カテゴリー別アーカイブ: 自然

近場のお花見満喫

image今年の桜、私の家周辺の桜は一昨日ぐらいから満開状態となっています。その日、お天気もまずまずとなったので、お昼前から夫とゆっくり、日曜日には桜祭りが予定されいる渋田川へと花見散歩に出かけました。 祭り会場手前、家に近い当たりの桜もすでに満開状態で、川へと下した枝にもこぼれんばかりの咲きぶりを見せていました。

途中、秋にはサザンカが咲く道に、枝垂桜が200mくらい植えられているのを発見しました。 image 平日にもかかわらず、今日を逃しては・・・という人々がかなり歩いていて、桜の木の下でお弁当を食べる姿も見られました。(写真は閑散としていますが)

image image image image

ぐるりと回って対岸を戻ってくるときには、あまり人が入らない小路があり、進んでいくと、知らない山道に来た気分にもなれる散策路にも出くわしました。

image image

工場地帯の建物がそびえる道も、外観は一見美術館のような建物であったりと、桜の美しい川辺を意識してか、みんな芸術的な趣に一役買っているように見えました。

image image

☆この桜の木の下で、お花見をする予定でしょうか? image

まず、枝垂桜を見ました

先週の土曜日、桜の開花は県内まだどこも咲き始めという頃、唯一7分咲きになったという入生田、長興山の枝垂桜を見に出かけました。

image

この場所には、今回3回目ですが、1回目は枝垂桜を見に行ったものの終盤だったように思います。2回目はウオーキングが目的で、緑の葉に覆われていました。今回が、いちばん勢いのあるところを見られました。

image

このほかにも、紹太寺、入生田駅、車移動で一夜城の枝垂桜もきれいに咲いていました。

image image image

石垣山の石垣
石垣山の石垣

枝垂桜は、ソメイヨシノに比べて花の咲いている期間は長いそうで、一足早く咲いても今度の土日もきれいに咲いていることと思います。

1月の風景

新年を迎え半月が過ぎました。新しい年のスタートは、ここ数年ほとんど同じパターンですが、同じような中にも若干の変化はあり今年のあゆみをしているものと思います。

☆お正月の風景

image image

元日、娘一家の訪問。次女の誕生日、お正月があけてすぐに、母の誕生日もあり86歳の誕生日を電話越しにお祝いしました。

image暮れに壊れたオーブンレンジと2Fのエアコンを早々に購入。最近は、エアコン設置には専用コンセントがないと売ってくれません。それで、コンセントの増設工事もしました。

☆1月8日

この日、所属団体の今年初めての集まりがありました。

image

☆1月9日、川辺の散歩と富士山

imageimage

☆1月10日、夕暮れの富士山

image

☆新年会の薔薇image

 

☆1月15日、花菜ガーデン仕事始め-珍しく雨天でしたが、温室でミニトマトの移植と、小松菜の間引き作業をしました。間引いた小松菜の苗をお土産にいただきました。

image image

imageイチゴの品評会初日に出くわしました。思わず即売のイチゴ(さちのか)を購入。

アーモンドホールクッキーとチュイル

image  image

 

 

桃源郷春祭り

朝晩は温度が下がるものの、安定して春が進行する日々。

image春の花を求めて、山梨の桃の花を見に朝から出発しました。山梨の桃と言えば、数年前中央道の釈迦堂パーキングに出かけたことがあります。今回は、東名高速で御殿場まで行き、その後河口湖大橋などを通って、途中、春霞の中、いちだんと大きくなる雄大な富士山を前に横にながめながら、笛吹市に入りました。

image

 

そのあたり一帯は、ちょうど桃の花が見ごろで、特にこの土日は、あちこちのエリアで桃源郷春祭りを行っていました。まずはじめに立ち寄ったのは、グレイプハウスというドライブインです。たまたま、テレビでもここの施設の庭的エリアの桃と菜の花が満開で見ごろというのを見ていたこともあり、昼食もできるので入ることにしました。

image image

桃よりは菜の花が優勢で、桃の木の真ん中に支柱が立っているのが、景観を邪魔していました。遠くアルプスの山々が見えましたが、手前に電線がたくさんあるので、これも残念に思いました。

なんとか、かわいい桃の花を空をバックにアップで撮ることができました。

 

imageそこを出た後、御坂会場エリアの桃源郷を散策しました。散策コースが設けられていたので、桃の木々が広がる山道をのんびりと歩いて回りました。なだらかな斜面になっているので、向こうの山々なども一望でき、桃源郷というのふさわしい風景です。

image image image

菜の花とコラボして、ひときわきれいなゾーンもあり、ごく近くにリニア新幹線の実験線が見えました。また、散策途中には、ハレー彗星の石が飛来したという碑も。

 

image足を延ばして訪れたお寺では、桜が見事に満開で、桃と桜それぞれの良さを語り合ったりしました。

季節的には今年のように重なることはよくあるのか珍しいことなのか、本来はどちらが先なのか?など考えました。私としては、冬寒の中、まず梅が咲き、寒さがゆるんだころに桜が咲いて癒され、その後ひときわ鮮やかでかわいい桃が咲くのがいいと思うのですが、実際はどうでしょうか?3月桃の節句というから、やはり桜より桃が先でしょうか?

image

 

 

 

帰路は、渋滞をさけて朝霧高原の方から、第2東名の新富士ICから高速で帰りました。途中休憩の朝霧高原道の駅と第2東名の駿河湾沼津パーキング、どちらも満足度の高い施設でした。この次は、ここでゆっくりというのもありではないかと思いました。

道の駅からの富士山
道の駅からの富士山
駿河湾沼津PA
駿河湾沼津PA

 

 

 

 

 

 

春爛漫

新年度がスタートしました。

imageあちこちで開花した桜は先週中にほぼ満開になり、途中強風の日もありましたがそれで散ってしまうことなく、1年でも数少ない、ピンク色の華やかな春の景色を長く見せてくれています。同時に一面菜の花の黄色がひろがり、そこにチューリップも加わってまさに春爛漫の風景です。

       image

 

image家の庭でも、芽だしアジサイ、ムスカリ、チューリップが顔を出し、孫のYちゃんもとても喜んでくれました。

image

 

 

 

 

7日、遠く富士山と川沿いの菜の花。集まりに行く途中、助手席から撮影。

image

 

8日は久々の花菜ガーデンサポーター活動。今春目玉の58,000本のチューリップゾーンの近くの畑で作業。このチューリップは下旬には摘み取りが行われ、大急ぎで畑の植えつけをするということでした。

image image

image

 

imageこれは菜の花ではなく、小松菜の花。菜花というのは小松菜のことというのを初めて知りました。

 

 

今週は、よいお天気が続く予報。いつかは散る桜も、今年のように花の大饗宴の中、ゆっくりと美しく散っていくのなら心騒がせることなく長閑な心で春を過ごせそうです。

image

 

 

 

桜2014

近場の桜も、ようやく4,5分咲きとなり今週末の桜祭りが期待されます。

image春の陽気に誘われて、ちょうど満開になったという、大和市の高座渋谷の引地川沿いの千本桜を見に出かけました。

平日でしたが、まだ春休みということもあり、年配や子ども連れの人々が、桜の木の下でくつろぐ姿が見られました。人の出がそれでもほどほどでしたので、私たちも桜のトンネルの下を優雅にゆっくりと散策することができました。

image

 

満開だったからか、丸い花の群れが牡丹雪のように見える様が新鮮に感じられました。桜のほかにも、春の花が可愛らしく咲いていたり、透明にすきとおった川には、大きな鯉のむれや、鴨、亀といった生き物が、これまたゆったりとたたずんでいました。

image image

 

桜は、いつもどこでも美しく、ワープして別の世界へと連れて行ってくれ・・・ます。あまり風もなく、今回もそんな1.5km×2でした。

image

 

 

雪の日の命日

父が亡くなって早11年が過ぎました。
今日2月8日の命日は、毎年、実家に帰り母と時間を過ごし、お墓を新設してからは、お墓参りをするのが定着していました。
しかし、今年は色々と事情が重なり、この日のお墓参りはしないことになり、代りにお彼岸に行くことに決めました。

そんな命日の今日は、朝から大雪で、ことに関東地方は何年ぶりか何十年ぶりかという、経験したことのない吹雪の1日となりました。

     20140209-005905.jpg

玄関のドアを開けるとすぐ雪が積もっているので、このアプローチのところだけは、雪が来ないように雪掻きを2時間おきに5回しました。雪を取り払ってもすぐに積もる恐怖を味わいました。

空を見上げると、冬将軍が唸り声をあげながらすべてのものを白に埋め尽くそうとしているので、こんな日にどこかへ出かけたら、遭難してしまうのではないかという気分にもなり、雪国の人の苦労を垣間見た気がします。

午前中は、ソチオリンピックの開会式に見入り、午後は雪を見ながら、何人かの人の心配をしつつ、電話やメールで時間が過ぎました。

最近、毎日定期便になった母への電話では、大阪は雪はほとんど降っていないということでした。思い出してみると、今年の命日は、11年前と同じ土曜日です。こんな日に大雪が降るのは何かのメッセージではないかしらと思ったりしました。

時が静かに過ぎるのを感じます。

20140209-005815.jpg

1月の夕日

20140131-234419.jpg

1月も下旬になると、寒さの和らぐ日が出てきます。そして、確実に日が長くなってきているのを感じることができます。

寒さ対策にセーターからつくる室内履きを急ぎ作りましたが、春は近いようです。

春を待ちつつ、スイーツ作りを楽しんでいます。

20140131-234451.jpg         image

コスモス畑摘み取り

昨日、何年かぶりでコスモス畑の摘み取りに出かけました。

image image

川岸にあるこのお花畑は、春にはポピー、秋にはコスモスが一面に咲き広がります。もちろん、勝手にそうなるわけではなく、そのようにお世話されているので、刈り取る前に摘み取りのできる日が設けられているのでしょう。

今年の摘み取りの日は、空はどんより曇り空、冷たい風の吹く日でした。でも、今年はこの日を覚えていたから、予定にしていたから、とにかく出かけました。

image先週の台風でコスモスはみな北から南の方向になびいていましたが、少し日にちが立っていたからか、花は割と咲いて回復していました。      とはいえ、それも冷たい風に吹かれちぎれたりしていましたが。

でも、蕾はまだまだどのコスモスもつけていたのは、今年が暖かかったからかもしれません。  でも、もうコスモスの季節は終わりなのですね。

image

 

 

持ち帰られるだけのコスモスを摘み取り、家に帰って2つの花瓶に活けました。

image  image

家の小さな玄関がお花畑になったみたいです、コスモスの良い香りに包まれて!

山中湖ー花の都公園へ

さわやかな秋晴れの日が続く土曜日の朝、「富士山と花」を見に、山中湖にある花の都公園へと出発しました。

   image     image

富士山は、雪が積もっていない夏富士ですが、朝のうちは中腹に白い雲をたなびかせて、黒い姿の全貌を表していました。目的地の花の都公園はこの富士山をバックに花がきれいに見られるところとして知られています。一昨年の旅行の帰り道にその横を通過したことがありましたが、広いお花畑が広がるところと言う印象でした。

imageimage

2時間弱で目的地に到着。広大なパークの、まず無料エリアから見ていきました。 コスモス、ヘブンリーブルーの朝顔、そしてヒマワリの畑が広がっていました。ヒマワリが一番勢いがありました。

バックに雄大な富士の裾野だけは見えましたが、あいにく雲が広がって全貌を見ることはできませんでした。

image
有料エリア

無料エリアから、有料エリアのサンパチェンスなどがきれいに咲いているのが見えました。ほかはあまり期待はできないと思いつつ、とりあえず中に入ることにしました。

image              image

きれいなサンパチェンス、ヘブンリーブルーを撮影しつつ進んで行くと池があり、その先の遊具のあるところを過ぎると、滝と溶岩庭園の案内があらわれました。この辺りから、花の都公園が面白くなり始めました。

imageまず、溶岩庭園。正面に迫る富士山は、今までに何回か噴火しています。その時、ここまで流れた溶岩が樹木をおおい、そののちに樹木は朽ち果て中が空洞になったものがここにたくさん残されていました。気の遠くなる時間を感じさせる神秘的な場所でした。

             image

image

大きな水車の向こうに二つの滝がありました。奥の山の水をうまく利用して、時間でコントロールして楽しめるようにした滝で、1時間ごとに激しい滝の噴出が見られるようになっています。

image

image
明神の滝

image

水車とその横にある、子どもの科学遊びコーナーもたのしそうでした。アルキメデスのポンプというのを初めて知りました。image

何気ない、散策路の木々も珍しいものがありました。

image
しあわせの木

多肉植物の温室も、フルーツの木や、ランなど楽しめました。

image   

 

 

 

 

 

芝生広場では、有料セグウェイに乗り遊ぶ人も。入場料500円の中身としては、大満足できました。お天気の良い土曜日の割には、中は空いていましたが、なかなかのおすすめどころと思いました。