カテゴリー別アーカイブ: 暮らし

新年度-花のささやき

新年度が始まり、今日は初めての日曜日です。毎年ならば近場の桜まつりが開催されていたところですが中止で、加えて土日不要不急の外出は自粛となりました。

昨日、食材などを買いに自転車で出かけましたが、帰り道前方川沿いの道の桜が満開に咲いているのが目に入り、いつもは1本手前の道を通って家に戻りますが、この時は誘われるように川沿いの道へ出ました。そこで見た光景は、まさに春爛漫でした。桜まつり会場から100m下流でもともと人通りは少ないところですが、長閑に広がる春の光景です。

左手の方向の富士山は春霞で全く姿はなく、春特有の空気がただよっていました。桜だけでなく、菜の花も満開で素晴らしいコラボ!ハナモモやチューリップなども春を演出する中、「今年の人間はどうしたの?」と言うささやきが聞こえた気がしました。

桜まつりは、毎年第一週の土日となっていますが、桜の開花は年によってバラバラなので、葉桜まつりになったり、翌週満開ということもあって、祭りを楽しむ方ではないにもかかわらず毎年気にしていました。今年はそういう意味では、バッチリ満開だったのに惜しまれます。

うれしいことは、今年も葉っぱばかりのチューリップかと思われていた我が家のチューリップは、前回のアップの翌日に、蕾ならあるけどと言わんばかりに1つ顔を出しました。1つでも咲くならそれを眺めて今年は楽しむわと思っていたら、その後次々と蕾が見え始め、小さい蕾も含めほぼすべて咲いてくれそうです。

 

C70A6A0E-398E-42D9-94BB-2FEBA52DAF78

ほかの植物も、新しい葉っぱを出し始め、昨年から咲きだしたモッコウバラには沢山の蕾がついていてこれからが楽しみです。

花見はもちろんのこと、人の集まる大型施設は軒並み休館となり、それがいつまで続くかわからない日々ではありますが、2か月先の花菜ガーデンの予定を申し込んだだけで微かな希望をつかんだ気分になれました。

家にいることはそれほど苦痛ではないと思っていた身ですが、多くの人とのつながりと生き生きとした自然の営みから力を得て人は生きるものなんだとしみじみ思うこの頃です。

 

 

花粉とウイルスの春

3月はもう春です。ピカピカの春は、変化の季節でもあるので大人になるまでは落ち着かない季節でした。年を重ねるにつれ、植物をはじめ自然の細かな変化に目が向くようになると、春の素晴らしさが感じられるようになってきたと同時くらいに、花粉にも反応するようになり、今年はそれに加えて新型のウイルスにも悩まされる現実がやってこようとは・・・・・

4BE92C81-14D6-4A9D-AF7E-554CB3653F89小中高の一斉休校の要請に呼応して、人の集まる行事やイベントや教室などが次々取りやめになり、コロナ関連のニュースでは感染した人の様子を詳しく伝える報道から、最近では各地の人数報告になりつつあります。ちなみに、今日の午前10時の感染者数は前日から53人増ということです。

私もこの1週間は、買い物以外は家で過ごしました。家事の他は手仕事とビデオ視聴。娘から頼まれた、孫の幼稚園のお弁当袋グッズのスペア、2セットを完成させました。あとは、刺し子布巾の下絵を描くこと。

1DED8BA7-D3D3-4601-A12E-C734D4B35D7Cそれと、この時期に相応しいアイテムであるマスクを、家に余ったガーゼの生地で作りました。マスクはごく品薄ということで、ネット検索でいくつか作り方を検討。型紙も紹介されているもので作ってみました。

さらに、キッチンペーパーから作る簡単マスクも色々ある中から一番気に入ったものを作ってみました。

3DD58C4E-E3A5-4829-9708-3AB572D7A311

どちらも中々使えるものができたので、マスク在庫あと半分くらいですが、もう買わなくていいかなという気分になっています。ちなみに、マスクに使えそうなゴムはほとんど売り切れ状態で、黒ならまだあったので黒いゴムになっています。

*********************************

先週は不要不急の用事がない1週間でしたが、今週は外せない予定と急な用事ができて、移動注意の日を過ごすことになります。

続2月後半の風景

花粉、新型ウイルスの脅威に反して、この頃の季節は、日の光が眩しく暖かく、特に朝部屋にに差し込む日差しにの中では、いつも見慣れたものが新鮮に美しく感じられます。そしてその中で、1杯の緑茶をいただくと何だか力が湧いてくる感じがします。

その後、文旦のジャムは予定通り作りました。昨年同様、瓶3個分出来ました。続いて、文旦ピールに、バレンタインの時期に買っておいたチョコでコーティングしました。文旦のほろ苦さとチョコの甘みがうまくマッチして、この季節ならではの味わいです。昨年は文旦の皮がもったいなくて冷凍保存し他の季節に作ろうと思ったりしましたが、結局そのまま1年が過ぎたので、別の季節には余る時間はないのだと悟りました。まあ、その気力がないということです。

不要不急の外出を控える中、4月から始めた健康体操教室には月8回のペースで通っています。自転車で15分のところにありますが、なるべく歩きで30分かけて行くようにしています。

毎日の母との電話で、足が不自由になり不便な日常であることを聞くにつけ、年をとっても二足歩行ができることの大切さを痛感しています。足首を骨折して手術はできないといわれた母でしたが、骨折から3か月目の先日から超音波治療というものをしていただけることになりました。自然治癒を促進させるもののようで、10年くらい前からの新しい治療法のようです。それなりに、よくなってほしいと思っています。

 

 

 

2月後半の風景

今年は、先月下旬からずっとコロナウイルスのニュースが話されない日は無く、しかも日に日にそれは深刻さを増して来ています。敏感な人と鈍感な人、悲観的な人と楽観的な人の温度差はありますが、マスクは早くから品切れ状態になっています。

とそのことに気を取られていましたら、今年は例年より暖かく早くも花粉が飛び始めました。そのことを思い知らされたのが、今週の月曜のこと。この日は晴れて風が割と吹いていました。その中をマスクだけはしていましたが、花粉対策無しで1時間くらい歩いたのがたたり、目と鼻に強い症状が出てしまいました。

以来、あまり外には出ないようにして、出る日は対策(目薬、飲み薬で対処)しています。

室内では、例年より早く、味噌づくりと文旦ピールに取り掛かりました。と言ってもどちらもスローな取り組み。味噌づくりの方は、集まりでもみんなで実習したのがやる気を起こしてくれました。やり方にそれぞれ違いがあり、それがとても参考になり、それを取り入れてやってみようという気持ちが原動力となったのでしょう。その1は、味噌と麹の混ぜ方ー大きなビニール袋で一度に混ぜる その2、塩の蓋の代わりに酒粕を敷き詰める、この2点を取り入れて今回は仕込みました。

文旦ピールの方は、もうすでに4個実を食べましたが、なかなか皮で作るピールに着手せずに皮は冷蔵保存していましたが、かれこれもう10日も過ぎていざ作ろうと思ったら、さすがに劣化が始まっていました。あきらめて新しい2個をむいて、その皮で作り始めています。

この勢いで、文旦ママレードも今夜作りたいと思っていますが、こちらは、チルドに保存の皮と昨年の文旦の冷凍保存を解凍して作ってみようと思います。

いずれも過去の投稿が参考になりました。

文旦ママレード→2019年2月 文旦ピール→2008年2月

 

11月の風景

11月は、とても早く過ぎたと感じる1カ月でした。最近にしては多方面の予定が多かったからかと思います。そして、明日からは12月という日になってしまいましたが、では今年は秋をスルーしてしまったのかというとそうでもありません。

細かいアップを怠っていたので、11月のシーンをいくつか振り返りたいと思います。

ホットカーペットカバーを買い換えました。今回は綿素材にこだわり探しました。以前の合繊素材は、30cmにカットして廃棄しましたが、角のきれいな部分を見て急に保存バージョンに加工しました。

B1C5C1E1-2E47-4F88-AEF7-EFFDDCEBBFF5孫の7歳の誕生日頃に、長女の家を訪問しました。そして絵画展を一緒に祝いました。

A6BBDC02-AC59-4122-8BB5-ACE13165BDCB

 

先の千葉旅行で、珍しい植物を見ました。木ですが、葉はサボテンのようでした。その隣は、千葉旅行の時のマップです。

 

 

0CD4C4AD-0AD4-484A-BBEC-2DDE9F87009C先週の花菜ガーデンの日は、とてもいいお天気で紅葉もきれいでした。その次の二日間は極寒でしたが、その翌日は、晴れて暖かくなり次女宅訪問は、上着がいりませんでした。

 

 

暑くなったり、寒くなったりと目まぐるしいお天気の中、昨日はまた冬晴れの日となり、富士山が見事でした。そして東京の紅葉もきれいでした。

11DDAA1C-A289-4DB7-80A2-82B201A10596

10月-消費増税前と後、文化の秋

10月になりましたが、本格的な秋になるにはもうしばらく時間がかかりそうです。台風も間隔を置いて南の海に発生するらしく、連休を前に天気予報から目が離せないパターンが多いです。

消費増税10パーセント始まる前に賑わっていたショッピング街は、通常の静けさを取り戻しています。それでも必要なものは買うし、積み重なると大きな差になるけど、無駄遣いを抑えることで解消できる額とも言えます。この機会に外税に変えた店(美容室)、内税に変えた店(飲食店)など色々です。

582B65B2-6E44-4553-BA7B-9AE0CD3AF56A消費増税前に、今買おうと思い購入したものが2点あります。その1つは、お風呂の蓋です。リフォームしてから10年使っている巻くタイプの蓋は、4つに切れて4枚の蓋と化し薄汚れてきたので、冬の前に新しい物にと思っていました。ホームセンターでたまたま見つけてもサイズを測っていなかったりと延び延びになっていました。なので、今回はサイズを測りネットで購入しました。掃除しやすい2枚のパネルのような蓋です。ネットですと申し込んだ翌日に届きました。うちの風呂にぴったりでなかなか気分がいいです。

もう1つは、掃除機。今までのはもう30年も使っているキャニスター。モーターは大丈夫でまだまだ使えるけど、外装は経年変化で割れたりしているところも数か所あります。コード巻取り機能が今一でいつもストレスを感じていました。収納場所から出して組み立て、コードを出してコンセントにつないでの掃除は一仕事という感じでした。それで、次なるものはスティック型の掃除機にしたいと考えていましたが、これも各社色々あり、お値段も色々あって、値段に比例すると考えても、どれがうちにぴったりかわからないので家電ショップに出向いて店員さんに聞いて買うのがいいかと思っていましたところ、思いがけずネットで、いいかもと思えるものが見つかり購入しました。ダイソンスティック&ハンディークリーナーV7に布団ツールと延長ツールがついたセット品が税込み29,980円で。送料無料、代引き手数料もなしというもの。

スティック型、コードレス、充電式-すべて初めてのことでしたが大変気に入ってます。場所を取らず、部屋の片隅に置け、ハンディータイプにしておくとスマホ充電の感覚で充電が終わります。軽く軽やか。パワーも満足、音はシェーバーのような音色。これで掃除はいつでも隙間時間に出来るようになりました。

************************************

さて、10月に入り今年も文化の秋スタートです。孫の1年生の運動会は暑さも鑑みパスしてしまいましたが、昨日はこの所毎年出かけているトップコンサートに行ってきました。

去年は、県立音楽堂が改修工事をしていたので、別の場所でしたが、今年は改修され音楽堂でフレッシュな若者と神奈川フィルのコラボを聞いてきました。若い演奏には何か生命力が違うのか毎回とても言葉では言えないものがあり、今回も睡魔にはおそわれず演奏のひと時を楽しみました。

県立音楽堂は、すべて木でできた由緒ある建物で、リニューアルオープンを機に見学ツアーも開催されているようです。そちらも行ってみたい気がする新たなホールでした。

ようやく夏がやって来ました

7月に入ってすぐの頃に行った花菜ガーデンでは拡張された蓮の池が見事でした。

七夕祭りは私だけが見に行きませんでしたが、夫の画像が素晴らしく、行ってきた気分です。

その後初めのうちは暑い夏を敬遠していましたが、来る日も来る日も曇天にもかかわらず蒸し暑い日々で、珍しく暑い太陽を待ちわびる気分を味わいました。

ようやく夏本番に!

まず着手したのが、梅干しの天日干しです。かれこれ50日も過ぎてしまいましたが。今回は、ちょっと変わった干し方でやってみます。これなら、鳥や昆虫の害は無さそう。

ブドウもきっと最近の太陽で成長のスイッチを入れ始めたことでしょう。この前袋の中を見ましたがほとんど変化無しでしたから。

この夏にやりたいことが色々あります。さあ、気分を上げて行こう!と思っています。

久しぶりの梅仕事

今の季節は、収穫された梅を使って、梅干し、梅酒、梅ジュース、梅ジャムなどを作りますが、それぞれ細かい作業が必要なので、梅仕事という言葉が生まれたのでしょう。

今日は、それが久しぶりに実感できる日でした。

梅には今までも十分関心を持っていて、梅ジャムから始まり、梅干し、梅ジュース、煮梅など、年によって何かしら作って来ました。昨年はそこに気づくことなくなく季節が過ぎていきましたが。

数日前、夫がたまたま6kgもの梅を持ち帰ったのが始まりです。2袋あり、大きいほうの袋には南高梅と十郎が、もう一つは名前は忘れたということでした。南高梅は通常よく見かけるサイズで、十郎はかなり小さいものでしたので、まずはその2種類を種別しました。ざっくり、南高梅1kg強、十郎3kg。もう1つの袋の梅は、南高梅よりは小ぶりだけれど小さくもない梅で、傷みの激しいものや、ヤニ果発生という感じでしたので、急いで洗うとともに使えるものと使えないもの選別をしました。

その状態で、この梅をどのようにするか思案しました。まず、梅ジュースにするにも砂糖の在庫が足りないので、昨日氷砂糖1kg、上白糖1kgをとりあえず買い、梅酒の瓶を開かずの扉の奥から取り出しました。(それで、昨日は古いものの整理など横道にそれてしまいました)

ED63DFE9-1D36-46C0-9B45-8A020567B11A昨日のうちに瓶の消毒なども終え、痛みの激しかった3番目の梅のキズを切り取ってヘタをとる作業、原形がしっかりあるものから600g選別するところまでをすませました。

今日は、選別した600gに、氷砂糖500g、ホワイトリカー1リットルで梅酒に仕込みました。残りの梅は梅ジャムに。

 

次に、十郎のヘタ取りを延々としながら、ここでも仕分け。ほぼ無傷のもので梅ジュースを作ります。1.5㎏ジュースに使える梅が選別できました。選別しながら無傷と無傷でない判断が時間経過とともに厳しくなったり甘くなったりする自分に気づき、ボーダーラインのところに沢山集まる現実を実感?したりしていました。

C662792F-5E29-428B-A1A8-EE3DA5400297

1.5kgの梅を梅ジュースにしたのは初めてかもしれません。以前大きいのを買って失敗したと思っていた瓶が役立ちました。

01E7D5CA-4D1B-4FF1-8887-9FF3727E1923あとは、南高梅です。せっかくだから梅干しにしたいと思いました。梅干しは、何年か前、数年間ぐらい毎年作っていたころがありましたが、今はその情熱はありません。けれど、さらにさかのぼるころ、確か8パーセントの簡単梅干しの作り方を教わって作ったことがあることを思い出し、昨夜そのレシピを探し当てました。(ブログを始めて間もないころの記事へのコメント

 

そんなわけで、梅仕事、無事に色々種分けして終了しました。まだ、十郎の痛んだ1kgが残っていますが、これは近日中にまた梅ジャムに変身させようと思っています。

10CD23C1-9818-4FA5-93C1-3A53A1C44096

 

 

梅雨の前の花々

3FEE9F78-0206-4B82-B245-CFA44949E6D5無事スマホ1ギガ未満をクリアして、6月を迎えました。気が付くと、家の周りはドクダミの白い花に包まれています。ドクダミの花は、梅雨に入る前に咲くそうです。

広くないうちの庭も6月になると数種類の花が咲き始めて、1年中で1番美しい庭となります。春に芽を出した若葉が青葉となりボリュームをつけ、最盛期に向かって生命のエネルギーを発散させているからでしょう。

植えてから毎年葉を広げるばかりだったブドウの樹も今年は期待できる実をつけはじめています。そして、昨年は枯れるのかと思われた枇杷の木が息を吹き返し新しい葉を茂らせたのもうれしいことです。クチナシはもうしばらく時間がかかりそうです。

 

さて、6月10日は時の記念日ですが、私の所属団体では5年に1度の生活時間調べを行っていて、6月1日より1週間、1日1440分をどのように使っているかを記録しています。もちろん強制ではありませんが、いい機会と思い入会以来、参加してきました。

ありのままでも良し、これを機会に有効な時間を使うように努力するのもその人次第です。

今回、私は個人目標として、毎日外歩き30分以上をカウントしたいと願っています。そんなことで、昨日は久しぶりに近くの川沿いをウオーキングしました。

川沿いの花も気づけば、様々な変化を見せていました。これからの花としてアジサイが形も様々に色づき始めています。

 

今までも楽しませてくれた川の道、ウオーキングの醍醐味を今回もいただけました。

 

 

 

春分の日を過ぎて

桜の開花が待たれる年度末。今年は暖かいので、早いペースで咲いてしまわないかと気になっていましたが、今のところでは満開の桜を見るのは、4月に入ってからのようで安心しました。近場の桜祭りの日程が4月8日なので、近くに住む者としては気になっていましたので。

319BC75B-9BCB-493C-B23E-D2C7B3F510FC

先週の金曜日には、孫のYちゃんの卒園式があり、終了頃に私も妹のNちゃんと幼稚園に出向いて園庭で卒園の晴れ姿を見せてもらいました。平日にもかかわらず、父母で参加が8割を占めていて、子どもの成長を夫婦で見守る姿を微笑ましく思いました。

今日は、朝から暖かく暑いくらいの日になりました。お昼過ぎまでは眩しい日差しがありましたが、今は雲が広がっています。1月末より新築工事をしているうちの後ろの建築現場では数日前に基礎工事が完了し、昨日までに資材が運び込まれ、今日は上棟の日ということで、早朝より人が出て着工し始めました。

E324E5B9-1E10-4F11-AD71-6D7FFE9810259時ぐらいでもう1階部分は立ち上がり、12時には2階がかなりできるというスピードには目を見張りました。午後2時ぐらいに出来上がるかと思いましたが、最後の詰めは色々あるのでしょうか。まだ終了とはなっていないようです。

 

2階から眺めてみると、総合的にうちよりも高い建物のように感じました。どのようなお家になるのか、今まで家が建つのを間近で見たことはなかったので、中々興味深い出来事と毎日楽しみに眺めています。

卒業があったり、家が建ったり、…… 人それぞれ、色々な変化の中で過ごす私たちです。これから始まる大きな節目の時を、大きな感謝を持って迎えたいと静かに思っています。