カテゴリー別アーカイブ: 旅行、お出かけ

スポーツの秋、文化の秋スタート

最近の、週末になると台風が列島を襲うパターン、台風25号はどうにか外れてくれて、夏逆戻りの暑さではありましたが、お天気まあまの連休となりました。

6日は、孫のYちゃんの幼稚園の運動会。午前の用事を済ませて11時半頃に到着。ちょうど年長さんの競技が始まるところでした。その後、午前の一番最後がよさこいソーランのダンス。昨年は、何回か幼稚園に足を運びましたが、年長さんになってからは、今回が初めてで、孫の成長ぶりが頼もしく感じられました。

1AD3903C-3D6A-4657-BF41-D32E4F47D809

近頃の運動会の様子もリアルに体験でき新鮮でした。孫の幼稚園は今時には珍しい公立の幼稚園で、地域に密着していることもあり、一人の子どもに両親と祖父母4人というところもチラホラ。子どもが大事に見守られている風景はいいものです。

園児のダンスなどの出番の時には、ダンス披露に続いて写真タイムがあり、近くまで行ってポーズをとって何場面かを撮影。今の子どもはみんながスターです。

年長さんの衣装は、元がかかっていそうに立派と思ったのですが、よく見ると赤い布に園児が柄をつけ名前の布を張り付けてあるものと分かりましたが、先生方のアイデアも素晴らしいと思いました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

さて、翌日7日は、神奈川新聞社主催のトップコンサートへ。このコンサートに出かけるのは4回目ぐらいで、毎年夫がチケットを確保。秋のお出かけとして定着してきました。

207E1A02-72A2-4799-B852-0A412AD79EA2

音楽コンクールで賞をとった人と神奈川フィルとの共演で、熱演を見せてくれます。

横浜の音楽堂で行われることが多かったのですが、今年は大和市に2年前にできた、やまと芸術文化ホールで行われました。ここのホールは、同じ建物内に図書館をベースとしたシリウスという複合施設があり、そちらのほうも見学しました。

C9629215-24B1-4AA8-95DD-104DB5658045

海老名のTUTAYAとコラボした図書館も以前行って、素晴らしいと思いましたが、シリウスはそれプラスアルファがある施設です。1階のスタバをはじめ、有料、無料のフリースペースがたっぷりあり、蔵書も豊富。健康機器を常置しているコーナーもありました。

トップコンサート、今年のメイン奏者は、3人とも中高生でしたが、フルート、バイオリン、ピアノそれぞれに力強い演奏で、若い力を見せつけられました。活力をいただける演奏でした。

今年も文化の秋がスタートできたことに感謝です。

 

二つの展覧会

夏休みも終盤に差しかかった先週、二つの美術館の展覧会に出かけました。

4CF039E4-29F5-4963-AF98-562CF4C07A2C一つ目は、東京六本木の新国立美術館での、「ルーブル美術館展」。東京メトロ千代田線乃木坂駅から直結しているこの美術館に行くのは初めてでしたが、最近の東京通いでやや詳しくなったこともあり、代々木上原経由で迷うことなく行けました。

2B5EF131-1FC2-4B63-8514-D65F69DCE9CA

40111053-D8CA-4DD9-9204-FF74062AD282 5月から開催しているこの展覧会は、9月3日の最終日が迫ってきたこともあり、入場制限が出るほどの混みようでした。ルーブル美術館所蔵の肖像芸術の紹介で、副題に”人は人をどう表現してきたか”とあるように、様々な場面での人の顔、かたちの絵画、彫刻が展示されていました。古代のオリエント、エジプト、ギリシャ、ローマ、イスラム等々。

今回は入り口で高橋一生さんによる音声ガイドを申し込んだので、暗い館内の文字を読まなくても鑑賞できるのが助かりました。関連のBGMなども流れ楽しめました。

印象に残った肖像は、ナポレオン、マリーアントワネットの娘の晩年の肖像、母子の肖像などです。

二つ目は、近くの美術館での、金魚絵師、深堀隆介展。日曜美術館でも紹介されていたので興味を持って出かけました。

F527552B-6209-4E13-97AB-78E2852D2C58

樹脂を流した上にアクリル絵の具で金魚を描き、その上にまた樹脂を流すというやり方で水の中に本物の金魚が泳いでいるようなリアルな絵を楽しめるというもの。そのやり方を15年間、様々な入れ物で試み、金魚も種類多く描かれていました。

最後の、昔懐かしいお祭りの風情の金魚屋さんを模した、平成しんちう展と名付けられたコーナーだけは撮影OKということで、何枚か撮ることができました。

同時開催の美術館所蔵、生き物が描かれた絵を展示した「生き物図鑑」も金魚の延長線として楽しめました。

テーマに沿った、それぞれの世界へと誘ってくれる、二つの夏の展覧会でした。

みちのくの桜を訪ねて

関東地方でも4月初めにもう満開になった桜、いくら東北といえども4月中旬ではもう遅いのではと思い始めたときは、3月に申し込んだ一泊ツアーの無料キャンセル期間を過ぎていました。

まあ8景を楽しむツアーだからどこかは咲いているでしょうと思い直しその日楽しみにしていた4月5日ごろ、今度は私の体に異変が・・・。厳密には耳…耳鳴りと難聴。翌週には4回、2か所に通院し、5種類の薬を飲むも顕著には改善なし。ツアー気分もなくなり、キャンセルモードに1回はなりましたが、結果キャンセルしそびれて当日を迎えました。

バスツアー、意外と満席にて出発。「どれぐらい咲いていると思う?もう期待してない?」と笑いをとるガイドさんの言葉とともにスタート。続いて「花見ツアーは、今回の皆さんが今年は最後です。あとのツアーは全部中止になりました」と聞いて、何やら複雑な気持ちに…、皆さんなったと思います。

今回訪れたのは、みちのく福島です。私にとって文字通り未知の国。地震原発事故によって場所だけはわかるようになったというところ。

IMG_77381日目は、その原発に近い福島市中通近くの三春滝桜と花見山の2か所。どちらも桜としてはもう落花しきりという状態でしたが、お天気に恵まれたこともあり、三春滝桜では樹齢1,000年ともいわれる紅枝垂桜の枝ぶりが見事でまわりの菜の花となかなかいい雰囲気を醸し出していました。

花見山は、個人所有の山ということですが桜以外にも様々な花があるので、今回はレンギョウとボケの花、それと春紅葉がきれいでした。

 

IMG_7797しかし、裏磐梯桧原の宿泊ホテの周辺はまだ雪が積もっていました。だからか、2日目の鑑賞予定、第一番の桜峠というところでは桜はまだつぼみで、その下の水芭蕉だけが咲いているというまだ早春の季節でした。

IMG_7803

二日目は、会津若松市の桜です。ハズレ3箇所のあとに、ようやくみちのくの桜に出会うことができました。

その1、日中線のシダレザクラ。

その2、鶴ヶ城(会津若松城)

その3(3か所)、会津鉄道 芦ノ牧温泉駅(猫の駅長がいる駅)

湯之上温泉駅(藁ぶき屋根の駅舎)

IMG_7884

 

二日間を過ぎれば、なかなか知らないところの桜に季節を逆戻りして出会えて、満足のできる旅でした。疲労はしたけど大きな気分転換ができたと思います。

 

 

ブリューゲル展

IMG_7625東京の桜が満開になった先日、上野の東京都美術館で開催している、ブリューゲル展に出かけました。

久しぶりの東京のお出かけ。上野東京ラインで上野まで行くのも初めてのことで、東京の次に上野駅というのは便利と実感しました。お昼ごろの上野駅は人、人、人。桜の季節、美術館の展示、パンダと様々なものがあるから仕方ありません。

目的の東京都美術館は奥の方、動物園の隣辺りにあります。

ブリューゲルと言って私が思い出すのは、「雪中の狩人」という作品でしたが、今回展覧会を見て16、17世紀辺りの西洋美術の世界が、一気に頭に入り、魅了されました。夫が二人分のチケットを持っていたことで、たまたま出かけ下調べも無かったわけですが、このブリューゲル展は、ブリューゲル一族150年の系譜を見せるもので、4世代にわたり続く画家一族の物語が、絵とともに紹介されていました。

IMG_7617初代の絵がどのように受け継がれ、変化して行ったかは大変興味深いものでした。

初代ピーテル・ブリューゲル1世は、自分の師匠の娘と結婚し、その長男はピーテル2世、次男はヤン1世、そしてヤン1世の子どものヤン2世、この4人が主な人で、その周辺の子ども、孫ひ孫合わせて9人の作品が展示されていました。

ピーテル2世は印刷技術のない時代に、父の絵の模写を大量に行って画風を広めた人、ヤン1世は花の絵などを描き「花のブリューゲル」と呼ばれ、その子どもたちもそうした環境の中で、様々な作品を残しています。宗教画、自然の風景、花の絵、農民の暮らしの風景などに分けられます。

代表作品のバベルの塔、雪中の狩人は今回見られませんでしたが、雰囲気の違うバベルの塔、雪中の狩人風の作品はありました。

IMG_7633背景部分と手前とを別の人が書いた合作というのも興味深く、その作品と「鳥罠」という作品の絵ハガキを記念に購入しました。

 

ブリューゲルは、今のベルギーに当たる、当時のネーデルランドの南の方、フランドル地方の画家ということですが、150年にわたって活躍した一族の画風は、ほかの画家にも影響を与えたようです。遅めの昼食をとったあと、もう1つの目的である、西洋美術館の常設展示を見て思ったことです。

IMG_7628

建物が世界遺産となった西洋美術館、今はプラド展が企画展示としてやっていますが、もしこちらに来たとしたら常設展示はおまけ的な気分だったかもしれませんが、ここの常設展示の広いこと。西洋美術の数々が展示されていて、圧倒されました。ブリューゲルで西洋美術の造詣がちょっと深まったところで見たので、興味深く堪能できましたが、短時間ではなかなか消化できない内容でした。

ちなみに第4土曜日は常設展示は無料ということで、今回入りました。

 

IMG_7621
傘で絵を描く人

 

 

IMG_7624

上野公園の桜は、数年前に見に来たことがあり、今回は特に回りませんでしたが、実はこの時、満開とは知りませんでした。8分咲きぐらいかと…。西洋美術館横の桜は確かに満開でしたが。

今年は桜が早いようで、近場の桜も満開。今週末でなく、来週末予定されている桜祭りはどうなることかと思うこの頃です。

紅葉と美術館

 

忙しい秋も終盤となり、勤労感謝の日から後4日間はいいお天気に恵まれました。富士山もくっきりと荘厳な姿が数日眺められました。

IMG_7397

そこで、今年の秋の締めくくりに、また二つのお出かけをしました。まず1つ目は、横浜そごうの美術館で12月3日まで開催の、平山郁夫のシルクロードコレクション展。その翌日、2つ目は都会を離れ、河口湖の紅葉を見に出かけました。

IMG_7451そごう6階にある美術館に入るのは初めてです。平山郁夫に関しては、何となく知っていたぐらいではっきりと認識したのは今回がはじめて。シルクロードの絵に関しては広く知られており、今回の展示はそれらの集大成のような感じで、その生涯と作品の生まれる背景がよくわかり、歴史解説も含めじっくり鑑賞することができました。

シルクロードを旅されたのは1970年代ということで、ご夫婦で回られたようです。砂漠の中の滅亡した王国、昔栄えたことがしのばれる遺品などから、遠い昔の人々ざわめきが聞こえて来たでしょうか?メソポタミア文明、インダス文明、イスラム諸国の国々。これらに関して、関心の低い私にとっては、どこまでも現実味の薄い物語の世界でしかなかったのが申し訳なかったですが、かなり迫力のある素晴らしい展示であったと思いました。

平山郁夫さんは文化財の保護にも私財を投じて行ってらしたそうで、こんな平山さんによって、破壊される前のバーミアンの仏像がリアルに描かれていたのは意味があることだと思いました。

他、薬師寺玄奘三蔵院の平山郁夫による壁画図の大きな下絵の展示もインパクトがありました。平山郁夫のおいたちでは、広島の原爆投下の時に旧制中学3年生で市内で被爆したというのにもそこから生還した人の人生として尊敬するものを感じました。

出身は広島近くの瀬戸内海の島で、しまなみ海道のルートにあたるせとだというところに平山郁夫美術館があるそうです。また八ヶ岳山麓にも、平山郁夫シルクロード美術館があるということでした。

翌日の河口湖の紅葉は、河口湖大橋を渡った向こう側まで行きました。

撮影場所は、紅葉のトンネル。

 

 

紅葉の回廊。

その後、外周を回る帰路の途中、湖岸沿いの一方通行の道に、車を止めて登れる丘があったので登ってみました。

赤い紅葉、淡い紅葉、薄黄色の黄葉、それぞれが彩なす自然の芸術を堪能してきました。

2つのお出かけ

11月も半ばとなり、この辺りから年末にかけては、つるべ落としの秋の日にも似てあれよあれよと過ぎて行きます。また、寒くなったかと思えばコートが暑苦しくなる日が続いたりと定まらない日々の中にも、あちこちで紅葉が深まっているようです。

前記事の終わりに記した、神奈川フィルの演奏には運よく今年も行くことが出来ました。文化の日に行われる神奈川文化賞・スポーツ賞の授賞式&お祝い演奏に今年も応募して招待券が送られて来たので行ってきました。(夫企画のお相伴で)

IMG_7349この授賞式は、昨年までは山下公園近くの県民ホールで行われていましたが、今年は山の手の県立音楽堂で行われました。今年再びの音楽堂行きです。

夫がもう1つ文化の日の立ち寄りメニューを見つけてくれて、この日は早めに家を出て、横浜駅高島屋方向にあるお菓子の専門学校の文化祭を覗いてきました。近代的なビルの学校で、販売の部は人が山のように押しかけていたので、2,3階の展示のところを見るだけでしたが、知らないお菓子の世界を見せてもらえ、極める道は様々にあることを改めて思いました。

IMG_7350

ここから音楽堂までは、夫の素晴らしい方向感覚で無駄なく横浜駅をスルーして向こう側に行き前回通った道へ合流して向かいました。と、しばらくして夫がここから一本奥の道からでも行けると新たな道を歩くことになり、その道は前の根岸線に沿った道路よりは少し高めの平行に続く道で車通りも静かでしたので正解でした。しかしその後途中から上って行った小山は、そこは見当違いでやや迷子になりかけましたが、私のスマホナビで確認したら、目的地すぐ下の道路のいつもの反対側に来ていることがわかり、ほどなく到着できました。

IMG_7352今年の授賞式も魅力的でした。恒例の1人1人の受賞者インタビュー、3人目は樹木希林さん。著名人の場合、ビデオメッセージのことも多い中、テレビで見るのと変わらないトークを聞かせてくれて楽しめました。ただ、今回は10月の音楽堂の時とは反対に一番後ろの席でしたので細かい表情が見えなくて残念でした。他の方のトークも、審査員代表の挨拶も、どれも気持ちがこもっていて今年も満足しました。

神奈川フィルの演奏、今年はテノールとソプラノ歌手お二人が加わり、内容豊かに見せてもらえました。テノール歌手の男性の司会トーク、温かい催しに感動したという言葉に共感しました。

 

IMG_7354さて、11日の昨日は、10年ぶりかの同窓会に出かけてきました。高校同期関東組の同窓会で、お昼に開催してくれるということで、出席することが出来ました。大阪の高校だけれど首都圏には割とたくさん住みついているので、その点心強く思います。関東在住約120人中今回は、京都と富山からの参加もあり22人くらい集まりました。うち女子は7人の参加でした。退職後田町駅近くでワインバーをやっている方が昼間の貸し切り会場を提供してくれて、実現しました。

IMG_7353堅苦しい挨拶もなく、ケータリングで用意してくれた立食の食事をいただきながら自由に歓談し最後に写真撮影して17時ごろ終了となりました。

23人中、ある程度知っている人は6人だけでしたが、そうなればそうで、高校時代のピンポイントで記憶を呼び起こし、また共通の有名人(先生、旧友)のこと、今住んでいる所のことなど、知らなかった人とも非日常的な会話が出来たのは楽しかったです。

年月を経て知り得るもう1つの物語が、いくつか聞くことが出来て、充実の3時間でした。

 

 

 

働きの秋、芸術の秋へ

今日で9月が終わります。9月は、忙しく過ぎました。その要因の1つが母の住む大阪に2回往復したことにあります。単身同居する兄が、長期家を空けるということで、そのうちの半分を訪ねました。

 

北朝鮮の脅威とスロー台風が日本列島を脅かす中、1回目は13日から17日に。この時は、母と私の暮らしで、日常生活とおしゃべりなども以前に戻り楽しい時間でした。ただ戻らないのが、衰えてしまった母の脚。朝の元気なうちに徒歩15分くらいの駅の向こうのショッピングセンターに行くことを計画し、本屋と靴屋でショッピング。喫茶店で昼食。ニトリとダイソーでも買い物をして帰りましたが、帰り道は母の脚の限界だったのが現実を見せられる思いでした。

IMG_7232

この滞在での私の功績は洗面所横の棚の取り換えです。3段のプラスチック棚に色々なものが混在してわかりにくく、下の方は母がすでにかがめないので出すこともできない状態。そこで、新しく置き換えたのが、百均の組み立て収納。かごを2つ加えて、費用は1,400円というのがなかなかの自慢です。

 

 

 

戻って、数日を過ごして再びの大阪には、お彼岸参りのためで22日から24日と過密スケジュール。カナダから戻った兄と3人で和歌山へ。2人の付き添いが丁度なくらいの、母の和歌山行でした。父のお墓参りと母の実家にも行って来られ3人ともども達成感に包まれました。

 

体力のない私は、てきめんに9月後半は疲労風邪?状態に。しかしそれも、ようやく回復して、9月の最後の日の今日は、夫の誘いで、川崎方面に出かけました。午後からのミューザ川崎でのコンサートが目的でしたが、その前に川崎大師を見学することに。真言宗の大きなお寺であることを、今回はじめて認識しました。890年祭のような旗も出ていましたが、割と空いていて道中もシャッターの店が所々見られ、少子高齢化の影響はこんな大きなお寺の町にも?などと思ってしまいました。

IMG_7270 IMG_7269

 

IMG_7277お昼は京急川崎駅ビルの3階。京急電車がの発着がよく見える場所でいただきました。

 

 

目的のコンサートホールは、震災の前に1度来たことがあり、震災では天井からの落下物の被害があったようですが、今日はそれも昔のこととなり、音響の素晴らしい場所で、フレッシュな演奏を楽しむことが出来ました。

 

IMG_7279

明日から10月、外界は選挙の風が吹く中、いよいよ秋が深まっていく気配です。

高岡旅行-観光篇

今年の高岡旅行は、8月21日~23日、2泊3日の旅でした。

二日目、叔父さんのホームを後にして向かった先は、高岡市美術館2Fの「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」。川崎市にもミュージアムがあり、そちらには行ったことありませんが、高岡市は藤子・F・不二雄のふるさとなので、いろんなところでドラえもんに出会います。

IMG_7124

IMG_7131このギャラリーでは、藤子・F・不二雄さんが漫画家になるまでのおいたちや、作品の原点となる出会いなどが紹介されています。東京へ行って漫画家になるという決意を話したときにおかあさんは「そうけ」と言ったというエピソード、ドラえもんに登場する人物は周りにいる人を特徴的に描いたもので、ぼくはのび太でしたという記述などに和みました。

 

次に向かったのは、新高岡駅。二日目はこの駅近くに新しく出来たホテルを予約したこともあり、この近くに車を止めて、電車で富山へ向かいました。JR城端線で高岡駅へ、そこから、あいの風とやま鉄道(以前はJR)に乗り換えて。

富山市では、予報通り空模様が怪しくなる中、駅の北と南の2か所を徒歩で観光しました。

まず向かったのは駅から北へ徒歩9分の富岩運河、環水公園。水上ラインに乗って岩瀬浜まで行きライトレールに乗る一周コースもできたらと考えていたようですが、まずは、ここの水べりに店をかまえるスターバックスを目指しました。ここは世界で一番美しいスタバと言われているということなので。

IMG_7140現地へ向かうのと比例して空が暗くなり、雨雲が押し寄せ、雷も轟くようになって、今雷雨が襲ってきたらどこに避難しようかと考えつつ向かいました。乗り物はダメでもスタバだけは見て行こうと思いながら。環水公園に着いたら、対岸の小高いところにスタバがあるのが見えました。確かに日暮れてライトアップされると美しいことでしょう。とにかくそこまでと思いアーチを渡って行き、ちょうど店内に入るや否や、猛烈な雷雨が襲ってきたときには、よかった!と大きく安堵。この雨運の強さ?がこの旅の間中私たちにあったのはかなり幸いでした。

IMG_7153

スタバコーヒーをいただきながらの激しい雷雨見物は30分くらいで過ぎ去り、雲は広がるもののまた明るい空が戻りました。これなら水上バスも大丈夫かもと行ってみたら、船とライトレールの周遊は一日2回で、午後からのは行った後でした。

IMG_7162ということで、それはまたの機会と諦めて、富山駅に戻り、地下道から南へ出て、今度は南方向に徒歩10分の富山城址公園へ向かいました。そこには、富山市郷土資料館が富山城天守閣の中にありました。このお城は、昭和29年の富山産業大博覧会の際に、恒久の建物として建造されたそうです。堀や石垣は昔のものだそうですが、富山城の中世から現代まで400年の移り変わりを知ることができました。

IMG_7165

このあと、もう一か所富山の薬屋さんを訪ねる予定で城を出ましたが、前方に黒い雨雲が見えたので、慌ててもと来た道を駅の方に早足で戻りました。そろそろ足が疲れていましたが、先ほどの雷雨を見た者としては、これはまずいという思いが…、直後雷鳴が響き渡るようにもなりました。ちょうど駅地下道にもぐりこんだところで大雨となりました。横殴りの激しい雨で、これが道の途中なら傘など何の役にも立たないでしょう。ここでもホッと胸をなぜおろしました。

この後、高岡駅に戻り、車のところまで徒歩で戻るに当たり、若干雨に合いましたが、常識の範囲内の濡れで済み、幸いでした。

 

 

雨に関しては、翌日高岡を離れるまで、常に空を見上げ雲に注意を払って富山を後にしました。帰路も途中までは断続的に豪雨が続き、トンネルがホッとする道中でしたが、富山を離れるに連れ雨は止んで来て、長野に入った時には青空になっていました。途中から来た道を外れ、駒ケ根市にある「養命酒 健康の森」に立ち寄りました。

この場所は、中央高速の駒ケ根ICから近い場所で、以前立ち寄ったかんてんパパの工場のある伊那市や高遠にも近いところです。

IMG_7199標高の高い涼しい森の中にあり、14時ちょっと前に到着。ぎりぎり間に合ったランチの薬膳料理をいただきました。その後、本来なら予約のいる工場見学、最終14時半のコースに、運よくその場で申し込め、80分間じっくり養命酒ができるまでを見せていただきました。最後には試飲やお土産もありラッキーでした。養命酒はみりんを原酒としてそれに14種類の生薬を抽出させて出来上がるそうです。一日にたくさんの養命酒が出来上がり、世界へと送り出されるということでした。

 

IMG_7202 IMG_7191

お酒が苦手な私は、これを見て養命酒を飲むには至りませんが、お昼の薬膳料理はかなり体に合う感じがしたので、JR上諏訪駅の近くにある「くらすわ」というレストランにはいつか行きたいと思いました。

IMG_7184

16時半ごろにここを後にしました。高速道路をあまり通らないのがいつものパターンですが、今回はひとまず駒ケ根ICから乗ることにし、来るときに入った諏訪南ICまで行く予定でしたが、高速道路が快適に流れていたこともあり、夕方の渋滞をさけて一宮ICまで乗ったので、21時前に家に到着できました。

IMG_7213
山梨からの富士山

 

2年ぶりの車の旅を無事終えられ、安堵と感謝の気持ちでいます。

 

 

2年ぶりの高岡旅行①

富山県高岡市は夫の郷里です。今は両親のお墓があるだけですが、年に1度は訪ねてお墓参りと近辺を観光&散策をしています。

結婚した当初は、未知の土地でその言葉の味わい深さに感嘆する程でしたが、かれこれ35年の年月を経ると、私なりに思い出深い地でもあります。子どもが赤ちゃんだったときからの思い出が色々ある上に、ここ7,8年ほどは観光することで富山県の歴史的な背景を知ることが楽しみの1つとなっています。

IMG_7098

毎年行くこの行事、昨年は夫の仕事の関係で行きそびれ今年は2年ぶりですが、車の旅がスタートすると慣れたいつもの道中が始まりました。

とはいえ、運転はすべて夫で、旅のコーディネートもすべて夫の頭の中、私はお墓参りをすること以外は何が出て来るかはすべて夫に委ねたままのスタートです。

←富士山は雲の中-山中湖

 

 

 

神奈川と富山の距離を考えると、こうして車の旅ができるのはあと何回?と今回は思うようになり、中部山岳地帯の風景を改めて、愛着を持って眺めました。

1日目は移動日。途中、山を越えて甲府の富士川を渡ったところにある、道の駅「富士川」に立ち寄りました。この道の駅は数年前にできたばかりの新しいところで、立ち寄るのは今回が初めてです。休憩というより展望室やモニュメントなどを見て楽しみました。

IMG_7104  IMG_7106

 

IMG_7118その後、中央高速で松本まで行くいつものコースで、安房トンネルから平湯、神通川上流の道沿いを行き、明るいうちに目的地に着きました。

2年ぶりの両親のお墓は、今まで見たこともないくらい草が茫茫に生えていて唖然、早速黙々と草取りをして、大変やりがいを感じました。

1日目の宿泊は、高岡駅近くのビジネスホテル。今まで何回も利用していて勝手がよくわかるのが中々苦笑でした。

 

 

 

 

翌日は、朝一番で、夫の叔父さんが入っているホームを訪ねました。まだ自宅にいらした頃にお目にかかった時と比べ、あまりの変わりように驚かされましたが、頭はしっかりとされているようでした。

その前回何時お会いしたかの記憶はなかなか定かではありませんでしたが、過去ブログを検索してみて5年前ということがわかりました。過去を振り返るとき、ブログの記録はいつも役立つので、長く続けて来たブログの価値を改めて感じます。

夫の叔父さんのホームを後にしてからは、今回の旅の観光篇が始まります。

 

横浜みなとみらいホールへ

昨日の日曜日、神奈川県警察音楽隊の定期演奏会に行って来ました。

IMG_7012みなとみらいホールへは、横浜駅で降りて、ウオーキングを兼ねて、日産ビルを通り抜けて行くいつもの行き方で向かいました。みなとみらい21区は、高層のビルなどが立ち並ぶ、未来都市のイメージにピッタリのところです。

今回は、今まで通らないコースで、まずアンパンマンミュージアムを目指しました。ショーが見られるホールとアンパンマンのキャラクターの見られる、レストランとショッピング街があり、賑わっていました。正面の写真スポットでは、10周年の表示がありました。

IMG_7025その近くの三菱重工のビルでは、子どもが楽しめる技術館というのがあり、子ども科学館のような感じでここも賑わっていました。

この辺りは、ランドマークタワーの裏手、横浜美術館の裏手でもあり、正面の方に回ってみましたら、しばらく工事をしていたエリアがすっかり出来上がっていて、向かいのマークイズと続いていい感じになっていました。

IMG_7030

その道は、横浜駅から日産ビルを抜けて、まっすぐ来るメインの道の終点辺りで、横浜駅方面に歩くと両側にレストランなどもあるほか、ツタヤとスタバがコラボした店舗もできていました。

IMG_7026

IMG_7029レストラン街でお昼を済ませ、13時半開演のみなとみらいホールの演奏会に向かいました。

座席は、1階のちょうど真ん中辺りで、思いのほかいい席に座れました。

警察音楽隊というので、どんなものかと想像を膨らませましたが、30人ほどの吹奏楽演奏でした。第1部はクラシック、第2部は映画音楽。吹奏楽なので、カラーガードというバトンの演技も音楽に合わせて見せてくれたり、横浜少年少女合唱団80人による歌声も聞くことができました。

出かけには降っていた雨も小降りになり、暑さもほどほどで、ちょっと楽しい一日でした。