カテゴリー別アーカイブ: 花菜ガーデン

12月の風景-2021

12月は師走とはよく言ったものです。ほかの月と比べて、やるべき事,やっておきたい事が多い上に、その合間を縫って様々な予定が入るのだから、忙しくなるのも納得です。と言っても、年を重ねるにつれ、色々なものが簡略、縮小するので以前に比べれば全然少ないのですが、それに比例して体力も少ないので、状況は一向に変わらないことになっています。

書き残したいことが、他の月よりも多いのに日だけが過ぎ、次のことに思いは移ってしまい、大晦日を迎えた年も多いのが12月。

今日が、12月の20日だと思うとびっくりですが、今年最後の花菜ガーデンの活動に出かけました。午後からの園芸作業です。

今日は冬晴れで、富士山はばっちり。三日月山の除草を、6人で行いました。雑草を鎌で刈り取ること1時間半、途中で休憩はあります。雑草の根の一番上を鎌で切ってくださいと説明があり、葉を切るとバラバラになりまたすぐ生えてくるからという説明でしたが、何故根の一番上なのだろう?その下でもいいのでは?とつまらない思考をめぐらしつつズボンを汚しながら頑張りました。

クリスマス仕様の花菜ガーデンは、静かに素敵でした。原っぱの真ん中のモニュメント、エントランスの木々、園内の木々には光に反射するものがつけられているものもありました。紅葉の木もありましたが、枯れている冬を感じさせる風情もたくさん見られる中、ひときわ鮮やかな場所が、冬のチューリップ。チャペックの館前のエリア。そこだけは冬も美しい花園でした。

この活動に来るのでなければ、中々来ることはない場所なので、帰りは隣のあさつゆ広場(農協)にも立ち寄り、花の苗を見ているうちに今日買わなければ年内買う日はもうないだろうと思い、寄せ植えの花を購入しました。


さて、毎年の大仕事である年賀状作成。今年は、パソコンのofficeアプリが使えず、オンラインofficeでしのいでいるので、四苦八苦状態です。しかし色々工夫をして、どうにか裏面印刷をすることが出来ました。

オンラインofficeのワードは大まかなところだけがさわれて、ビュー機能で、ワード画面を覗けるもそれ以上の編集はできない仕組みになっています。ある程度で妥協し、スマホワード画面でスクリーンショットのカメラどりしたあと、スマホの画像編集機能で仕上げました。

しかし、あて名印刷の方はもう道はないかも。差し込み印刷の技術を昨年やっと使えるようになったのに無念。しかし残された時間でもう少し道を探してみるつもりー忙しい年の瀬です。


花菜ガーデン2021,秋

10月に入り、4カ月ぶりに花菜ガーデンのサポーター活動に出かけました。

暑さ寒さも彼岸まで…と言われますが、気候変動のある近年ではこれも必ずしも当たらないようで、10月に入ってからも夏日が続いています。午後からの活動なので、暑さが心配でしたが、風が気持ちよく、秋の風情も十分感じられる園内でした。

10月ということで、あちこちのハロウィンの飾りつけがおしゃれで、稲刈りの終わった田んぼ、秋の代表コスモスも光に照らされ、心和む風景です。

10周年の記念? 新しく設置されたユニバーサル遊具も親子連れが楽しんでいました。

活動の方は、秋バラの方向にあるグリーンフィールドの小径の植物の撤去作業。鎌で刈り取り、大きいスコップで掘り返す作業ですが、とてもしっかり根を張っているので、もう何十年ぶりかで手に豆が出来てしまうほどでした。

春の活動のときに、植えたコキアはどうなったのか確認しましたところ、きれいな赤を演出していて感動!しました。

日没が早くなる秋。11月には、閉演前30分、秋バラのライトアップをするということです。来週からは、気温も一気に20℃を下回りますが、この秋は中々楽しめそうな花菜ガーデンです。

花菜ガーデン活動ーふたたび

花菜ガーデンのサポーター活動を再開しました。今年度になってから3回、園芸活動に参加しました。

昨年度は、コロナ禍で登録の更新もできないまま1年が過ぎ、ただでさえ少ない参加の私は、秋に3,4回参加したきり、今年度に突入しました。

コロナ禍はまだ収束していませんが、対策ができるようになり、更新もして新たなスタートができたことはうれしいことです。2020年に10周年を迎えていた花菜ガーデンは、園内、気合を入れたリニューアルが進んでいて、楽しいガーデンに変化しつつあります。

5月の園芸活動では、1回目がバラの花柄摘み。嵐の後だったので、大量に傷んだ花柄をカットしました。ローズフェスティバルは終盤に差し掛かっていましたが、春バラの見どころのつるバラがきれいに咲いていました。

2回目は、三日月山の植え付け。この日は千日紅の苗を植えましたが、足場がぬかるんでいて、長靴に履き替え頑張りました。

3回目は、6月に入りハナモモの実を採る作業をしました。小さな梅の実のような実がたくさんついていて、放っておくと木が弱るということで時間いっぱいもぎ取りました。

6月になると、バラは終わり、ユリの仲間がきれいに咲いていました。それとアジサイも園内外で美しい季節です。

さて、リニューアルした花菜ガーデン内のあちこちにちりばめられたアルファベットが気になります。思いがけないところで見つけると楽しく、26文字隠れているのなら探してみたいところです。

楽しく平和な園内と対照的なコロナ禍の世の中。ですが、オリンピックに向けて、ワクチン接種のスピードが加速されています。

政府が言う、7月末までに高齢者の接種終了に向けて希望者全員に道が開かれている感じがしてきました。同時進行的にそれ以下の年齢、また職場、学校でも接種する動きです。副反応もろもろの迷いを振り切って、集団として早くコロナ禍から逃れられますように。

やさしい春の花

いよいよ3月になり、草木が動き出しました。

冬枯れの庭に、緑の芽があちこち。チューリップ、ムスカリ、デイジー、ネモフィラ、…秋に仕込んだ花たちは順調に芽を出しています。そして、それらに交じって知らない野草も加わって、どんな花が咲くのか楽しみです。

昨年はとうとう更新手続きができなかった花菜ガーデンですが、ようやく3月はじめに更新ができました。開園と同時にサポーターを始めたので、11週年を終えたということで、記念品などもいただくことができました。

久しぶりの園内は、早春の、眠りが醒めるときのような、静かで優しいけど不思議なエネルギーを感じる気配に満ちていました。

             

そして、その数日後、次女の初めての赤ちゃんが誕生しました。3人目の孫は、久しぶりだったので新たな感動です。小さな新生児を目の当たりにして、やさしい春の花のようにとの願いのもと、健やかに育ってほしいと心から思いました。

秋になり…

酷暑の夏、経験したことのない規模の台風が日本を狙う夏の終わりを経て、秋になりましたが、引き続きコロナ禍の世界に変わりはありません。

しかし、新しい生活様式にも徐々に慣れてきた私たちの日常は、少しずつ変化しているようにも思います。

私が長年連なっている、友の会という女性団体も、全国の友を結び付け、意見交換する手段として、ZOOM会議を積極的に活用するようになり、9月はZOOM会議月間のような感じになりました。人が一か所に一堂に会する魅力は大きいですが、新たなやり方も、将来への希望を与えてくれているように思います。

世の中の、IT化が今回のことでさらに加速されるかもしれません。

長年付けてきた、紙の家計簿。同じ出版社から新たに出たクラウドの家計簿『kakei+』にシフトしようと思っています。スマホからもパソコンからもつけられ、当然のことながら記帳したものは自動集計、グラフ化されます。買い物は、ほとんどクレジットか電子マネーという私にはとても便利に使えます。

コロナの前から計画されていたという、マイナポイントはようやくいただける運びとなりました。マイナポイントをいただくには、まずマイナンバーカードが必要です。あまり便利さを感じないマイナンバーカードを作るのに時間と頭を使うことが今まで出来ませんでしたが、今回の誘いに乗りました。そして、提示されたキャッシュレスの中から、WAONを選んで申し込みました。昨日、マックスバリューで10,000円チャージしました。多分来月にはポイントが入るのでは?と期待しています。

今日は、9月に入って2回目の花菜ガーデンに出かけました。活動は園芸サポート。花がら摘みや除草で、なかなか癒されました。秋の風景になりつつあり、秋のバラが咲き始めていましたし、ヒガンバナに似たリコリスの仲間たちも可憐なかんじでした。

           

明後日からの連休に向けて、明日からペコちゃん祭りのようなものの準備が始まっていました。私たちの年代には、ミルキーとともに懐かしいブランドですが、今の時代にもまだまだ魅力を発揮しているようです。

               

刈入れを待つ近くの田んぼを眺める分には、平和な秋の日々。味わいつつ過ごしたいものです。

近況

AB163492-C0FE-4C99-8960-79D218EBA9301ヵ月以上続いた梅雨は、8月1日にようやく開けて、待ちに待った夏空が広がっています。

7月は、毎週病院の検診受診で通算3回都内に出かけたのが大仕事でした。こんなにも早く第2波が来るとは思っていなかったので、夏の安心なうちにと思ってましたが、東京だけが突出した時期で、厳重警戒で行ってきました。結果はどれも変わりなしで、ひとまずホッとしました。

8EF29BF1-DBB9-4BE9-B322-8FAED7C0808A

母との毎日の電話では、新しいホームに慣れて、生活のリズムが出来て来たのが伝わります。車いす生活となりましたが、3度の食事の集い、週に1回の買い物で外出できるのが、気分転換の時のようです。

会の集まりなども工夫しつつ始まり、公共の施設で3密をさけて行いました。その一方、Zoomによる会議も1回経験しました。スカイプはやったことがなかったので、パソコンにカメラ機能とマイク機能があるのを今回初めて気が付いた次第。

そして、昨日は花菜ガーデンのサポーター活動に行ってきました。9か月ぶりの花菜ガーデンは、真夏の樹木のたたずまいで、人けは数えるほど。広い芝生に、1件小さなテントを広げて、虫取り網を持った親子が楽しんでいました。エントランス付近には、鉢植えの赤と白のユリが置かれていて涼し気でした。

86F4D1AF-4761-458F-BED2-ECDF165C63E9
ディア・レッド(サルスベリ)

活動は、百日紅がきれいに咲く場所の近くのサルビア園の除草をしました。午後からの活動なので、コロナ対策に加えて熱中症対策として首に保冷剤入りのタイ、冷たい水を持参して臨みました。いつもなら、午後の昼下がりは何もできないけだるい時間に、やる気を出せば普通に作業ができることを再認識しました。

帰りに、近くのJAの店で久しぶりに買い物をしました。産直の珍しいものがあるのが魅力の店です。今回は、摘果ミカンなるものが売られていました。大き目のスダチのような外観で、1袋税込み179円は高いのか安いのか?

E0B3D761-EB22-49CE-9B49-BEEC4E160610

昨年の3月より始めた、健康体操のカ○○スには、一番時間をとっているかもしれません。4月と5月は休みでしたが、その後は週2回を目標に通っています。休みの後からは、密をさけて運動後のストレッチはしなくなったので、滞在時間も25分くらいの無理のない運動。しかし、自らではウオーキングぐらいが限度の私にとっては、貴重な運動時間と思い、続けています。

F1DA32E8-CB8C-4678-B0F9-E9967F06CC7C家の前の道路わきに雑草のように生えている百合の蕾が膨らんできました。そこで、今朝これをバッサリ切り花にして家に飾ることにしました。

ちょっと先行きの見えにくい今年の夏ですが、まだまだ周りは元気です。

 

夏の終わりの花菜ガーデン

8月に入ってからずっと猛暑が続く毎日の中で、珍しく雨が降る予報。あいにく今日は、花菜ガーデンのサポーター予約を午前に入れた日でした。

 

詳しい天気予報では、9時頃から昼までは所により雨が降るがいったん収まり、その後14時以降また雲が来て大雨が降るという予報でした。

空は暗いけど家を出る時は降っていなかったので取りえず出発するも、途中で雨に降られました。しかも活動に来たのは私一人。

農作業に申し込んでいましたが、前半は園芸作業で、大きくなりすぎたポットの苗の剪定。後半、温室のニラの苗の植え替えをしました。これはなかなかの重労働。

今日の園内は、ほとんどと言っていいくらいゲストはいない感じに静まり返っていました。

天気予報はピッタリ当たっていて、雨は行きに降られたあとはだんだん回復、家に戻った後、午後14時過ぎくらいから大雨が通過して行きました。

夏もそろそろ終盤。家のブドウはもう少しで収穫できそうな様子。

 

 

令和元年ー初花菜ガーデンにて

574DAF9F-4477-43EB-98C3-6F79905E245A元号が変わった初日の5月1日に、花菜ガーデン作業に予定を入れていました。

行くたびに季節が進み変化を見せる花菜ガーデン。今回もそれを強く感じました。雨が降るたびに、周りの植物の成長を日々感じるので、当然のことかもしれませんが。

189ED78A-3FAB-4096-A621-492803B98B87

10連休中でもあり、花も咲いている花菜ガーデンですが、人の入りは20%くらいなのが、残念ではありますが、ゆったりとした庭園散策をするには丁度いい感じで、この日の園芸作業は、バラ園の除草です。

5334D60F-890E-4260-86E4-E17705CEF190

バラ園へ向かう道は、周りにバラの鉢植えが並べられ、バラのフェスティバルが近いことを感じさせられました。バラ園そのものも、まだちらほら咲いているだけですが、一斉に開花する手前のわくわく感にあふれています。

そして、刺繍の絵柄にしたいような、可憐な花たちや風景にたくさん出会えました。バラのフェスティバルの人でごった返するときには、行ったことがありませんが、今年はゲストとして行ってみようかしらと考えています。

 

新年度-雨の花菜ガーデンにて

4月1日、今年ばかりはエイプリールフールは話題にならず、朝から注目の11時30分に話題は集中していました。新元号発表は、予定時間を10分ぐらい過ぎて発表されました。

「令和」…これから、見慣れてこの文字が元号にしか見えないようになるのでしょうが、今のところは、新入りさんこんにちは!という気分です。が、1時間もすると、新鮮で爽やかな好感が持てて来ました。

30CE97ED-9A8A-4F45-BA09-9680758C1E2D今日の午後は、心機一転今年度の花菜ガーデンの活動を入れていました。出がけにあいにく雨が降ってきましたが、今日は何だかやりたい気分でとりあえず、徒歩で傘をさして出かけました。止むかもしれないし、室内作業を考えてくれるかもしれないと思い…。

冬に戻ったかと思われるほどの寒さでしたが、伊達の薄着もウールのマフラーを着用してると全然平気です。

花菜ガーデンに到着しましたが、雨は止まず、室内作業もないということで、お休みということになりました。それで、久しぶりに園内を散策することに。

閑散を通り越して、ほとんど誰もいない園内でしたが、花は冬から春に変化を見せていて、チューリップ、はなもも、ムスカリ、クリスマスローズなどが、可憐に咲いて、私の好きな花園になっていました。

 

昨年は、あまり来られなかったけど今年度は、しっかり季節の花を見ていきたいと思います。

早春の花菜ガーデンにて

6A1766D9-D82E-4558-80BF-207D954D3272数日前の予報では、雨が降るかもしれないとなとなっていましたが、今日はうまい具合に日差しが出て、花菜ガーデン日和となりました。

またまた久しぶりの花菜ガーデンで、前回は秋、ハロウィンの前後に2回来て以来です。前回↓

今年度は、色々あったのでなかなか花菜ガーデンに時間がとれず、今日の参加でようやくノルマの6回をクリアすることができました。

 

 

1A274868-D78D-4249-895C-EDC72DDD16B6
ここれは並みの鉢

 

今回の活動は、春を待つ鉢植えのバラの植え替えです。鉢植えといっても巨大なものもあり、なかなかの重労働でした。とはいえ、参加サポーター3人はいずれもシニアで、一人の方は喜寿のお祝いを済ませた方なので、私が大変そうにするのは申し訳ない話、できる範囲で、協力して巨大な鉢2個と、並みの鉢1個の土を入れ替えることができました。ちなみに、巨大鉢2つのバラは、王妃マリーアントワネットとブラウニー。どんな花が咲くのかは知りませんが、今見る限りどちらも鋭い棘が特徴でした(>_<)

植え替えの概要は、まずバラを鉢から取り出し、根をすっきりさせ、鉢の真ん中まで新しい土を入れ、バラを乗せ根元に土をかぶせます。隙間が空きやすいので、竹の棒を何度も差し込ん土を詰めて行きます。すっかり植え変わると、バラも気持ちよさそうにしている気がしました。

作業を終え、一回りした花菜ガーデンは、菜の花と梅がきれいに咲いていました。あとで案内板を見ると、クリスマスローズや狼狽などもきれいだったようです。

74764522-7AE4-44DB-A973-449E20DA46BA 24A138FA-1CDF-4FCB-BBB3-04BB3CFE640B

来ると、いつもハッピーになれる花菜ガーデンとあらためて思いました。