カテゴリー別アーカイブ: 未分類

NHK朝ドラ「純と愛」-感想

もともとドラマが好きな方ですが、家庭の主婦となってからは集中して見られないこともあり、遠ざかっているうちに、内容やキャストなどが世代交代してだんだん興味が薄れていった経緯があります。

そんな中で、NHK朝ドラというのは、唯一見やすいドラマということで、第1週目で嫌いにならなければ大概見ているように思います。半年ごとに変わりますが、ここ2,3年はパスすることなく、どの話も楽しんで見てきました。

今回の、「純と愛」は沖縄と大阪を舞台にするヒロインの成長物語であるといえば今までの流れの中の1つにも聞こえますが、何かどこか違う雰囲気が初めからありました。ヒロインの純は、自分の思いに忠実で、今どき珍しい熱血漢、不思議な出会いから夫となる愛(いとし)は、人の本性が見える能力あり、その背景や事情をかかえる家族の誇張されたような人間模様、など普通では考えられない設定で話が進んで行きます。特殊能力がある辺り、フィクションを楽しむスタンスでお話に入り込んで行きましたが、話の展開が予想以上にめまぐるしく、ありえないと思える発言や行動なども多々目にするようになり、ついていけない気分になったりもしました。

しかし、不思議なことに設定、筋はともかくとして役者の演技はそんな現実をなかなかリアルに演じているので、見ていて退屈することはなく話の中に引きこまれます。そうこうするうちに、この頃ではありえないと思っていた人物設定なども、現実をとてもうまく表しているようにさえ感じられるようになってきました。

今話は、経営難となった純の実家のホテルの処遇について、リゾート業者に売り払って借金を返したい父と、何としても頑張って「おじいの魔法の国」のホテルにしたい純との攻防が続いていて、周りの家族は気持ちは純の方でも、現実的な父の行動に引きずられて行くようすが写し出されています。武田鉄矢演じる父の発言は、世の中のよくある父の言葉であり、それに対する母の思いも多くの妻が考えていそうなこと。

純の家族は、普通の家族を表しているのに対し、愛の家族は、弁護士の両親、母がリーダーをとった家で、特殊な家庭が象徴的にあらわされています。考えてみれば、ほかの人物(純の勤めていたホテルの人々)も皆、色んなタイプの人を象徴的に表していているのがわかります。

オープニングのうたは、今回もなかなか効果的です。♪信じていれば~、きっと伝わる♪ 理想はあっても中々それを口にできない世の中。架空のお話と見せかけて、様々な人に向けて熱い思いを発信しているのではないかと思えるようになってきました。

事実は小説より奇なり、ありえそうにないと思える今回のドラマは意外と、もっとも事実に近いお話ではないかと思います。後半も楽しみたいと思います。

懐かしの競技、アーチェリー

ロンドン五輪、楽しんでいます。

男子体操の予選のときはハラハラしましたが、応援するうちに返って親近感が持てたような気がします。水泳も、同じような感じで応援しつつ選手を覚えるというか・・・。競技のあとの選手インタビューには、どの選手もしっかりと答えていて、スポーツを極める人は、まず心を鍛えているというのを感じました。

アーチェリー女子団体、銅メダルでこの競技にもスポットがあてられましたが、私も大学の4年間励んだスポーツでもあり、懐かしみながら眺めました。中心からから、黄、赤、青、黒、白に色分けられた的、弦の張られた弓とカラフルな矢。弓の性能はテイクダウンの、良さそうなものを使ってるように見えましたが、他は以前と変わらず、懐かしいフォームとリリース。  そう、このおしゃれで優雅な雰囲気に魅了されて入部したのですが、現実はかなり泥と汗にまみれるスポーツでした。 あの時だけ、あの時だからこそできたスポーツでした。

当時は、50mと30m、それぞれ1回(6分間だったかな)に6本の矢を討つことを6回。60×6=360 360×2=720点満点で、500点が出ればまずまずでした。オリンピックは、対戦するとあって、交互に3本、70mでやっているの今回初めて知りました。

アーチェリーは、普段使わない筋肉を使うので、練習を怠れば持久力がなくなるし、心の乱れがすぐに現れます。オリンピックでは、みんな和やかさを前面に出してプレイしているのが好感が持てました。

オリンピックの後半も、マラソンや陸上、サッカーなど楽しめそうです。時差の加減で、いつも、日本の夜中に競技を行っているので、朝携帯ニュースを見ると色々結果が出ています。こういうオリンピックもなかなか珍しいです。

明後日からは、毎年恒例の里帰り。マンネリ化しない今年ならではの時間を作りたいと思っています。

札幌へ

大手術をした兄を見舞う、札幌行きがようやく実現しました。

母は大阪、私は神奈川と、旧家族はバラバラの居住であることが行動を遅くしていましたが、良いタイミングで行って来られてホッとしました。大阪回りで、関空から札幌へ。そして関空へ戻り、翌日関東に戻って来ました。4泊5日の旅。札幌は2泊です。

大手術のあと、1回トラブリ、3週間の停滞を余儀なくされた兄ですが、その後順調に回復することができたようです。2週間前には絶食療養中だったのが、食事を再開することができ、私たちが行く前日にはいくつもの管が外され身軽になった状態で再会できました。

あったときの第一声「無事生還したよ!」と言って、すさまじい手術痕とまだ体の方に残してある管を見せてくれて、状況を色々教えてくれました。そして、私たちがいた3日間の間にも、食事の量なども増えてどんどん良くなって行きました。

遠く離れていると、心配だけど遠くから無事を祈るしかない状態でしたが、大変だった日々と今回の手術がラッキーであった現実を改めて知り、この日までこぎつけられたことに、母共々改めて安堵しました。

札幌の2泊3日は、少々気温は低めでしたが、新緑に包まれ日差しが眩しい、1年でも数少ない美しい季節に行き合わせたようでした。行き帰りのフライトと合わせて、ページを改めて記録に残せたらと思っています。

           

良性腫瘍と良性めまい

耳の入り口付近にできた、良性腫瘍の摘出手術を昨日行いました。通院でできる簡単なものと聞きつつも、手術と名が付くだけに一抹の不安がありました。

「これは、良性腫瘍ですね。放っておいても大丈夫ですけど、取る場合は、手術でとります。放っておいたら大きくなったりふえたりすることもあるので、取った方がいいと思います」と言われたのが、2か月前。まあその通りと思い、病院の紹介状をもらいました。

急いで無いので、1ヶ月後病院へ。しかし、手術はすぐでは無く、その日は必要な血液検査。もう1回その結果と手術概要の説明の日があり、昨日の手術となりました。

その日まで全く普通の生活をし、あまり深刻なことは考えないでいられたのは、もともちと何の症状も無かったからと思います。さすがに、直前になると、麻酔をするといっても痛いのではないか、麻酔の注射は痛いのではないか?・・・等など心配がよぎりました。

手術室は、それなりの造りで、白いシーツのベッド、照明がありました。ベッドに横たわると、片方の腕には、血圧計がセットされました。

先生は、若くて、明るく落ち着いた感じの先生なのが救いです。

一番目の恐怖の麻酔の注射は、看護師さんにあらかじめ聞いた話では、ちょっと痛いですと言われていましたが、実際は、歯科治療の時の注射とほぼ同じくらいで、ホッとしました。その後、麻酔が効いてるかを確かめたあと、手術が行われましたが、カサカサ、チリチリという音が時々して、間もなく終わりました。全く痛みは無く、案ずるより産むがやすしの結果でホッとしました。

細菌予防と痛み止めの薬をいただいて帰りました。行き帰りとも自転車。元気な患者です。

めまいがはじまったのは、帰ってから、薬を1回飲んで、2時間ぐらいたった頃です。そんなにひどくはないものの、少々酔った気分になり、薬の副作用のところに、めまい、吐き気とあったので、それ以上薬は飲まず、早めに就寝しました。

ところが、今朝起きると昨夜以上のめまいと吐き気。立っていられない位です。今日は、耳の治療の予約が朝9時に入っていましたので、とにかく、何としても行こうと決意し、めまいの合間をぬって、タクシー利用で受診しました。

先生の見立ては、薬の副作用では無く、「頭位性良性めまい」と言う別の病気ということでした。三半規管に砂の様なものが入り込むことで起きるもので、頭を動かさなければおさまるそうです。

まあ確かにそうですが、頭をじっとさせてばかりいられませんから、困ります。軽い方ということでしたが、気分は最悪と言えます。パソコンをさわって見たら、確かに頭を動かさないので、ちょっと落ち着きました。

これの薬をまた貰うはめになりましたが、先生がチラッと言われた言葉では、「動く方が直ります」。 なかなか難しいと感じます。

今回のことで、病気はどこに潜んでいるか分からないし、少しでも体に異変が起きれば、普通の日常でいられなくなります。健康でいることの有難さ素晴らしさを改めて思いました。

*余談ですが、私の兄が健診で見つかった良性腫瘍で4月の末に手術をしました。そちらは出来た場所が膵臓だったので、10時間の大手術。しかし、無事終わって今は順調に快復しているようです。同じ良性でも出来るな所によって、こんなに違うのかとの思いがありますし、兄の場合は良性でも放っておく選択肢はない厳しいものだったようです。遠く離れて暮らす兄ですが、何か繋がりを感じています。

花菜ガーデンの春2年目

花菜ガーデンは、春に開園したので、厳密には3年目というべきですが、開園当初はお天気が悪く、草木が芽吹き始める頃には初夏の雰囲気になっていた印象ですので、私的には2年目の待ち焦がれた春を迎えている印象です。

今年度、余すところあと2日という日に、久しぶりのサポーター活動に出かけました。

   

エントランスの庭に、あのセンターフィールドに飾られていた風車が移動し、風に吹かれて勢いよく回っていました。場所的には、こちらの方が密集具合と言い、相応しい感じで、あらためて壮観な風景。いよいよ、4月2日からは、持ち帰りができるようです。子供向けの呼びかけではありますが、このペットボトルの風車、モグラよけになると聞いたので、1本欲しくなり始めています。

 

                      

しばらくの間に、花菜ガーデンはすっかり、春色になっていました。春爛漫とまでは行ってませんが、ハナモモのピンク、菜の花、ラッパ水仙の黄色、様々にグラデーションをなすビオラ、パンジーなど。クリスマスローズは、大人色の落ち着いた色合いで・・・

          

                     

今日の作業は、バラ園の手入れ。冬の間、バラは美しい葉と花はなく、棘と芽だけをしっかりかかえて、暖かくなるのを待っていました。   

   

バラの、根元には一足早く芽吹いた、春の草が生えていてそれらを一掃することと、エッジのところにうえてあるすっかり枯れているワイヤープランツを切り戻しする作業です。

草を抜いた後の土に手を入れて、取り残した雑草の根を取り除いて土を整えるところが、園芸の基本だそうで、文字通りの「手入れ」なのだそうです。

日があまりささず風が吹いていたので、晴れて暖かくなるという予報は、ちょっと外れでしたが、風は南からの風で冷たくなく、作業するにはちょうど良かったかもしれません。春の花壇の作業をするだけで、気持ち的にはリフレッシュされるものがありましたが、体的にはすっかり疲労してしまい、午後にはダウンしていたのが残念なところです。