、その直前に次女が、一人暮らしの家を見つけて出て行ったこともあり、物の配置がしやすくなりました。

新しい命を迎えることで、この家は最高に賑やかになり、それぞれの置かれた状況もさらに深みのあるものに変化したように思います。

imageこの一ヵ月は、二人のおさなごの無垢なまなざしと、フレッシュなパワーを絶えず浴びる日々でした。

「いたるところに偶然のように何の意味もないように、きわめて自然に張り巡らされている微妙な天工の縁の中に住んでいるわれわれである。…」とは、今日集まりで読んだ読書の一節。

また一人加わった、かけがえのない縁を大切に、感謝の日々を過ごしたい。

新年を迎えて

新しい年を迎えて、早18日になりました。

image

image

暖かいお正月を例年の通り恙なく過ごし、一日一日を確認するかのように一歩一歩過ごしている日々です。私の心は、五方向に広がり、新しい命を迎える準備を中心に動いています。

今日は、東京では雪が積もり、大寒の頃になると寒波は訪れるのだと思わせるような寒い日でした。

私たち夫婦の35年目の結婚記念日と重なる二人目の孫の出産予定日は、いよいよ近づいてきました。

image

 

師走の大阪行き

今年も残すところあと1週間になりました。

年末行事で忙しく日が過ぎる中、先週は大阪の実家に出かけました。
今回は、和歌山には行かず、大阪の実家で12月の家事とミニお出かけをして交流しました。
年々足の衰えを訴える母は、電車の乗り降りも一人では危ないと思わせる足取りで、得意とする百貨店歩きも少し歩けば休憩がいる状態になっていましたが、少しのショッピングとお茶の時間を楽しむことができました。

imageそれにしても、たまに行くハルカスなのに、私が行くときはいつでも「ムーミンフェアー」をやっていて、今回はまた大々的に「北欧フェア」が開催されているのに出くわしました。父と海外旅行を晩年たくさん楽しんだ母は、こういうところに来るとその時の思いもプラスされて楽しめるようでした。

 

ムーミンのマグカップの展示がありました。カフェは、北欧の人とムーミン着ぐるみがいて、雰囲気が出ていました。

image  image

image

手伝った家事は、ベランダの植物の世話と、ホットカーペットを物入れから出して敷くこと、電気の傘の埃取り、キッチン回りの掃除などです。

また、今回初めて試みたのが、ジパング倶楽部を使って切符を買ったこと。ジパング倶楽部は全国JR で利用できます。200kmを超えるときに、料金が2,3割引きになるものです。まず、申請からですが申込用紙をいただいて説明を聞いたとき、ちょっと怪訝な顔をされたのは喜ぶべきと解釈しました。一瞬、60歳以上のサービスだけどあなたは大丈夫?と言いたげな顔がチラッと見られましたから。

手帳とカードが送られてきて、初めの3回が2割引、あと20回になるまで3割引きで買うことができます。 それで、今回行きの乗車券で1回、特急券で2回、帰りの乗車券で3回目となり、帰りの特急券から3割引きへと漕ぎつけました。

こんな気前のよいサービスには、もちろん年会費3,000円が必要です。でも、確かに1回の往復でその費用は取り戻せます。のぞみが使えないという制約がありますが、それも普段から小田原止まるひかり号に乗るので気になりません。

そんなこんな短い滞在でしたが、今の母の状態を確認でき、私の中の認識が新しいものに更新されたという収穫がありました。

 

天王寺動物園へー四世代交流2

日々様々な出来事がある3月。もう若くはない身では、なかなか書き留める時間を作るのがむづかしく、日々が過ぎていきました。 でも、四世代交流の2を書かないで、四月を迎えるわけにはいきません。ということで、iPhoneから寝る前投稿です。

和歌山の彼岸参りをした翌日、ハードにも天王寺動物園へ出かけました。孫のYちゃんが喜ぶと思っての行き先です。

天王寺動物園といえば、子どもの頃は小学校の写生会で毎年行ってました。その後は、子どもたちのために実家に帰ったときに1、2回は行ったかしら? 広くて、柵の向こうに動物がいる昔ながらのイメージ。 今回行って、そのイメージは全く変貌しました。

image

天王寺公園が改修中でぐるりと回って、南ゲートから入りました。まず、見たのがコアラ。えっ!コアラもいたんだ。その後、猿族を色々見た後、案内図で象の森が近かったのでそちらに周りましたが、これがぐるぐるとアジアンジャングルを歩かされるも象は見えず、ようやく最後にベストアングルに辿り着く趣向。 天王寺動物園も私が知らない間に、今時のテーマパーク的ランドに変貌していることに徐々に気づきました。

image

その後は軽食をとった後、しろくまの赤ちゃんを見たあとは、Yちゃんが転んて大泣きして眠ってしまったので、そのまま園を後にしました.

少しの滞在でしたが、関東のズーラシアや金沢動物園とも共通すると、認識を新たにしました。

86歳の母にとってもこの動物園行きはチャレンジでしたが、母も庭園のような変貌を見て、また誰かと来たいたいう意欲がわいたようでした。

駅ビル、ミオで休憩し、書店散策、キオスクで大阪土産を買い…となかなかハードな四世代のお出かけでした。 image

お彼岸参りー四世代交流1

春の手前の寒波が感じられる先週、大阪の実家の母と和歌山のお墓のお彼岸参りに、娘、孫を連れて行ってきました。

image娘、孫とは小田原駅で待ち合わせ、新幹線で大阪に向かいました。今回で3回目です。孫のYちゃんは、新幹線が通過するたびにうわーっと歓声をあげていました。

新大阪で降りてから、2回電車を乗り換えて、母の住むマンションに到着です。1回目はベビーカー持参で、2回目はよく歩き回りましたが、3回目の今回は、よくしゃべりよく歌う成長ぶりを見せていました。

お彼岸参りの和歌山行は、電車、バスで片道2時間の旅です。バスは、山越えをする直行バス。やっと着いた本家宅では疲れて泣き出す場面もありましたが、お墓参りでは大人の様子を見て、Yちゃんもやってみると積極参加。その後、本家宅の心配りのあるおもてなしに、すっかりご機嫌になりました。

今回は、午後、私と娘、孫の3人は、町全体の雛祭りイベントでちょうど隣が古民家のお雛様を展示しているということで、じっくり見ることが出来ました。昔懐かしい書院風の町屋と貴重なお雛様の数々、お庭を拝見でき、旅気分も味わうことが出来ました。

image image

image image

image image

image

その後、自分の実家の方に出かけていた母と帰りのバス乗り場で待ち合わせをして、早めの帰路に着きました。バス停まで母を送ってくれたもう1軒の親戚の方も、短時間ながら笑顔と孫へのプレゼントをくれて、温かい気持ちに包まれて帰路に着きました。