カテゴリー別アーカイブ: 旅行、お出かけ

大晦日

とうとう大晦日になってしまい、今年も、余すところ1日を切っています。

12月の前半は、少々忙しく暮らしていました。そして、冬到来の寒さとともに、コロナウイルスの第3波がやってきて、ただでさえ慌ただしい師走の空気が、一段とねずみ色を濃くする感じにのしかかって世の中を覆っています。

我が家では、中旬に1つの旅行を予定していて、行くべきか行かざるべきか悩む日々を過ごしましたが、健康に不安がないなら行くという決断をして、無事に行って来ることができました。

2泊3日の旅だから、スタートすればすぐ戻ってくる感じではありましたが、行先が遠方だったので、大きく気をもんだかもしれません。。

行先は、青森県八戸から、ローカル線に乗り換えた先の三沢。星野リゾート、青森屋です。JRの旅プランで組まれたもので、青森屋と、行き帰りの東北新幹線はやぶさのグランクラスを楽しむことが目的の旅です。この2つとも、感染対策に不安はなく、安心して旅を楽しむことができました。

 

今、日本列島がすっぽり寒気に覆われていますが、青森はその時点で、最高気温ー3℃、最低気温ー4℃で、銀世界。寒いところへは寒い季節に行った方がよいと言われていることが実感できる場所でした。

 

宿泊のホテル内や、公園で十分楽しめることを期待していましたが、イベントは期待するようなものはなく、ただ環境が良く作られているので、温泉で楽しむ、料理を楽しむ、お土産店を楽しむ、雪の公園を楽しむ、快適な部屋を楽しむことなどができたと思います。

  

また青森屋の4大ねぶたのショーでは、若い世代の子たちが力いっぱいの笛と踊りを披露してくれて、もう10年前に見た青森ねぶたと五所川原ねぷたを思い出させてくれました。あの少し短調のリズムに秘められたエネルギーが伝わるようでした。

はやぶさグランクラスで、私は興味津々の客。東海道新幹線には年数回乗りますが、グランクラスはまず、座席がクッション性があり、足と背中のリクライニングがボタン操作でできる椅子になっていて、テーブルが脇に収納されています。昔の飛行機の機内食のように、係の人がおしぼりを持ってきてくれ、好みのドリンクと軽食、お菓子が出されます。希望でブランケットやアイマスクなども借りることができます。もちろん、コンセントもあります。空調では10分かに1回は換気をしているということでした。

1つの新幹線で1車両だったような、しかも1列3人で、6列の18人という個室感。青森まで3時間という速さも素晴らしいと実感できました。

さきほど、ニュースで東京の新規感染者が1300人と出ました。ワクチン接種はこの春にはできるとか、それまであと一息。厳しい冬を乗り越え、安心の春にたどり着きたいと願う年末です。

 

2日目‐修善寺 虹の郷へ


翌日、海の見える温泉ホテルを後にして向かったのは、中伊豆修禅寺の虹の郷。

自然が美しい花の国とのキャッチフレーズがついていますが、園内には、イギリス村、カナダ村、伊豆の村、匠の村などのエリアがあり、ミニテーマパークともいえる場所でした。

テーマパークといえば、我が家では子どもが小さい頃から、あちこちのテーマパークや博覧会に出かけるのを好んでいたことを思い出します。家族で楽しめるところがよかったのだと思います。夫婦2人の生活となっても、時々そのような場所に出くわし、また違った想いで見回っています。

エントランスをくぐるとまずイギリス村が迎えてくれます。あまり広いスペースではありませんが、イギリス風の建物と庭、おもちゃ館、英国雑貨のお店などの街並み。そして、この日10/14は鉄道の日ということで、片道400円のロムニー鉄道は乗り放題というラッキーもあり、カナダ村行きのロムニー鉄道の駅には人の列が!

 

私たちはというと、そんなに広い場所でもないので、まず歩きでカナダ村を目出すことにし、伊豆の村、まだ青いモミジ林を登り、匠の村ーここは、ダムの底になる村から引き受けた昔の家屋が立ち並ぶ、昭和の里のような場所。そこから、10月バラが咲く庭園を過ぎると、カナダ村が見えてきました。

カナダ村も広い場所ではありませんが、カナダっぽい、湖のほとりの街並みが再現されていました。伊豆市の姉妹都市ネルソン市がモデルで、そこのビッグオレンジブリッジを模した橋が湖にかかっていました。

ソフトクリーム休憩をとったあとは、カナダ村のネルソン駅からロムニー鉄道に乗り込みました。車内から、子どもの広場へ続くインデアン砦の入り口が見えたり、晴れた日は富士山がきれいに見えるフォトフレーム付きのスポットなどを見ながらイギリス村へ戻りました。

帰路は、これまで伊豆旅行は海沿いの旅が多かったですが、今回は伊豆の中心部から北上し、三島市経由で戻りました。

go to トラベル、地域クーポン含め13,086円の割引きがいただけた旅でした。

go to トラベルで伊東へー1日目

久しぶりに、近場の旅行に出かけました。

季節が行きつ戻りつしているかのような日々で、毎年の秋に比べて、活動も少なければ、お出かけの予定も少ないwith コロナの暮らしーgo to トラベルの後押しを受けて、行ってきました。

行先は、ここ5年以内に2回行ったことのある伊東市です。いい泉質の温泉に入り、美味しい魚介類の夕食をいただく…それだけで非日常が味わえ、且つ経済の活性化への協力となるとの思いです。

旅の計画は、いつも夫が持ち掛け、私が難色を示さなければ決定します。

近場且つ、よく知っているところでもあり、夫の車での旅です。道中は助手席の私も周知の道を通りますが、かなり久しぶりなこともあり、懐かしみながら、細かい変化などを楽しみました。

さて、1日目の立ち寄り場所ですが、熱海のMOA美術館のチケットがあり、二人とも行ったことがなかったので、行ってみることになりました。葛飾北斎展がやっているということでした。

MOA美術館は熱海の急斜面を上ったところにある、巨大な建物と庭園の施設です。ナビの示すまま、上のの入口からMOA美術館へ入りました。

人は少な目ながら、3割くらいは入っていました。チケット持参だったので、代わりにというわけではありませんが、鎧塚さんのレストランのスイーツ券を購入しました。

まず、葛飾北斎の「富岳三十六景」-46図を、鑑賞しました。

そしてスイーツをいただきながら、熱海の海を一望する美術館ならではの眺望を楽しみました。ムアスクエアという中庭には、ヘンリー・ムア作「王と王妃の像」があり、印象に残りました。

                     

下のエントランスからは長いエスカレーターで上の美術館まで上れるようになっていて、途中に万華鏡が投影されたた音と映像が鑑賞できる円形ホールがあるので体験してきました。

長いエスカレーター横には階段もしっかりとあり、帰り一部区間階段で上ったところ筋肉疲労が半端なく、ここで一気に疲れが出てしまいました。

宿泊ホテルは年季の入ったホテルでしたが、部屋食で畳風呂という珍しいお風呂に入りあとはすべて翌日しよう!というくらいの疲れで1日目を終えました。

 

秩父夜祭へ

いつか行きたいと夫がいう秩父夜祭に、今回行って来ました。

秩父夜祭は、秩父神社の例大祭で毎年、12月2,3,4日と日を定めて行っています。日本三大曳山祭に数えられていて、2016年12月1日には、ユネスコの無形文化遺産としても登録されています。・・・今回行くことになるまで、全く知らなかったことですが。

祭りの一番のクライマックスは、12月3日の夜ということで、各旅行社でもツアーがくまれていますが、私たちが今回利用したのは、日帰り見学、食事なしのコース。昼に出発し、現地に14時半に到着し、20時半まで自由行動、戻るというものです。

前日の2日は、激しい雨が降る荒天でしたが、3日は嘘のように晴れ上がり、夜は極寒となるという場所がさほど寒くなく天候に恵まれました。

3B2E17BA-1EDC-4C93-B22C-4A84DAC05634
中近笠鉾

 

 

バスを降り、祭り会場のメインルートを歩いていくと、早くも1台の屋台に出会いました。屋台というのは、一般に言う山車のことです。秩父祭りでは4台の屋台と2つの笠鉾の計6台が動きます。まず、それらを見てまわりました。

 

左から、本町屋台、上から宮地屋台、中町屋台、上町屋台。

1FFF15BF-E2AE-4435-801D-F1F09CA62D5Aもう1が下郷笠鉾ですが、これは日没後となり、神社前の公園で見つけました。

 

 

 

 

F328DBAE-A9AC-465E-874D-238C406859BA
御旅所夕景

 

 

6台の屋台、笠鉾は、それぞれの場所から秩父神社に集結して、時間をかけて御旅所である市役所前の秩父公園まで進んでいきます。

こちらに到着は21時から22時で、その手前のだんご坂を上るところが一番のクライマックスのようですが、私たちのツアーは20時半に帰路に就くので、19時頃に6台が通過する本町交差点で、方向転換(ギリ回し)を観覧しました。

 

 

 

 

19時半を過ぎるころから、花火が上がりいよいよクライマックスへと盛り上がりますが、その半ばで帰路に着きました。しかし、有効に見て回れて日をまたぐことなく戻れたので、大変満足しています。

今回の旅行社は小さなところですが、バスの車庫が家から徒歩10分のところであったので、利用しました。添乗員さんは、きめ細かく説明してくださり、バスも最新式で、携帯充電もできるもので助かりました。小規模で行くと思っていたら、なんと2台、65人の参加だったということです。家に近いこともあり今後も注目しています。

 

 

 

千葉方面バスツアー

11月10日、地域のバス旅行で千葉に出かけました。皇室の祝賀パレードと同じ日の恩恵を受け、素晴らしい晴天に恵まれました。

今回の旅行を申し込んだのは9月です。回覧板で旅行の計画を知らされたのは、8月の下旬くらいだったでしょうか? ここしばらく、遠のいている房総半島方面への旅行ということで、新鮮に感じ夫と参加しました。

先の台風で2度も打撃を受けた地域なので、どうなのか気になるところでしたが、たまにブルーシートの屋根があったり、壊れたままのところも見られましたが、全体的には普段通りの様子が見受けられ安心しました。

東京湾アクアラインを通って、海ほたるに立ち寄り千葉入り。

その後のルートはソムリエハウス酒匠の館(試飲あり)=道の港まるたけ(試食と海産物ショッピング)=鴨川ホテル三日月(ランチバイキング)=カステラ工房ルアーシェイア(試食と買い物)=館山 那古寺参拝=帰路

 

 

立ち寄り場所が多いこともあり、お昼は1時間半ありましたが各所30分から40分の滞在。まさに食べて買い物の連続旅でした。今回ばかりは復興支援を念頭にお菓子や海産物を短い時間内に買い込みました。

毎年申込者全員で行くそうで、今回は93名の参加、バス2台で行きました。車内では、空き時間にビデオ視聴で、災害時の心得などのお勉強タイムがあり、「なるほど研修旅行!」と納得しました。

渋滞にはまり、到着は8時過ぎとなりましたが、地域のツアーなので、バスの発着は地域内という便利さが嬉しい旅でした。

 

10月-消費増税前と後、文化の秋

10月になりましたが、本格的な秋になるにはもうしばらく時間がかかりそうです。台風も間隔を置いて南の海に発生するらしく、連休を前に天気予報から目が離せないパターンが多いです。

消費増税10パーセント始まる前に賑わっていたショッピング街は、通常の静けさを取り戻しています。それでも必要なものは買うし、積み重なると大きな差になるけど、無駄遣いを抑えることで解消できる額とも言えます。この機会に外税に変えた店(美容室)、内税に変えた店(飲食店)など色々です。

582B65B2-6E44-4553-BA7B-9AE0CD3AF56A消費増税前に、今買おうと思い購入したものが2点あります。その1つは、お風呂の蓋です。リフォームしてから10年使っている巻くタイプの蓋は、4つに切れて4枚の蓋と化し薄汚れてきたので、冬の前に新しい物にと思っていました。ホームセンターでたまたま見つけてもサイズを測っていなかったりと延び延びになっていました。なので、今回はサイズを測りネットで購入しました。掃除しやすい2枚のパネルのような蓋です。ネットですと申し込んだ翌日に届きました。うちの風呂にぴったりでなかなか気分がいいです。

もう1つは、掃除機。今までのはもう30年も使っているキャニスター。モーターは大丈夫でまだまだ使えるけど、外装は経年変化で割れたりしているところも数か所あります。コード巻取り機能が今一でいつもストレスを感じていました。収納場所から出して組み立て、コードを出してコンセントにつないでの掃除は一仕事という感じでした。それで、次なるものはスティック型の掃除機にしたいと考えていましたが、これも各社色々あり、お値段も色々あって、値段に比例すると考えても、どれがうちにぴったりかわからないので家電ショップに出向いて店員さんに聞いて買うのがいいかと思っていましたところ、思いがけずネットで、いいかもと思えるものが見つかり購入しました。ダイソンスティック&ハンディークリーナーV7に布団ツールと延長ツールがついたセット品が税込み29,980円で。送料無料、代引き手数料もなしというもの。

スティック型、コードレス、充電式-すべて初めてのことでしたが大変気に入ってます。場所を取らず、部屋の片隅に置け、ハンディータイプにしておくとスマホ充電の感覚で充電が終わります。軽く軽やか。パワーも満足、音はシェーバーのような音色。これで掃除はいつでも隙間時間に出来るようになりました。

************************************

さて、10月に入り今年も文化の秋スタートです。孫の1年生の運動会は暑さも鑑みパスしてしまいましたが、昨日はこの所毎年出かけているトップコンサートに行ってきました。

去年は、県立音楽堂が改修工事をしていたので、別の場所でしたが、今年は改修され音楽堂でフレッシュな若者と神奈川フィルのコラボを聞いてきました。若い演奏には何か生命力が違うのか毎回とても言葉では言えないものがあり、今回も睡魔にはおそわれず演奏のひと時を楽しみました。

県立音楽堂は、すべて木でできた由緒ある建物で、リニューアルオープンを機に見学ツアーも開催されているようです。そちらも行ってみたい気がする新たなホールでした。

「みんなのミュシャ」展へ

9月に入ってからは、暑い日と涼しい日を繰り返しながら、台風15号の強烈な通過と被害のニュースに心を痛めつつ、明日は早秋分の日。また時の過ぎ行く速度が上がって来ました。

この間、母の高齢者住宅の転居の話が持ち上がりましたが、結局慣れたところがいいという判断になり、あらためて現在のホームに落ち着くという顛末もありました。母にとっての良さが何かを再認識できました。

そんな日々の中、先日夫の誘いで、東京の渋谷、東急文化村で行われている「みんなのミュシャ展」に出かけました。

1B4D4AA1-B510-4603-B194-F457E534F9E5

ミュシャという人は知りませんでしたが、案内パンフによると、没後80年で、ミュシャから現代の漫画が生まれたと位置づけられる人物です。チェコの人でアール・ヌーボーを代表する芸術家。

E31590BB-4E4E-49C6-A600-4BF7F80ED80F確かに、紹介されている絵は絵画のようであり、少女漫画のようでもあり、細かい線による描写とグラデーションのきいた色彩が印象的でした。ミュシャとつながる日本の漫画家の原画も展示されていてその影響が伺えました。

私も昔は別冊マーガレットのファンで22歳まで愛読者でしたが、その頃のトキメキは今はないのが残念です。しかし、ミュシャの絵画は異国情緒あふれた華やかさと神秘さがあり、デザイン画としてそれが描かれたものを部屋に置くのは素敵と感じました。

6525591B-52B5-4B74-8F1B-C74B83221639お昼をまたいで鑑賞し、遅い昼を渋谷のビル街でいただきました。この頃、東京に出かけることが多くなりましたが、渋谷には10年ぶりくらいでしょうか。地下鉄半蔵門線で来たので渋谷駅の地下が深く広く発達していることを感じましたし、地上に上がると渋谷駅自体が高層ビルの下にあることを知りました。周辺にあと二つ高層のビルがあり、お昼をいただいたのはそのうちの1つです。

このあとは、宮益坂を上って青山学院を過ぎ、地下鉄表参道駅から帰路につきました。

 

夏旅行つづき… 松島観光

夏旅行から戻って1週間がたちましたが、もうずいぶん前のことのような感じがします。

E8CA5DA2-E0D6-4AE8-9604-271BEAE5D980夏旅行は、目的の花火を無事観覧した後は、今まで経験したことのないタイムスケジュールで宿に戻りました。深夜の道の駅で休憩し、予定より早くホテル到着で26時。急いで24時間入れる天然温泉に。午前3時頃ですが混雑! でした。

そんなわけで、流石に翌日はホテル10時出発です。

二日目は、仙台市近くの松島を観光しました。東北方面へは旅行でないと行く機会がないので、有名なところですが初めての場所です。お昼に松島に到着、150分自由行動で午後2時に集合したあとは、一路バスで戻るというスケジュール通りに観光することができました。

 

東北自動車道から仙台市あたりに近づくときは、震災の時のことを思い出しつつ、しばらく行くと風光明媚な松島湾が見えてきました。

まず、遊覧船を申し込んでいたので、そちらへ。小型の船で、運転手さんとガイドさんが直に島の説明をしてくれました。湾の島が津波を多少緩和したということでした。伊達政宗の菩提寺である瑞巌寺前の木々は震災の津波で倒されたとかで、大きな切り株が見られました。

CD308B0B-B236-40CC-8ADB-23DD5F723BCF

短い橋で渡れるところにある、五大堂からは、松島湾が見渡せて、良い写真スポットでした。

F26D0C3B-DB81-4FE9-B3CD-F637F65D190C食の方では、笹かまぼこを焼いて頂くという体験工房や、生ガキも焼きたてが食べられました。お土産店では、ズンダの〇〇というお菓子が沢山ありました。

 

A3A49C42-FBA6-43AC-9FCA-6DBC26C2632Eお寺があり、海があり、観光地化しているところなど鎌倉に似た風情と感じ、実際このお寺(円通院)の入り口などは、よく似たお寺が鎌倉にもあったと思います。

松尾芭蕉が、まつしまや・・・と詠んだ場所はどこだったのかと思いつつ、帰路に就いた次第です。*パンフレットによると船で見た島の1つでしたが、素通りでした。*

帰路は、行きと同じ、2時間を目安のパーキング休憩で戻りましたが、途中羽生Pは、趣向が凝らされた建物でした。時刻は午後6時過ぎ、毎日の母への電話をかけて旅の無事を知らせ、順調に戻りました。

 

80F960E4-A3A5-4DFF-BCDF-E0CAB9C84C56

 

夏旅行―大曲の花火を見に

8月の大曲の花火大会というのは、毎年最終週の土曜日と決まっているそうです。

今回で93回目の開催だそうですが、第5週になったのは初めてだとか。しかも、8月31日なので、夏旅行といってももう秋へのスタートが始まる中、まさにこの夏をしめくくる打ち上げ花火となりました。

お天気が最後まで心配だったのと、旅行申し込み時に、「バス駐車場から花火の座席まで80分から90分行きも帰りも歩きますがよろしいですね」の念押し。25名集まらなければツアーは取りやめるということでしたが、無事に集まったようで、早朝6時の集合にタクシーで向かいました。

9年前のねぶた祭のツアーを思い出す長距離バス旅行ですが、距離は正直で、青森までよりは若干短く感じられ、17時に会場近く?の駐車場に到着できました。

3A340574-9352-40FF-AE24-B1F4D05ABC32大曲の花火会場周辺は、田園が広がっていました。雄物川の河川敷に会場が用意されていますが、そこに向かう人の数はまさに大群衆と言えるでしょう。添乗員さんの言うことには、昨年は75万人が観覧したということです。

今まで、夫が花火を好むこともあり、家族や夫婦で何回か他の花火大会にも行ったことがありますが、大曲の花火は独特のものがありました。花火師による花火が27。その途中に、スポンサー提供花火が6。8時45分ころには大会提供の花火ミュージカルという風に色々な花火が見られました。花火師の花火は、それぞれ①10号打ち上げ花火 ②10号の自由玉 ③創作花火という風に、花火師1つにつき3つ見せてくれます。

花火師の創作花火は、音楽付きで趣向が凝らされていて、音と光で幻想的な気分にさせられます。スポンサー提供花火もさらに大規模に美しく、終わりが名残惜しい気がしました。

・・・

 

 

 

箱根あじさい電車

箱根は日本有数の観光地ですが、うちの家はその観光地に割と近いのがラッキーであり、うれしく思うところです。

B89DDEE7-52AF-453B-844D-9E6B7F38EC0D大概夫の運転で出かけることが多いですが、今回は珍しく電車で行くことになりました。それというのも、目的が箱根登山電車、今の時期は通称「あじさい電車」に乗ってあじさいを鑑賞することだったので。10時に家を出発しました。

箱根湯本までは電車で何回か来たことがありましたが、そこから先の電車には乗ったことがあるかもしれませんがあまり記憶には残っていません。あじさいの頃に乗るのは初めてです。

箱根湯本の乗り換えで慌てて乗った電車は一番後ろの車両。全部で3両で、坂を上る電車なのでゆっくり走るものの、車両間移動はできません。

アナウンスによると、この珍しい山を登る登山電車は100年も前にできたもので、終点の強羅まで13km、その間トンネルもたくさんあり、合計2kmにもなるということです。電車が1台通るだけのトンネルですが、100年前の技術のまま戦災にも耐え今に至っているそうです。また、山では方向を変えるのがむつかしいので、3か所でスイッチバックを行って登って行くのだそうです。

なので、一番後ろの車両は、2回先頭車両に変わりました。

C3241DD8-1309-46C1-AA01-D6ACE6443F42終点の強羅駅からはケーブルが出ていてさらに上へ上っていけますが、今回はお昼をいただき強羅駅周辺を散策して戻ることにしました。強羅公園に数年前に来たばかりでしたので、その周辺を歩きましたが、急坂、横の道は平、というような地形で登って下って戻ったという感じです。

帰りの電車は、先頭車両の一番前座席に座れ、あじさいの様子もわかっていたので、ゆっくり堪能して戻ることができました。

買物もして家到着は17時、明るいうちに帰り着きました。