カテゴリー別アーカイブ: 家のリフォーム

春の落ち葉と八重桜

今年は、きれいな八重桜を見過ごすことなく、見ることができました。
 
市役所、郵便局と用事があったその日は風が強く、落ち葉がたくさん舞っていて、「一体、いつの季節?」
「春なのに秋?」などと言いながら、落ち葉と桜を楽しみました。
 
      
 
暖かく晴天続きの4月ですが、今週に入ってからは、1日だけ大雨が降り、今日も今は晴れていますが今晩からは雨になるようです。いつのまにか、気温が10度以上上がっていて、仮住まいに持ってきた服では対処できないと思い始めた矢先、寒気が押し寄せ、暑さにブレーキがかかり一安心です。
 
仮住まいの間は暇になるかとの予想は、全く裏切られ、忙しさはどこまでも付きまとうような気がします。でも、これは真実のところ、暇を持て余すよりはウンと幸せなことはわかっているのです。それを本能的に察知して、忙しさをきっと選択しているのだということを・・・。
 
忙しさの1つには、家の改装後に新しく入れる予定の家具、カーテン、照明を調達すること。予算とデザインを考えながらの買い物は、本当に疲れますが、ようやくある程度の目どがたちました(ホッ!)
食卓セットはすでに購入、配送日を決め、家電収納棚は、目星をつけ、カーテンは購入するお店を決めました。
まだ決まっていないのは照明だけです。
 
        
 

仮住まい

改築のために「仮住まい」を始めて、1週間が経ちました。
初めは、娘たちの通勤のことを考えても住みながらでなくては、難しいと考えていましたが、
今回のリフォームをお願いした建築事務所の方が、「仮住まい」の方も探してみましょうかと言ってくださったので心が動き、今回の「仮住まい」が実現しました。
 
「仮住まい」という響きに違和感はありませんが、何かのきっかけでこの言葉を検索しましたら、建て替えや改装で、一時別のところに住むことに使われる業界用語と書かれていて、成程ねと、1人納得しました。
 
「仮住まい」の場所は、自宅から割と近く、マンスリー契約で借りられ、主要電化製品やカーテン、1人分のベッドなどが付いているので仮住まいには有難いです。
 
        
 
鍵をもらって、中を見たときの印象では、「仮住まい」にしては上等だわと思ったものです。
引っ越しは、タイムリミットがあったので、大騒動でしたが、収納できる小家具を5,6個入れ、身の回りのものを運び出して、何とか生活できるようになりました。
 
かえって、すっきりと快適に暮らせるのかしら?なんて思っていましたが、居心地は今一つです。
スペース的に狭いことや、あれが足りないということもありますが、一番の難点は、キッチンの流しの下の扉収納のところの消毒のような臭いです。木の臭いかもしれませんが、気になりだすと何だか気分がすぐれなくなります。
 
そのせいでは無いと思いますが、数日前から腹痛を伴う風邪にかかって、最近にしては2度目のダウンをしてしまい、年齢なのか病弱なのか無理のできない体を実感しています。
 
ここに住まうのも、2ヵ月弱のことですが、せいぜい、生活に埋もれないよう、頭と心を活性化させる努力をしなければと病み上がりつつ考えています。
 

桜満開、工事着工

今年は又とない、桜が楽しめる年だと思います。桜にとっても本望と思います。
 
暖かい日が続き徐々に開花して満開を迎え、
 
        
 
儚いながらも、十分咲き誇った末に
 
     
  
 
春のそよ風の中、花吹雪をつくりながら舞い散っていけるのですから。
 
      
 
 
この前の土日には、近くの川沿いの桜祭りには、いつもに増して賑わっていたようです。
 
    
 
  ********************************************
      
 その頃、我が家は改築工事のための、物の移動に追われていました。
 
引っ越し日と定めた土曜日は、仮住まいに必要な物の8割を移動させましたが、これはまだ前哨戦でした。
予備日の日曜日は、残ったものの2階への移動や、冷蔵庫の中身の撤去、キッチンの奥から、パソコン、オーディオ機器に至るまで、壁のものから何から何まで、空にするにはこんなにも時間がかかるものかとあきれました。一家総動員で、バーミヤンでの夕食にこぎつけたのは、なんと午後10時でした。
 
家から仮住まいまでの距離は、約1.5Km。2日間で8往復くらいはしたかしら?疲労の原因はこの辺りかもしれません。
 
しかし、家族4人で、とにかく物の移動を完了させる。その明白な目的に向かって、協力し、力を出し合って働く。このような場面というのは、我が家では珍しいことですので、大袈裟ながら家族の絆が実感できました。家族総出で農作業する風景なんかがオーバーラップされて。
 
 
空っぽになった1階の記念撮影をして、翌日ついに着工の日を迎えました。
月曜は、燃えるゴミ、火曜は資源ゴミと、大型ゴミの回収予約日ということで戻り、家がどんどん柱だけになる様を目撃中です。
 
     
 
 

2月最終週

2月最終週は、雨模様。菜種梅雨が早く始まっているという話も聞こえます。
 
家の模様替えの方は、何回かの話し合いを重ね、先日ようやく契約にこぎつけました。
「改築一式工事」と名付けられた契約書に署名捺印をしてきました。
 
当初心配していた、耐震の方は床下の補強と防湿,防蟻だけで収まりました。
 
我が家の1Fは狭いのに、窓が多い家。
 断熱の方は、どこまでやるかでいろいろ迷いました。
 
スッキリ暮らすための、間取りレイアウトは、比較的早く決まりましたが、
これは、いろいろ迷うほど選択肢がなかったことも関係しています。
 
迷っていた給湯は、考えた末、やはり初めの計画通り、メンテナンスが簡単で光熱費削減も期待できる、エコキュートを採用。IHクッキングヒーターにして、オール電化することにしました。オール電化すると、電気代が1ヵ月につき5%割引されます。
 
また、電気料金体系は、今は従来の従量電灯B・Cで、アンペア契約していますが、
エコキュートなどをとりつけると季節別時間帯別電灯(「電化上手」)という料金体系が利用できるようです。これでいくと、午後11時~午前7時までが9.17円/kwhと安く、午後5時~午後11時と午前7時~午前10時までが、23.13円/kwhで今までぐらい、昼間の午前10時~午後5時が28.28円、7月から9月は33.37円と高く設定されています。
 
こうなると、文字通り早起きは3文の得になり、家事などの予定生活を後押ししてくれそうな感じです。
真夏の昼間のエアコンには、大きな代価を支払う覚悟が必要で、生活の知恵で涼しく暮らすことに真剣にならざるえを得ません。
 
着工は、2ヵ月弱先になるので、いよいよ整理片付けなど、少しでも進めたいところですが、
まだお尻に火が付いていない感じで、頭の中での整理に終始しています。
 
今回の間取り変更で、洋服ダンスと食器棚を処分することを決心しました。洋服ダンスの中身は、クロゼットに、食器棚は、家電収納タイプの食器棚にしたいためです。何とか活用できないか、考えましたが、仕方ありません。
他にも、細かく色々要らなくなるものが出てきていますが、小さいものほど新たな場所が見つかりやすいので考え中です。
 
        
 
他にも、こまごまと選び、考えることは多々ありましたので、決めたことでホッと安堵、ひとまず小休止です。
 
所属団体の、お役決めにも、今度こそようやく春が来ました。
「神様はいつでもなくてはならない人数を選び出し、させなくてはならない仕事をおさせになる」ー羽仁もと子著作集より
 
 

ふと見渡せば

今が、1年中で一番寒いといわれる時ですが、今年は暖冬なのか、幾分ましな気がします。
インフルエンザの流行もピークを過ぎたと新聞記事に出ていましたが、今度は花粉症の季節か、マスクの人はよく見かけます。
 
インフルエンザ、我が家でも1名患者が出てタミフルを処方されてきました。予防注射もしていたからか、タミフルが効いたのか、幸いにも2日程で元気になりました。
 
ふと見渡せば、梅の花が咲き、日差しは眩しく、昼の時間が日に日に長くなって行きます。
だから、この季節は寒くても、昔から厭ではなかった・・・。自分の誕生月ということもあったかもしれません。今では、1つ年をとるということで、嬉しさも中くらいになってしまいましたが。
 
 
     
 
           ************
 
家のリフォームは、5月頃を予定しているので、ゆっくりと話が進んでいます。
業者を選ぶまでも、いろいろステップがありましたが、今は希望を話して見積もりを出してもらい、且つショールームに行って、細かい仕様選びをしているところです。そのため住宅設備の本や、カタログに取り囲まれています。
 
家の設備は、材質や機能で何段階にも分かれていて、大きさも形も様々です。変える予定の設備の大きなものは、システムキッチンとシステムバス。それで、近頃はこの二つについて詳しくなりました。以前取り寄せた定価格制の業者のパンフレットを今改めてみると、どのくらいのグレードのものかわかるようにもなり楽しんで?います。
 
今回のリフォーム、我が家のコンセプトは、「スッキリと、暖かく」なので、キッチン設備にしても、収納率重視で選んでいます。いいものを選ぼうと思えば際限なく価格は高騰していくのがよくわかりました。暮らしに何を求めて行くか改めて考える機会になっています。
 
システムキッチンとシステムバス、仕様は大体絞れてきましたが、大まかな見積もりを見ながら、溜息がでるのがオール電化計画。プロパンガスのランニングコストの高さにうんざりして、エコキュートにすることを考えています。それなら、調理もIHにして電気一本化にと考えましたが、これにかかる費用はなかなかのもの。 
 
間取り変更とも合わせて思案していますが、そんなこんなで、今の家の中や外を改めて見直すと、
それぞれの仕様や色が今更ながら味わい深く見えてきました。
 
そればかりか、いつも見慣れた物にも、その形、色にそれぞれの美しさがあるのが見えて、
今の間取りも、あと少しと思うと、もっと味わって暮らしたい気持ちになっています。
 
 

耐震診断でびっくり

家をリフォームすることになり、話が徐々に進んでいます。
 
それにしても、家のリフォームを扱っている業者というのは、たくさんあるものだとは、
真剣に1社に絞ろうと意識した時に思ったことです。大手もあれば、小さな工務店もあれば、工房のような業者もあり・・・。
団塊の世代が、定年退職を迎えて、建て替えやリフォームをする需要がたくさんあるからか、これに関する情報誌もまたたくさんあることを知りました。
 
どこにお願いするかについては、今まで壁の塗り替えと家の補修をお願いした業者にするか、
昨年説明会に行き無料耐震診断をお願いした大手の業者にするか、ごく近くのリフォームを得意とする急成長業者にするか・・・
どれも今一つ決断できないでいました。そこで、次に足を運んだのが、こむぎさんに紹介していただいた業者さん。
 
10年の実績のある堅実な業者さんと伺い、夫と出向いて行きました。
一級建築士事務所と書かれたその業者さんの雰囲気は良く、私達が求めているものを提供してくれそうな印象があり、仮契約を結びました。
 
今日は、2回目の訪問で担当の建築士さんを交えて、プラン例などを紹介され話合いました。
 
この際に、気になっていた耐震診断について聞いてみて、とてもびっくりすることがありました。
以前の業者でやってもらったのでは、1階は倒壊する恐れあり、2階も0.7くらいの数値しか無く、
基礎にもひびが入っているので補強が必要というものでした。
 
今回の業者さんでは、図面だけからの診断でしたが、1階も2階も1.1以上あり、大丈夫ということで、
あまりにもの違いに、以前のデータを出して、質問してみましたら、たまたま同じソフトによる耐震診断だったので、じっくり見てくださり、「あ、これは・・・」
 
説明によると、図面には多くの箇所に筋かいが入っている印があるにもかかわらず、全くなしで入力してあり、また、壁なども施工されていない状態(柱のみ)のような入力になっているので、これではどんな家でも倒壊の恐れありになってしまうということで、「これは、ひどいねえ・・・」と漏らしていました。
基礎についても、ひびがあるか、ないかの2種類の入力で、あると入れたら出てくる言葉がそのまま書かれているということでした。
 
念のため、床下の点検と屋根裏の点検を来週にしていただくことにしましたが、
大手と思って信頼していた、去年の業者には、ほんとうに失望しました。こちらの希望していない屋根の交換を提案したりして、私たちも危うく耐震のためならと考えるところでした。
 
今回の業者さんに、もう1度確認して見ました。「ということは、もし、今回リフォームをしないで、耐震だけ考えるとしたら、この家は今のままでいいということですか?」
すると、答えは「そのとおりです。リフォームの際に、耐震が落ちないように考える必要がありますが」ということでした。
 
この業者さんに、全幅の信頼とまで行かなくとも、普通の信頼感を感じながら、話を進めて行けるのを嬉しく感じる今日この頃です。