カテゴリー別アーカイブ: 料理、食、レストラン

青りんごジャム

摘果した青いりんごをたくさんいただいてきました。

こんなりんごの山を見ると、たちまちジャムを作りたくなります。ジャムは、毎年秋に紅玉りんごを注文して作っていましたが、今年は一足早くのジャム作りです。しかも青いりんごだから、どんなジャムができるでしょう。

 

 

ジャムを作ろうとしたちょうどその日、定期購読している雑誌が届き、鍋帽子を使った作り方が出ていたので、早速そのやり方で作りました。

大量、1200gのジャム作りです。

 

ちょっと大量過ぎたので、ジャムにまだなっていない部分を少し残してしまいましたが、完成です。

青い色になってくれることを期待しましたが、残念ながらすりおろしりんごの色に出来上がってしまいました。しかし、お味は、さっぱりとした感じで、満足しています。

二つの食事会

別れと出発の春。

私が所属する団体の、一番小さい単位のグループ内での食事会が、年度末と年度初めに、2回行われました。

食事会と言ってみたものの、年度末は送別会であり、年度初めの方は、新年度スタートの会の準備をするためのもの。

送別会は、珍しくレストランで行われ、準備の会は個人宅でお昼を持ち寄って行われました。

送別会の日は、前日まで晴れだったのに、まさかの風雨。そして、準備会の日も、発達した低気圧のために午後からさらに激しい風雨。両方を、お世話してくれた方が、私は雨女だからといわれたが、なんだか不思議。

     和食のランチ

 7人がテーブルを囲んだだけで、貸し切りとなるお店。バニラアイスとコーヒーのサービス付き。

             持ち寄り会食    手作りパン、豆乳スープ、茹で卵入りミートローフ、ポテトサラダ、千切り野菜のサラダ、抹茶羊羹、文旦ピール

グループ替えで離れる方、グループを離れても時々は親しくお話しましょう。

新たなスタートは、少し暗雲たれこめて、珍しく気が重い。いつから、こんな風になったのかと、今さらながら・・・。

おいしいキムチ作り~花菜スクール

 久しぶりに、花菜ガーデンに出かけました。

  

今日は、花菜スクール「おいしいキムチをつくろう」の日。 昨年、夫が参加し、そのお味がとても美味だったので、また参加することにしました。

キムチといえば、トウガラシの微妙な味、野菜も入っていて、何か秘伝がありそうなそんなイメージですが、調味料も沢山の種類がいりそうで、まず、自分で作ることは考えられません。 それで、材料全部をそろえてくれる、この講座はとても魅力的で楽しみでした。

      

白菜は、塩漬けして一晩おいて準備してくれていました。

説明を聞いてから、開始。

    

野菜は、人参、大根、ニラ、ネギ、を細かく刻みます。他に、すりおろすものでは、りんご、しょうが、ニンニクが入ります。調味料は、5種類、すりごま、ナンプラー、ハチミツ、砂糖、白玉粉が大匙1ずつ。

これと、昆布の入っただし汁にとうがらしをまぜたもの、あみの塩辛をすべて混ぜて薬念(やんにょむ)を作ります。

       

薬念(やんにょむ)を4分の1に切った白菜の葉に1枚1枚丁寧に塗りつけて、袋詰めし空気を抜いておきます。  0℃のところで保存し、4、5日すると食べごろで、それから、発酵がどんどん進むので、味の変化を楽しみながら1か月以内に食べ切るとよいということです。

**************************

    

花菜ガーデンでは、2周年の記念に、風車のお花畑を計画しているそうです。2012本作るということで、私も作りに行く予定ですが、この風車の色塗りをしてくれる人を募集していました。    3月1日からセンターフィールド一面に飾られるそうですが、どんな風になるのでしょう!微笑ましく、なかなか壮大な計画。4月になったら、来園者に持ち帰ってもらうみたい。

花菜ガーデン2年目、サポーター、スクールと細々と参加して来ましたが、どこに参加しても居心地がよく、いつもフレッシュな風が吹いているイメージ。  3年目も、花と野菜の植物たちから元気をもらうのが楽しみです。

  

 

パーキングカフェ

梅雨に入り、寒い日が続いていましたが、今日は晴れて暑くなりました。と言っても、まだ熱の蓄積が少ないせいか、風は爽やかさが感じられます。

今日は、ちょっと嬉しい、コーヒーのお店に出かけました。

場所は、小田原厚木道路の平塚パーキング。ここのコンビニが新しくなり、その中にグーツコーヒーというお店が入るというのをお知らせのチラシで知りました。ちょっと気を惹いたのが、10種類くらいのいれたてコーヒーを自由に選んで飲めるという下り。高速道路に乗らなくても、「近隣の人もどうぞ」ということで、パーキングの裏手から入れます。

それで、自転車で出発しました。何せ、ここは例の「友の家」への道のルートで、花菜ガーデンを越え、さらに広大な畑の向こうにあるのです。

コーヒーとともに、焼き立てパンを買って、お昼をいただきました。

コーヒーは。12オンスカップと16オンスカップの2種類で其々150円と180円、小さいほうで、Mサイズの量はありました。コーヒーの種類も豊富で、カップが一杯になるまで、いろいろブレンドして注ぐことができます。焼き立てパンも、値段のわりにサイズが大きいという印象でした。(アメリカ由来のお店なのか?・・・ではなく、スリーエフの新しい形態だったようです)

そんなわけで、畑の向こうにちょっと楽しみな場所ができました。

***********************************

満開になったら撮影しようと思っていた花菜ガーデンのバラ。気づけば、いつの間にか6月になってしまいましたが、いい機会なのでちょっと寄り道をして撮影しました。満開を少し過ぎてはいましたが、まだまだ見事でした。

             

            

*帰り道の白い花、この花の名は?

       

イエローウイーク

今年のゴールデンウイークは、おおむね平日のように過ごしました。といっても世の中が平日でないので、どこかのんびり、新聞もテレビも休日モードなので、どこか休日ではありましたが。

平日の様に過ごしても、1日の中にいろいろなドラマや思いはあり、それをもし文章にするなら、そこからまた世界は広がるのではとも思いますが、年とともに今を書き残すパワーはどんどん減っていることを感じます。どころか、忘却のスピードもじわじわと早まっている気がします。

そんな中で、今回記憶に残したい風景が、雑草の花とスープカレーです。

家の前庭スペースは、ほとんどエコキュートのタンクで占められていますが、その周囲の石の間から、今年も雑草が生え始めました。昭和天皇は、確か「雑草という名の植物はない」といわれたそうで、その観点からすれば、蒔かない春の植物たちが芽を出したというべきですが。・・・こんな気持ちでいるので、いつも雑草をしばらく生やしてから、抜くのが、私流になっています。

しかし、そうこうして日にちが過ぎ、そろそろ手入れをしようと思った矢先、一足先に雑草が、とてもきれいな花を咲かせてしまいました。花が咲くと、種をとばすので、一層早く抜かなくてはなりませんが、今回は花の無い物だけを抜いて、黄色い花は残しました。

       

連休の最後の日の夕ご飯のメニューはスープカレーです。スープカレーとはなんぞや?実は、数年前から、家族からリクエストされていたメニューですが、私のレシピには無かったものです。

初めは、汁っぽいカレーにすればいいのかと思ったり・・・、でもそんな時に限って、できあがりは何故かとろっとしている。ある時、人にも聞いてみたことがありましたが、そのときの答えは、普通のカレーをミキサーにかけると、スープ状のカレーができるとのことでしたが、これは実行はしませんでした。

しかし、今回の検索でついに「大きな具が入ったスープカレー」のリクエストに合致したものを見つけることができました。

予想通り、香辛料を若干買い足すことになりましたが、なかなかいい感じのスープカレーが出来上がりました。肉は、レシピ通りにしなくてもよかったかもしれませんが、敢えて私の苦手な鶏肉を採用しました。

   

      

         *黄色いご飯はクチナシ由来

 

朝ドラの風景

半期ごとに代わる、NHKの朝ドラは、はじめの1週間は興味を持って見ますが、そのあとはその時その時によって見方が違います。

ビデオに撮ってでも欠かさず見るものもあれば、全く見なくなりその時間は朝仕事に集中する時間になる場合もあります。前回の「ゲゲゲの女房」は割と熱心に見て楽しませてもらいました。他にもいくつか楽しんで見たものはありますが、終わってしまうと、すごく印象に残っているものというのも少ないかなと思います。

今の朝ドラ「てっぱん」になってからはどうかというと、それほど集中して見てはいません。しかし、今回のは、オープニングの音楽が素敵なのとてっぱん踊りの画面も楽しいので、そのままついていても消そうと思ったり、チャンネルを変えようということもなく、いつもついています。それで、ちらちらと見たり見なかったりするので、内容は半分ぐらいしか把握していませんが、その風景だけは、見慣れたものとなっています。

中でも一番印象に残り、じわじわと影響を受けるのが、主人公のおばあちゃんのキッチン風景です。かつおと昆布できっちりだしをとる純和風の料理風景。ひと癖のあるおばあちゃんですが、その料理の中に、人柄がと人生が詰まっているようなそんな印象をいつも受け、あたたかい料理の威力を感じさせられています。

そのような、料理を私も作らなければと思いながら、今日も夕方になりました。今日のメニューは決まっています。しかし、スタートがまた遅れてしまいました。そして、ここから猛ダッシュ-これが、私のキッチン風景。料理には人柄と人生が反映するから仕方ないか・・・。

台風通過の一日

台風の知らせを聞いていたので、今日は家に籠って、主に食関係を充実させる一日にしようと思って、昨日のうちに食材を少し買い込みました。

休日なので・・・と思って、珍しく携帯アラームをセットしないで昨夜寝たせいか、朝のスタートがなんと平日の3時間ほど遅れてしまいました。

出かける長女だけが1時間ほど早く起きていました。あたふたと起き出し、ようやく家全体が朝を迎えました。

ブランチが終わったあとは、予定のプリンと冷凍サンドウイッチにとりかかりました。プリンは、鍋帽子という優れものを使って保温調理で作りましたが、初めの沸騰が控えめだったせいか、固まりに時間がかかりすぎました。

冷凍サンドウイッチは、ラップで包んで、透明袋に入れて、テープで留めて冷凍保存。こうしておくと、朝冷凍庫から出して、お弁当代わりに持って行くと昼には、ほどよく解凍されていると聞いたので、1度試してみたいと思います。

お昼は、家族それぞれ気ままな時に好きなものを食べました。私は予定のうどんを。

長女のバースデイケーキは、昨年オーブンレンジを新しくしたので、それに付いている料理ブックのショートケーキの配合でやってみました。この季節は、あいにくイチゴの無い時期なので、昔からチョコレートケーキにしたり、チーズケーキにしたりしていましたが、バースデイケーキはやはり生クリームたっぷりのショートケーキが一番と思います。

それで、用意したのが、キウイとパイナップル。今回はスポンジ台を、ほどほどの高さにしたので、食べやすいケーキが出来上がりました。3段重ねにして、サーカスのようなケーキになったこともありましたが。

平行して、夕食のしゅうまい等も作り、今日はずーとキッチンに立っていたような・・・。睡眠時間が久しぶりに足りていたので、この活力が出たものと思われます。

夕食を済ませてくる予定だった長女は、台風の影響で早めの帰宅。おかげで、バースデイケーキは、ほどほどの時刻にいただくことができました。キウイとパインは、なかなかいい取り合わせと評判、上々で。

台風は、千葉辺りからは、どんどん日本列島から遠ざかっています。

ハピバースデイメールの返信に忙しい、長女の誕生日は、過ぎて行きました。

ジャム作り

今週は、何故かジャム作りが重なりました。
 
前回のブルーベリー摘みで持ち帰ったブルーベリーは、結局1.5kgで、とても沢山のように感じていましたが、
家に帰ると偶然にもいただきもののブルーベリーが1kgも届いていました。 
冷凍するかジャムにするか・・・と考えていましたが、そんな心配は無用、家族でどんどん食べるので、みるみる減って行きました。
 
翌日、花菜ガーデン近くの「あさつゆひろば」で、ルバーブという植物がレシピと共に売られていました。
 
      
 
レシピは、ジャムのレシピです。遠い記憶に、長野に行った時、このジャムを買ったことがありました。
また、集まりで長野出身の人が、やはりジャムが作れるよといって、この植物を配っていたことも思い出しました。
というわけで、この辺では珍しいこのルバーブを購入しました。
 
ブルーベリーの代わりに、ルバーブジャムを作りましょう、とレシピ通りに火にかけあっという間に出来上がりました。
 
       
 
 
その後、ブルベリーは、いただいたものは少々日にちがたっていることもあり、やはり残りはジャムにしょうと、ルバーブジャムの要領で作りました。
ちょっと、固めに仕上がりました。
                                          
 
そして、今日は先日、送られてきた、和歌山の桃。
固めだから、常温でと書かれていたので、その通りに、食べるのだけを冷蔵していましたら、今日残りを点検したら、柔らかくなりすぎているのが多発していました。
それで、これもジャムにするか、と、ジャム作り。なかなか、とろみ加減もうまく仕上がりました。
 
           
 
 
ジャムの作り方は、どれも同じ。
大きい実は、細かく切って、実の重量の2~6割の砂糖で、煮るとできることがわかりました。
砂糖は、多く入れると長期保存に耐え、分量も多く出来上がりますが、うちの場合は、3、4割にしました。
 
思いがけず、ジャム3姉妹ができたので、話のタネに実家へも持っていくことにしました。
 
              

春分の日の風景

今日のお出かけの帰り道は、ちょうど日没の頃でした。
家に近付くにつれ、イルミネーションが浮かび上がる、遠くに富士山。春のダイヤモンド富士はもうすぐかもしれません。
 
    
 
もう一つの風景は、念願のスイーツ、”文旦ピールのチョコレートコーティング”です。
 
 
     
   
 
      ほろ苦くて甘い、大人の風味、ようやく今年は成功しましたスマイル

春の風景

 今日は朝から、良いお天気です。ひんやりと冷たい空気ですが、午後からは気温も20度になるということです。

 
一気に春になる日があるかと思うと、また冬逆戻りの日が数日続くというパターンを何回か繰り返しているので、今日が暖かくなるからと言って、油断はできない気分ですが、今の明るい日差しは素直に嬉しい!
 
桜の開花は、以前にくらべて10日位早くなっていると、朝のテレビで話していましたが、これも年によって色々ではないかと思います。4月1日の入学式の頃に満開というのが、よくあるパターンで、それより早くなると異常気象、温暖化のせいといわれますが、今年の満開はいつになるのでしょう!
 
家の庭は、チューリップもまだ頭を出したところで、春はまだのようですが、道端には、可愛らしい花が目につくようになり春の訪れを感じます。
 
   
 
   
 
 
   
先日、川の土手をサイクリングしていましたら、「ホーホケキョ」と、うぐいすの大きなさえずりが聞こえました。声はすれども姿は見えず、でもよーく探してシルエットをとらえました。2月に河津で見たメジロは、河津桜の花と葉に隠れていましたが、今回はソメイヨシノの枝に紛れていました。
 
   
 
          
 
       *********************
 
 
久しぶりの人を交えてのお食事会で、一度行ってみたかった
トトロの木がある、庭園のすてきなレストラン(というかお食事処)に出かけました。
 
    
 
 
    
 
 
日帰り温泉や、宿泊もできるということで知られています。