カテゴリー別アーカイブ: 暮らし

ららぽーと湘南平塚プレオープン

10月6日のオープンを前に、今日招待券を持った人だけのプレオープンに出かけました。

午後の14時30分からということでしたが、予定より早く14時には駐車場に到着しました。早めと思っていたら、この時間で東側の駐車場は3階までほぼ満車状態に。

image招待状を見せて中に入ると、まだ人が混む状態ではないもののどんど増える気配。ららぽーとは関東地域には何か所も展開している大型ショッピングモール。もう20年前からあるものもあり、最近も近場の海老名にできて話題となっていました。

大型ショッピングモールは、平塚市民にとっては待ち望むことすら現実的でない望みでしたが、数年前に日産車体の広大な工場が撤退することにより、その跡地に実現したものです。噂を耳にしても、そんなものができても、お客が入るのか、採算合うのかと思い本当にできるとは思ってもいませんでしたが、今日出かけてみて、なかなか満足して帰ってきました。

辻堂駅直結のテラスモールができたときも、横浜や東京まで行かなくてもここまでくれば都会を味わえると思ったものですが、その後、2,3回行っただけで、電車でわざわざ行くことはありません。

ららぽーと湘南平塚モールを歩いていると、ここが平塚であることが不思議に思える場所でした。広さ出店の多さ、ハイセンスの専門店からスーパー、100均、無印、ユニクロ、東急ハンズなどなど、欲しい店は全部そろっている感じ、キッズのための配慮も多数。今回入らなかった書店も、一見本屋とは思えない、その名も湘南ツリーハウス。何だかわくわくします。

フードコート                           キッズパーク

image  image

0~3歳の遊び場                     東急ハンズ内のロボット

 

image   image

時間はあっという間に過ぎ、十分見ないまま帰る時間に。孫たちは情報量の多さに疲れたのか、帰りの車では夢の世界へ。

image

この場所には、うちからは自転車でも行けて、平塚駅に行くよりも近いという立地。これからは、どんどん増えていくシルバー世代にも楽しみな場所のようなので、地元民として応援して行きたいな…と思ったのが第一印象でした。ちなみに、明日は地元民のプレオープンのチラシが入っていました。

9月の終わりに

今年の9月は、雨もしくは曇りの日が多い1ヵ月でした。関西に比べれば涼しいようですが、それなりに蒸し暑い日が多かったように思います。毎年のような日程を過ごすうちに、もう月末。田んぼは黄金色、変な台風が何度か近づき、今もまた南の方にいます。

 

孫たちの成長ぶりには目をみはるばかり。娘が使った着せ替え人形の服、かつて親の私が楽しんで色々作った服を先日洗濯しました。

image

 

image

会で話題になったリバーシブルのベスト。部会には自作を着用できなかったけれど、その後なんとか自分のものも完成。くるみボタン、初体験で中々お気に入りです。

 

目、耳、足に若干老いを感じつつも、毎日電話する87才の母の、さらに上を行く老いっぷりに、今しなくてはならないことを先延ばししないでしなくてはと、ゆっくりと焦っている。

 

気が付いたら、彼岸花のピークは過ぎていましたが、昨日近場の名所に夫と足を延ばしました。曇りから後半雨が降ってきましたが、気持ちの良いウオーキングでした。クマに注意という看板が無ければ、中の道へ入って行くのだけど、今回は山の車道を往復3キロ歩くにとどめました。

image

 

 

 

防災訓練の日

8月後半は、台風がいくつも日本列島をおそい、9月に入ってからも今度は、九州の方に向かう台風があります。台風の予想ができるようになっていても、その時が来るまで、どの程度の被害になるかがわからず、今回もあっという間に事態が進んで被害を防ぐことができなかったことが報じられていて、無力さを思わずにはにはいられません。

9月は、防災月といわれますが、うちの自治会では一足早く、先週防災訓練が行われました。一応、全戸が対象ですが、実質その年の当番(組長)が主に参加します。うちの組は6件であり、そのうち1件はご高齢なので、5年に1回は当番が回ってきます。5年前に参加したのが、ついこの前のようですが、今回も朝、8時40分に家を出るところから参加しました。

1、近くの公園に集合(災害の時にもまずココなのでしょう)あらかじめ配布されているヘルメットとホイッスルを持って。

2、点呼ののち、並んで避難場所の小学校まで移動。

3、小学校の広場で、3つに分かれて防災の指導があり、どれも役立つことでした。

image ①消火器の説明、使い方訓練・・・消火器は、5kg位あり重い。人の背丈の炎を消すことができる。連続15秒しか使えず、1回レバーをつかむと出続けるものと、止めたりできるものと2種類ある。使い方は、安全ピンをはずし、ホースをのばしてレバーをにぎるだけ。5mくらい離れて、炎の根元にホースをへびのようにゆらしながら注ぐ。

今回は消火器の中身を水に変えて、順に全員体験しました。「火事だ!119番お願いします」と叫んでから、行います。咄嗟になると119が出てこなかったりするそうです。

消火器は、1個あるとよいが、1万円弱の価格なので、手軽なスプレータイプ千円くらいのものもあるということでした。また、公道には、何メートルおきかに消火器が設置してあるので確認するといいということでした。

②次に、防災ボランティア団体による指導・・・今回は、段ボールトイレの作り方、バスタオルを利用した防災頭巾の紹介、三角巾を使った怪我の手当ての仕方。どれも、アイデアがすばらしいと感心しました。三角巾は前回も講習受けましたが、今回でようやく印象付けられました。

③起震車体験・・・震度7を体験するということでしたが、立っていられないということがよくわかりました。机の脚につかまって体を維持するのがやっとでした。

image

 

今回は、いろいろ勉強にも、刺激にもなったので、この記憶のあるうちに、防災品の備え、点検ができればと思っています。

 

真夏の冷や水

昨日お昼に外出から帰ると、夫が何やら電話していて、私の顔を見るなり玄関先の家の横の路地を見るように促しました。

見てみると、エコキュートの室外機の真下の地面が水浸しで、近づくとシャーシャ―と音がしています。水漏れです。それで、夫はエコキュートの下でもあることからメーカーに電話したということでした。夫曰く、今この場所を確認したが、音はもうだいぶ前にも、あれっと思ったことがあるということでした。

しかし、何の問題もなく給湯はできているし、漏れている水はきれいな水だから、上水道が怪しくもあります。しかし、はっきりここという場所もわからないので、第一ステップとして、エコキュートのメーカーの人に今日来てもらいました。

メーカーの人は、一通り点検して、エコキュートに問題はなく、水漏れもないということで、やはり上水道だということでした。それで、一緒に外の水道メーターの栓を見たら動いており、栓を止めると水漏れは止まりました。ここから先はできないということでしたが、水道検針票に書いてある番号に電話して紹介してもらったらとのアドバイスをいただくことができました。しかも、今回は何も直したわけではないのでと、無料で良いと親切な答が返ってきました。

さて、家にマグネットの水道屋の電話番号はたくさんありますが、選べないのでアドバイス通り、検針票からまず市の水道営業所へ。そして、そこで紹介してもらった水道協同組合へTEL。そして、事情を話したら、数分後に近くの業者さんから連絡が入りました。説明すると、今すぐ行きますということで5分後には来てくれました。まさに地元の業者で家からすぐの業者さんですが、全く知りませんでした。

とても親切そうなわりと高齢の方と、若い技術者の方の二人で、原因個所を特定するまでは二人で、わかってからは若い技術者の方が一人で、猛暑の中奮闘すること1時間ぐらいかけて、ようやく水は止まりました。作業中、年配の方とあれこれと会話し、いろいろ参考になりました。

今回の水漏れは、お風呂場に行く水道管の一部が地面に露出していて摩耗したのが原因のようでした。もともと、そこの養生が足りないような施工であったという所見。多少丈夫なものに取り換えてもらえたのではと思います。

相場を知らないので、何とも言えませんが、近くの業者さんなので、ほどほど価格でやってもらえたのかな?

あと冷や汗ものは、一体どのくらい水漏れしたのか?ですが、メーター検針票から今度の検針まであと15日ありますが、すでにいつもの使用量より10㎥オーバーしています。アドバイスどおり、今回の水漏れと修復のことを、水道局に伝えておきました。場合によってはいつもの使用量に減額してもらえるかもしれないということでしたので。

 

7月をふり返って

近頃、パソコンに向かうことが少なくなりました。

ワード、エクセルの文書作成と、パソコンメールの文書添付の送信が主になり、インターネット検索、メールのチェック、画像の編集などは、スマホの方が、速いスピードで、どこにいてもできるのでそちらを利用するようになったからです。

おまけに、以前はパソコンを使うついでにパソコンゲームにもはまったりしていましたが、そちらもスマホからのラインゲームがとってかわりました。そんなわけで、現在はスマホ依存状態の後期というところです。

しかし、ブログアップに関しては、スマホからはやりにくく、結果ついつい滞ってしまいます。ブログを見たり、チェックしたりはスマホからすぐにできるので、大概そこで終わってしまいます。

簡単なつぶやきのツイッターは、肝心の写真投稿が既存のものがうまくできなくなり、仕方なくラインのタイムラインの方へ。こちらは実名ゾーンなので、パソコンブログとはつながりません。

この7月は、世の中的には参議員選挙で始まり、東京都知事選挙で終わったという感じですが、1つは参加1つは見物という状況ながら、開票速報、投票が終了した午後8時に、出口調査でもう結果があらかたわかるというのがいつもながら面白くもあります。どちらも池上さんのチャンネルを楽しみました。

image  image 1ヵ月前

私の7月はというと、夏風景を楽しみながら、孫への小物洋裁、何個目かの牛乳パックの椅子製作、色のデザイン、自分のエプロンづくり、会の料理教室参加と中々、実践的なことが色々できました。

実践的なことといえば、もう1つ、会で話題になりやりはじめた「布巾の煮洗い」。2リットルの水に粉せっけん小さじ2を入れ、布巾5,6枚を入れ3分煮た後、10分放置し、洗って干す。これを実践し始めてから、台所が気持ちよくなってきました。

夏なので、手作り梅ジュース、しそジュースが常備されています。また、今年は、畑をやっている方からの夏野菜の到来物に恵まれ、キュウリのお漬物2種類を覚えました。

明日からは8月でいよいよ夏本番です。

我が家の今年の裏庭(玄関の反対側にあるだけでふつうの猫の額)事情。春に、カミキリムシにやられたイチジクは大幅に剪定したので、地面を這う感じに葉が広がっています。月桂樹の変な虫は、今年はずいぶん減り、やや元気に。ガクアジサイは今年も拡大中。

そんな中、雑草のような風貌の2本の野の百合に蕾がつきました。もう数日できれいな花を咲かせてくれることでしょう。

image image

大晦日

お節作りに明け暮れる時間の中、今年はバックにしっかりと紅白歌合戦が流れている。
今、とりの歌が終わり、集計に入っている。私は、今年は紅組が勝つのではないかと思っていますが・・・・。やはり、今紅組が優勝しました。

それは、さておき今年の紅白を見ていて、いつの間にか何年も年が過ぎてしまっていることを感じずにはいられませんでした。紅白は歴史のある番組だからそれを感じてしまったのだと思います。若者からお年寄りまでを対象にして、今年の歌を、今の姿を本当によくとらえていたと思います。
昔若くて、永遠の若人のような人、いつの間にこんなに老けてしまったと思う人、黒柳徹子さんの年齢不詳のトークの歯にきぬきせぬ言葉に共感したり、・・・これ以上語ると御幣のある言葉が飛び出しそうな紅白でした。最後、蛍の光の後に、第9が流れるのはいつものことでしたかしら?
もう新しい時代がやってくるのだよと言われた気がしました。

お節は、結局2,3品は明日持ち越しとなりました。

なかなか、ブログにたどりつけない2015年でしたが、間際に投稿できたのは、小さな奇跡です。うれしい奇跡のある2016年でありますように。世界が平和でありますように。

5月のレポート(ブログ開設10周年)

今年の5月は雨が多いと言われていますが、振り返って雨の日の外出の記憶はあまり無く、柔らかな日の光や、暑くもなく寒くもなく心地よく頬をなぜる風に、今が1年中で一番いい季節だと今更ながら5月を味わう日々が多くありました。

imageこの季節には、毎年花を求めてのお出かけをしていますが、今年は初旬に1カ所だけ、近場のあつぎつつじの丘公園に出かけました。

すでに、終盤でしたが、まだ見られるエリアもあり、広場ではお祭りの出店が出て賑わっていました。とても広大なエリアで、日本一のつつじ公園を目指していたということですが、最近では財政難から拡張の計画はないということでした。

それにしても、日本一のつつじ園はどこだろう?と思いました。

 

image   image

 

忙しいと覚悟したわりには、心はそれほど忙しくありません。が、そういえば5月のバラはまだしっかりと眺めないうちに、今日は川辺のアジサイが色づいているのに出会いました。名前の知らない野の花たちも、かなり美しく日差しの中、咲き誇っていました。

 

image  image

 

珍しい野菜に出会える「あさつゆ広場」で、ルバーブを見つけジャムを作りました。作り方はブログ内検索で、過去の記事を見つけて作りました。

image image

 

そういえば、今年の5月は記念すべき5月です。ブログ開設10周年。10年の間に色んなことがありましたが、大きな出来事の詳細はブログで振り返ることが出来ます。人の記憶はあやふやなものですが、ブログで確かめてそのときの思いがよみがえるのは嬉しいことです。

これからも未来の私への発信を、心をこめて綴りたいと思います。

 

1月の風景

新年を迎え半月が過ぎました。新しい年のスタートは、ここ数年ほとんど同じパターンですが、同じような中にも若干の変化はあり今年のあゆみをしているものと思います。

☆お正月の風景

image image

元日、娘一家の訪問。次女の誕生日、お正月があけてすぐに、母の誕生日もあり86歳の誕生日を電話越しにお祝いしました。

image暮れに壊れたオーブンレンジと2Fのエアコンを早々に購入。最近は、エアコン設置には専用コンセントがないと売ってくれません。それで、コンセントの増設工事もしました。

☆1月8日

この日、所属団体の今年初めての集まりがありました。

image

☆1月9日、川辺の散歩と富士山

imageimage

☆1月10日、夕暮れの富士山

image

☆新年会の薔薇image

 

☆1月15日、花菜ガーデン仕事始め-珍しく雨天でしたが、温室でミニトマトの移植と、小松菜の間引き作業をしました。間引いた小松菜の苗をお土産にいただきました。

image image

imageイチゴの品評会初日に出くわしました。思わず即売のイチゴ(さちのか)を購入。

アーモンドホールクッキーとチュイル

image  image

 

 

大晦日

今年も、残すところ1時間を切りました。

近頃は、インターネット関連のものは、スマホでできるので、パソコンを開く機会が少なくなりました。というより、ふりかえって考えてみるとスマホにとりこまれた1年だったような感じもします。今や、スマホが息抜きに欠かせない道具となっています。便利でもあるし。

今年の私のカウントダウンは、お節の算段だったかもしれません。がむしゃらに手作りするのは、やめるにしても、ある程度つくり、品数は揃えたいという考えで、何をどこから調達するか、材料はいつ買い、いつ作るか?・・・で、数日前風邪っぽかったので、最後の追い込みはゆっくりとなりましたが。

手作りするものは、

黒豆・・・27日 高原花豆・・・19日 チキンミートローフ・・・24日 冷凍保存 29日・・・アーモンド炒りこ、鯛の昆布締め、かぶの塩漬け、 30日・・・伊達巻、紅白なます、こんにゃくの煮物、レンコンの酢の物 31日・・・椎茸のてりに、里芋、人参、ごぼう、大根の煮物、

生協の宅配(31日配送)・・・昆布巻、かまぼこ、栗きんとん、数の子、いくら、ほたて、ボイルたらばがに、エビの姿煮

満員の冷蔵庫
満員の冷蔵庫

今、紅白の歌をバックにパソコンタイムがとれている今年はまだ余裕があります。年越しそばのお昼を食べ、3時を過ぎて、最後の買い物にセイユウへ。お正月花が半額に値下がりしていたのをゲット。

お節を作るも、今日の夕食は、中華2品のテイクアウト。レンジで1品を温め、もう1品を温めようとしたとき、何故このタイミングで?と言う感じに、電子レンジが故障してしまいました。すでに500Wしか使えなくなっていたものがそれも使用不能に。

新年初売りは、まずこれを買うことからになりそうです。

今年中にアップしたいので、紅白の後はテレビを切ろうと思いましたが、今年の1番目のお寺は高野山、奥之院。これは私の実家縁の場所。

新年は寒く、日本海側では雪が降るという予報。太平洋側でも風が強いらしい。毎年願うことですが、来年は、世界全体が良い年でありますように・・・。

9月のレポート

ふと気が付けば、9月30日でした。

夏休みが終わり、新学期が始まり、暑さもひと段落着いた感覚は覚えていますが、それからの日々は私の中で空です。

忘れたわけではありませんが、日々をこなし、段取りをつけ、食べていたり、遊んでいたり、作っていたり、心配していたり、しゃべっていたり、・・・ほどほど普通の日々があったわけですが、そんな日々はふりかえると記憶の中では一足飛びになってしまいました。

世の中としては、結構色々な出来事がありました。今一番旬なのは、御嶽山の噴火。ひとつびっくりしてそこに意識がいくと、その前のことが忘れられてしまいますが、凶悪事件や、大型台風の接近、広島の山崩れ、など、こんなことが、意識の下で、虚無な気持ちを作り出したのかもしれません。

imageそれでも、家庭のイチジクの枝をはじめ、大量の剪定をした日が1日、自転車の道すがらの赤と白の曼珠沙華、家の金のなる木の再生がわずかに心に残ること。そして、手作り作品2点製作の少ない至福の時間が、ありました。

結局のところ、9月は秋だと思っていたのに、私の中では夏の終わりの延長でしかなかったことが残念だったということがわかりました。

これから、一気に深まる秋を十分味わって、思い出深く過ごしたいものです。