次女の結婚式を終えて

次女の結婚式が滞りなく終了し安堵しています。

親として元気に晴れの日を過ごせたことが何よりの感謝です。両家は、親族がそれぞれ遠方であることもあり、今回の慶事により、久しぶりの再会ができました。

チャペルの挙式後、披露宴を親族でするという流れは長女の時と同じでしたが、8年の経過もあり、また違う感慨がありました。

前日は小雨降る寒い日でしたが、この日は朝から日差しが出て、14階の窓を背にしたチャペルは祝福の光が眩しく差し込んでいました。

そしてこのチャペルでの挙式は、とても印象深いものでした。牧師さんはやや高齢の外人の方ですが日本語も話せて、温かみのあるのが伝わりました。リングガールとなった孫達にもとても優しく話しかけてくれました。

コリントの13章、愛は忍耐強い。愛は情け深い。…が朗読され、神の前に誓い、認められる場面を親族一同が見守る儀式。海外では、この儀式が入籍よりも重要とされていることがよく感じられるものでした。

披露宴では、新郎新婦を中心にゲストが楽しい時間を過ごせるように、様々な演出がありました。それで私は留袖で軽快に動けない中、スマホシャッター押しまくりとなり、少々怪しかったかなと、一段落ついた今は思っています。

写真画像を改めて振り返ってみると、ホテルスタッフが沢山関わってくださったことを改めて思います。黒子となって、あちこちでサポートしてくださいました。私の着付け担当の方も、その時だけでなく写真撮影時などに着崩れがないかチェックしてくれ助かりました。

披露宴終盤、新婦から両親への手紙朗読は、娘の心からの言葉であることを感じ、とても嬉しく受け止めました。さらっと読んでくれたので助かりました。

記念品の、同じ木で作られた3つの時計、司会の方の「新たな1つの家族がここに誕生しました」の言葉は、心に響きました。

また、一番最後のサプライズ、新郎から新婦への花束贈呈は、女性としては最も嬉しいものではないでしょうか?

新郎の温かい眼差しのもと、幸せな家庭を築いてくれることでしょう。

嬉しい1日の偽らざる感想です。

 

 

 

 

春分の日を過ぎて

桜の開花が待たれる年度末。今年は暖かいので、早いペースで咲いてしまわないかと気になっていましたが、今のところでは満開の桜を見るのは、4月に入ってからのようで安心しました。近場の桜祭りの日程が4月8日なので、近くに住む者としては気になっていましたので。

319BC75B-9BCB-493C-B23E-D2C7B3F510FC

先週の金曜日には、孫のYちゃんの卒園式があり、終了頃に私も妹のNちゃんと幼稚園に出向いて園庭で卒園の晴れ姿を見せてもらいました。平日にもかかわらず、父母で参加が8割を占めていて、子どもの成長を夫婦で見守る姿を微笑ましく思いました。

今日は、朝から暖かく暑いくらいの日になりました。お昼過ぎまでは眩しい日差しがありましたが、今は雲が広がっています。1月末より新築工事をしているうちの後ろの建築現場では数日前に基礎工事が完了し、昨日までに資材が運び込まれ、今日は上棟の日ということで、早朝より人が出て着工し始めました。

E324E5B9-1E10-4F11-AD71-6D7FFE9810259時ぐらいでもう1階部分は立ち上がり、12時には2階がかなりできるというスピードには目を見張りました。午後2時ぐらいに出来上がるかと思いましたが、最後の詰めは色々あるのでしょうか。まだ終了とはなっていないようです。

 

2階から眺めてみると、総合的にうちよりも高い建物のように感じました。どのようなお家になるのか、今まで家が建つのを間近で見たことはなかったので、中々興味深い出来事と毎日楽しみに眺めています。

卒業があったり、家が建ったり、…… 人それぞれ、色々な変化の中で過ごす私たちです。これから始まる大きな節目の時を、大きな感謝を持って迎えたいと静かに思っています。

 

結果報告の日

2月の最終週から3月にかけては忙しい日々でした。

3月に入って一息つくも、二息三息ついてる間に、早半ばを過ぎていることに驚いています。

2月の末、治療の結果報告を聞きに東京の病院に繰り出した日、予約よりも散々に待たされた挙句、経過観察でという報告には少々落胆しました。

その後食事を兼ねて立ち寄った、「東京ミッドタウン日比谷」 六本木にある東京ミッドタウンには10年位前に出かけたことがありますが、イメージが違いました。

617F988E-49E8-4C35-9813-8DEA35ACF37E

日比谷の方は、高いビルがメイン。その地下のカキが食べられるレストランで食事をしたあと、ショッピング街を一巡り、上に上り、二つのテラス庭園と眺望を楽しみました。

 

F5B49AFE-8E67-47A6-8AC4-95EB6DC235B4

日比谷公園が一望できるのは素敵でした。

 

帰り、千代田線に乗るために地下へ。行列している「りんご」のお店に吸い寄せられ、パイ4個お土産に買って帰路に着きました。

B21BD4B3-F54D-45F2-A9B3-3345B5DFE206

早春の花菜ガーデンにて

6A1766D9-D82E-4558-80BF-207D954D3272数日前の予報では、雨が降るかもしれないとなとなっていましたが、今日はうまい具合に日差しが出て、花菜ガーデン日和となりました。

またまた久しぶりの花菜ガーデンで、前回は秋、ハロウィンの前後に2回来て以来です。前回↓

今年度は、色々あったのでなかなか花菜ガーデンに時間がとれず、今日の参加でようやくノルマの6回をクリアすることができました。

 

 

1A274868-D78D-4249-895C-EDC72DDD16B6
ここれは並みの鉢

 

今回の活動は、春を待つ鉢植えのバラの植え替えです。鉢植えといっても巨大なものもあり、なかなかの重労働でした。とはいえ、参加サポーター3人はいずれもシニアで、一人の方は喜寿のお祝いを済ませた方なので、私が大変そうにするのは申し訳ない話、できる範囲で、協力して巨大な鉢2個と、並みの鉢1個の土を入れ替えることができました。ちなみに、巨大鉢2つのバラは、王妃マリーアントワネットとブラウニー。どんな花が咲くのかは知りませんが、今見る限りどちらも鋭い棘が特徴でした(>_<)

植え替えの概要は、まずバラを鉢から取り出し、根をすっきりさせ、鉢の真ん中まで新しい土を入れ、バラを乗せ根元に土をかぶせます。隙間が空きやすいので、竹の棒を何度も差し込ん土を詰めて行きます。すっかり植え変わると、バラも気持ちよさそうにしている気がしました。

作業を終え、一回りした花菜ガーデンは、菜の花と梅がきれいに咲いていました。あとで案内板を見ると、クリスマスローズや狼狽などもきれいだったようです。

74764522-7AE4-44DB-A973-449E20DA46BA 24A138FA-1CDF-4FCB-BBB3-04BB3CFE640B

来ると、いつもハッピーになれる花菜ガーデンとあらためて思いました。

文旦ママレード

毎年、土佐の高知から注文で送られて来る文旦。今年は、eテレで、ちょうど文旦の美味しい食べ方特集の番組を見た日に届きました。

昨年は余裕なく、皮を剥いて実をいただくだけでしたが、今年の出だしは快調です。

もともと、実の芳醇な美味しさもさることながら、皮を使ってピールやジャムにもできるという、楽しみ多い果物。しかし、劣化する前に加工するには、それなりに勢いに乗らなければその時間は編み出せません。

今回はまず1個食べ、皮を冷凍に。次の1個を食べ、皮をジャムにしようと決意。3個めは、実と皮を分けて皮2個分で、ママレードジャムを作ることにしました。

文旦のジャムの作り方は、先のテレビでも紹介していましたが、ネットを検索してもいくつか出てきます。以前にも作ったのですが、そのやり方は書き残していないので、今回も色々見て、適当に作り始めました。

11AAAC61-4E27-41CB-8E51-BF78D50E3E0Dまず、先の2個の皮を細かく薄く刻み、たっぷりの水に浸して、10分間煮ます。これをざるにとって水洗いし、新しい水に浸して一晩おきます。

次の朝、再びざるにとり、固く絞って鍋に入れます。少しかぶるくらいの水と、文旦の皮の重さの半分の砂糖(150g)を入れて、火にかけます。このとき、取り分けておいた種(お茶の袋とかに入れて)、実もあれば入れて一緒に。

水分が半分くらいになったら、残りの150gの砂糖を入れ、水分が少しになるまで、中火以下で煮ます。種を取り出し出来上がりです。

2個の文旦で、ジャムの瓶3個分が出来上がりました。保存用の瓶は、予め熱湯消毒して、使います。

今回、種を一緒に煮たことで、いい感じに仕上がったような気がします。失敗点としては、刻むところ、3ミリぐらいと思いながら刻みましたが、もう1度調べたら、1ミリということで、粗いママレードになったかもしれません。

ジャムは、もう1回作るかもしれませんが、次はピールを作りたいと思っています。

しかし、来週は立て込んでいるため作れるかどうか。

 

 

 

 

久しぶりのパン焼き

今はホームベーカリーが出回るようになり、家庭で小麦粉からパンを焼くことも手間でなくなったかもしれませんが、今でも、こねて成型して焼こうと思えばなかなか大変です。そんなわけで、前回パンを焼いたのはいつだったかわからないくらいパン焼きから遠ざかっていました。

先日集まりで、粉を計るところから、焼きあがるまで100分でできるパンを教えてもらったので、それならばと今回やってみました。

強力小麦粉スーパーキング500gを計り、スタートしました。塩、砂糖、ドライイーストを混ぜ、ぬるま湯310ccを少しずつ混ぜていきます。あとバターを練りこみますが、もう少しこねてからです。

こねるのは私の場合、パン焼きのために30年前に購入した、「もちっこ」を使います。久しぶりに奥から取り出し、出番となりました。

D0D3D231-6BE4-4EFB-88C2-CCA34DBF6311こねあがったら20分割にして丸め、ベンチタイム。その後手のひらで押して平らにして再び丸めなおし、天板に並べ、中央に菜箸でくびれをつけます。FD41C21D-B8B4-4828-9FF3-783D32D397AC

ここから約15分発酵させたあと、200度のオーブンで20分くらい焼いて出来上がり。ちょっとつめて生地をおいたので、天板いっぱいになりましたがそれなりに焼けました。やや、てっぺんが焼けすぎた感じですが。

93576F04-47C2-4ABD-93E4-A1437105424F

さっそく、お昼にいただきましたが、あまり手間がかからなかったわりには、普通のパンに仕上がりました。確かに、100分くらいでできたし、これぐらいの手間なら、あと何回かは作ってみたいと思います。

「元気になる食事」の本

958A64A7-4DBB-4A57-96C3-DBD2E2A09DDE1年で一番寒い、2月ですが、春が日一日と近づいてくるのがわかるので、楽しくうれしい月です。

昨年、3回聖路加病院に入院した時、私は消化器系疾患ではなかったので、食事はいつも楽しみにしていました。初めての入院の時から、聖路加病院の食事が口に合うという印象で、ワンパターンの病院の食事という感じが全くなく、まるで家で夕食を食べている気持ちになれ、とても癒されました。

 

ですから、少しでも献立の参考にと、配食されたときに付いてくるメニュー用紙をずっと取っておいたりしました。この病院の食事レシピ本でもあれば買いたいくらいと思いながら。

B88A02C3-0952-4C8E-8104-296FE3034272

一段落ついて、試しにグーグル検索してみたところ、やはり同じように思った人達の声によってか、すでに7年前くらいに発行されていました。早速、アマゾンで新品に近いディスカウント本を手に入れることができました。

内容は、初めの20ページに、愛があればおいしく食べられるに始まる、聖路加病院の食事の人気の秘密や、食事作りのコツが、わかりやすくポイントごとにまとめて説明されています。

そして、そのあとに30日分の夕食献立の、写真と作り方が載せられています。どれも1汁3菜で、1人分500kcalの献立です。どこの家にもあるような食材で、減塩なのに美味しいものばかりです。

確かに分量は少なく感じるかもしれませんが、これが腹八分目の量で、健康にもよいということが実感できます。

献立のヒント、手軽でおいしい料理の作り方、健康を考えた味付けなどがわかる、今まで持っている料理本の上を行くこの本を、愛情料理を作りたい全ての人に薦めたいと思います。

サンシャイン

新しい年を迎えてから、1月も早や下旬にさしかかりました。

3cea31e7-bf14-4fe4-be99-e6b001f790e5

 

 

 

 

 

 

1月1日は静かに過ごしましたが、近くの土手から撮った富士山を、学生時代(関西)の部活のグループlineに投降したところ、約2名の人に喜んでもらえました。

翌日は娘たちがやってきて、うちの家では未だ嘗てない大団円を囲むことができました。狭い部屋を工夫して使い、孫娘2人、大人6人の集い。2階に子どもの遊び部屋があるので、孫たちは1階2階を行き交い、半ばでは次女のhappy  birthdayもあり、賑やかに過ごすことができました。

 

 

 

1月16日は、昨年も参加した、孫のYちゃんの祖父母参加の行事に出かけました。卒園を間近に控えた年長さんのYちゃんはお友達もたくさんいて、のびのびと園生活を送っている様子に安心しました。お手玉、あやとり、駒回し、…色々な交わりが用意されていましたが、一番の感動は、「手のひらを太陽に」「雪」の2曲の歌のプレゼント。子どもの純粋な歌声は素晴らしい…。

0655b880-83a9-429d-a740-c2650afb2adf

45e1d0fb-f0fc-445a-b011-51898befd497
電気がついてるみたい!

 

 

 

さて、先週の終わり位から、うちの後ろの家が解体作業に入りました。数年前から空き家になっていて、ついにというところですが、少しずつ変わっていく世の中の一端を見る思いです。一昨日ぐらいからは重機が入り、今日はもうがれきの山が下に残るくらいに解体が進みカバーも半分下げられたところ、朝から南の強い日差しが1階の部屋の奥にまでも入ってきました。冬の日差しの何と明るく暖かなことでしょう!

冬晴れの関東地方の太陽は、私の大好きなものの1つです。これに引き寄せられてこの地に住むことになったといってもいいくらい。幸せな気分になって、「しあわせのうた」の北*を口ずさみながら外出。帰ってきたら、神奈川新聞から二コリの本が届いていました。(お正月パズルで当たったようでした)

44910036-85bc-4da3-b9a9-065f4e306556

*北に住む人は しあわせ 春を迎える喜びを 誰より強く感じることが できるから

 

 

晩秋に

ここ2,3日、寒さが安定し、ようやく冬到来を実感されるようになりました。特に、今日のように凛と寒くよく晴れわたる日というのは、関東地方ならではのお天気です。

この一ヵ月は、大きく分けて二つの事柄の中で過ごしました。

前半は、8ヵ月ぶりの大阪帰省。毎晩母とは携帯電話で話していますが、今年の私のハプニングのため中々体移動がままならなかったわけですが、ようやく行って来られました。

2120F29F-D5C2-4766-89E6-22C16DD9F2DA母とは中身の濃い4日間を過ごしました。母の車椅子を押して、ホームの周囲を一周し道端のエノコログサをとり、公園で休憩。雨が降りそうな天気だったので、ものの20分くらいの散歩でしたが、母はそれを後の電話でいい思い出と何度も言ってくれます。

8C2F62F1-FC6C-48F2-BD65-B5EA448FBE5C母の部屋は18㎡くらいはありますが、ほとんど家具を置いていないので、部屋で書き物をするのは膝の上で不便とよく言ってました。今回、組み立て式で何とか持ち運べる台をニトリで見つけ部屋で組み立てましたところ、とても母のニーズにぴったりで喜ばれました。母の家からスタンドも持ってきて設置したので、部屋で作業しやすくなりました。

最後の日には、介護タクシーは予約でいっぱいのところ、それ以外の「ふれ愛タクシー」というのを用意してもらって、昼間の数時間を母のマンションに戻って過ごすことができました。

196B55ED-CAF6-462B-9BCD-5354306F8441

今回はこれで満足し大阪から戻りました。その次は私の治療です。

今年の1月の健康診断で肺の影を疑われて、何回もの検査、転院、手術と明け暮れた結果、進行の遅い肺の悪性リンパ腫というレアなものとわかり、その後は血液内科でお世話になることになりました。幸い完治を目指せるということで、先月末からその治療に入りました。

治療は、分子標的薬であるリツキシマブという薬を1週間ごとに4回点滴するというもの。この薬の副作用は、初回に多くあらわれるので1回目だけは2泊3日の入院で行いました。私にとって3度目の入院で、今回は前2回とは別の緊張がありましたが、幸い平均的な副作用ですみました。2回目からは、オンコロジーセンターというところで、日帰りで点滴をします。今3回目を無事終えたところです。

週1回の治療ですが、同意書にサインするにあたっては、様々な注意書きが書かれているので、先生の、最初だけ熱が出るくらいで心配ないという言葉は2割くらい心に留め、とにかく不要の外出はさけ、感染症もらって来ないよう、家での健康生活を心がけて4週間を過ごす予定です。

晩秋の短い昼間に、偶々目にすることのできた紅葉と秋の風情。

 

毎年とは同じ気持ちでない年の暮れを、新しい気持ちで受け止め、前進したい。

 

 

 

森のレストラン

昨日、森の中で道に迷いようやく見つけたレストランという感じにぴったりのレストランに入りました。

晴れの日の準備でお出かけした帰り、車で送ってもらえることになったので、ネット検索して見つけたレストランです。ホームページでは小田急伊勢原駅から徒歩25分のイタリアンレストランということで、それ以外はあまりよく見ず決めたのですが、到着したその場所はイメージとは少々違っていました。

94C95947-0AE1-41EF-A765-C3A07BE09F62急な階段を上った先にある建物は、年季の入ったログハウス。階段の途中には石の小人さんが立っていました。ちょっと重い扉を開けると中は、タイムスリップしたような空間が広がっていました。ディズニーランドのアトラクションにありそうな調度品、暗めの照明。

シェフらしきおじさんが、軽快に話しかけて来られ、食卓に招かれました。勝手がわからぬまま、メニューを見るも、詳細決めづらくランチコースに。

 

 

その後は、まるでここのおじさんのお家にお招きされて、手料理ををいただいているかのような流れで食事が運ばれて来ました。初めにフリードリンクの紅茶。家にあるようなティーポット2つに紅茶が入っていて自由についでいただきます。砂糖が調合されていて、レモンの代わりにオレンジが入っています。酸味が苦手な人にいいとか。

食事はみな1つのお皿に盛られ、それを小皿に分けて食べます。そのつど、調度品の説明や自分自身のこと、料理の味はどうか、どれがおいしかったかと会話を求めて来られるのがこのお店のおもてなしなのかなと…  いい食材を使った家庭料理というのが私の感想です。一番人気のエビはことに美味しかったです。

 

1FE09BB1-746E-4768-9D7C-B63792D2FD6Dお話を聞いていくうちに、このシェフはピザなどのイタリアンを、奥様は台湾の方で台湾料理、二つが合わさったレストランということがわかりました。シェフは雑貨店もかつてされていたということで、珍しい調度品にあふれており、ログハウスの外には洋風ミニ盆栽の栽培がたくさんあり、それらこれらが独特な雰囲気を醸し出していると納得しました。

家に帰ってホームページを改めて見てみたら、おじさんが話されてたことは全部書いてあり、お料理の写真なども全くそのとおりでした。年齢がいってるからか、もうすぐやめるよといわれてたのが、若干気になりました。個性あふれるお店なのでもう少し頑張ってほしいですが、再び行くかどうかは…?

B90F03E0-BA47-4325-B191-456A435FCAE2
お土産にいただいた沖縄スズメウリ