新年を迎えて

今年もありがたいことに、穏やかな快晴の元日を過ごし、二日の日には9人の集いを賑やかに行うことが出来ました。

1年の計は元旦にあり。この言葉は苦手ですが、

何となく年が明けてから始めてることが、在宅日のウオーキングです。大体お昼前に家を出発して1時間で戻ります。同じコースを歩かないことが私の決め事。

1日目は川岸を大きく一周。2日目は川岸より1つ南の道を歩いて川に出てから反対方向に一周という具合に。同じ道も進行方向が違うと趣が変わるのが面白いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次は家計簿の集計。3年前よりクラウドの家計簿Kakei+を使っているので、集計は早くなりました。今年の予算を考えますが、物価高のおり厳しいものがあります。

購入候補としてだいぶ前から考えているのがマイ自転車です。新しくした方がと思い始めてから随分たちます。2年位前にタイヤ交換しているので、もう少しと思いつつ・・・

昨年の10月ころでしょうか、パンクしたので修理に持って行ったところ、その時にお店の人が、「タイヤの空気を毎回入れてください。空気が少ないとチューブとタイヤがこすれてパンクしやすくなります」と言われました。それ以後毎回乗るときにタイヤの空気をチェックするのですが、驚いたことにそれから何度チェックしてもタイヤパンパンなのです。こんなことは、今までなかったので、そのお店のメンテナンスがとても気に入りました。自転車買うならこの店でと思っています。

電動アシストも手の届く価格になってきていますが、平らな環境には不要かな?変速機能も今の内装三弾切り替え、使ったことなかったのでこれも不要。ほしいのはオートライトだけです。気に入りの色と形の自転車を買いたいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

在宅日、冬の手仕事の季節が始まりました。早速在庫整理にとりかかっています。

昨年、気に入って全種類購入したペーパークラフトバンドの篭。3個手つかずで年を越しましたが、1日1個のペースで3日で3個完成しました。

右の小さなトランクは、初めに買ったものの中にありましたが、難しそうで今回も一番最後に作りました。青い四角の篭、緑の丸い篭を先に作ったのは正解でした。貼り付け作業や、3本ねじり編みなどがこのミニトランク作りに使われていましたので。

それにしても、6Mのペーパークラフトバンドでこんなにも様々な篭を考案して、作り方に収めていることに拍手したいです。どれも、必要な長さにカットするのがひと作業ですが、正確に計算されていてその考案料が100円を超えていると感じました。

柚木ジャム作り

今年は柚子を何回かいただく機会がありました。

柚子はいただいても香りに使うだけなら少しで足ります。1回目に10個いただいたときには柚子茶の仕込みを教えてもらい仕込みました。2回目は同じく10個で、ジャムを作りました。

この時のジャムが、とても私好みで、それがもうすぐなくなりそうになっていましたが、今回また柚子10個がいただけることになり、勇んで作りました。

その作り方は確かネットで検索した作り方!書き留めていなかったので、再度見つかるか心配しながら調べたところ、ありました。そして納得!

その作り方は、「ていねいに作る基本のゆずジャム」だったのです。

今回作った分量は、柚子が10個、きび砂糖160g、水110mlです。

作り方

1.柚子を洗って薄く皮をそぎ、細く千切り。

2.千切りした柚子をたっぷりの水で3回茹でこぼします。

3.実の方は絞って種と汁とに分けます。種は20粒くらいをお茶袋のようなものに入れて一緒に煮て取り出します。

4.鍋に2と3の汁と種と水を加え、初めは強火で、沸騰したら中火以下で15分~17分くらい煮詰めて出来上がりです。

そのお味は、柚子の皮の細かな歯ごたえ、柑橘系の酸味とほろ苦さが絶妙です

師走ー久しぶりの同窓会

2022年の年も残すところ、あと半月となりました。

コロナ禍の3年目。冬はもともと風邪の季節、今は風邪といえばコロナが筆頭。オミクロン株になってからは感染を経験する人が急増するもほとんどが軽症で、1週間程度で治ることから、警戒しつつも今年になってからはいろんなものが再開し始め、この年末も以前ほどまでには行かないまでも、あちこち賑わいを取り戻しているようです。

私も、インフルエンザの予防接種は10月半ばに、コロナワクチン5回目接種は11月下旬に済ませました。とは言え、人の集まるところや飲食はまだまだ心配ーそんな複雑な心境の中、昨日は久しぶりの同窓懇親会に出かけました。

部活同期関東組の集まりで、対象者は10人位いると思いますが、呼びかけに応じたのは5人で、東京駅八重洲口からほど近い中華料理店に集まりました。この集まり前回は、2007年2月、今から15,6年前に30年ぶりに会って以来です。

その間、神戸での全体の集まりやコロナ禍になるまでは、男子のみでは毎年やっていたりで、同窓会出席率のいい人にとっては4,5年ぶりと感じるのかもしれません。集まった5人のうち1人は関西からはるばる参加されましたが、後の人たち皆、15,6年前集まったことの記憶のない人たちばかりで、話すうちに徐々に思い出してくれた人もいましたが。

私の場合、今回に限らず、お出かけなどは基本ブログに書き残す場合が多いので、記憶に定着したのかもしれないと思い、ブログの価値を再認識しました。

参加した人たちは総じてコロナ禍でもあちこち動いている人々で、一昨日関西から戻った人、翌日から旅行の人、青春18きっぷで旅行を楽しむ人など、リタイアした後の暮らしを満喫していることが伺えました。短い時間でもあったので、もう一人の彼女とはまたゆっくり女子会しよう!と約束。ゆっくり語り合える日が楽しみです。

ちなみに、JRでのお出かけは久しぶりで最寄り駅も新鮮。お出かけついでに途中下車、大船で用事、そして東京駅も久しぶりでした。八重洲大丸1階お菓子売り場、ニューヨークシティーサンドに長い行列、鎌倉紅谷に短い行列が出来ていました。

そして Instagram

このブログを始めたきっかけは、夫が単身赴任をし始めたころです。ちょうどブログが流行り出したころで、非公開日記にすれば夫とのコミュニケーションにもなるかな?と思い軽い気持ちで、MSNのブログを始めました。無料で簡単に始められるようになっていたのでこれならと。2005年ごろです。

しかしその思惑は成就せず早々にやめて公開匿名ブログに切り替え今の「小さな日記」がスタートしました。その5年後くらいには、MSNがサービス終了してWordpressに移行したり、2009年に短いつぶやきはTwitterに!と連動させたりもしました。そこから後は月日の経つのが驚くほど早く、気づけばブログは18年目を迎えています。

今から10年くらい前には画像写真がメインのInstagramが出来たのは知っていましたが、これ以上SNSを増やすのは…と思っていましたが、あるきっかけがありInstagramを始めることにしたのは2カ月前です。

始める前は、Twitterは言葉がメインで画像も入るけど、Instagramはその反対で画像がメインで言葉が入れられるという理解でした。それに違いはありませんが、始めてみるとblog、Twitterより新しいツールだからか、とても反応が良く人と人がつながりやすいという印象です。

画像1枚から始められ、構造はシンプルなのにいやシンプルだからか、Instagramには割と気軽に投稿しています。ただシンプルなのではなく、動画を入れたり色々上級機能もあり、画像も1回に何枚も挙げられるのがいいです。そして文章の方も字数制限もなく入れられ、でも1回に1枚だけの表紙となり、スッキリ画像の並んだトップ、いいね!やコメントが入れやすいのもいいと思います。また#ハッシュタグで検索できるのも面白いです。

というわけで、今までも不活発なblogなのであまり目立ちませんが、この頃Instagram活発の状況にあります。

ある秋の土日

今年最後の夏日になるかもしれませんと予報のあったこの土日、昨日は午前中曇りのこともあり気温上がりきらず、今日は晴れて暑くなりました。朝晩は毛糸の羽織物、暖房を予約して就寝と寒暖差激しい日々です。

昨日今日とは、珍しく予定続きで、老体には少々疲れました。昨日は午前午後と予定があり、午後は花菜ガーデンに出向きました。ハロウィン前の土曜日でいつもよりにぎわっていて秋バラも楽しめました。ひと通り回った後は、今日の目的の、サポーター講習会に参加しました。

これは、サポーターの特典的な講習で、竹のスプーン作りを教えていただきました。1時間半の講習で、真竹から滑らかな手触りのスプーンが出来上がりました。要所要所は達人が全部やってくださった感じですが、手作りのぬくもりのあるものが出来上がり喜んでいます。

そして、今日は日曜日にも関わらず地域の避難訓練で、朝8時半に近くの公園に集合して小学校へ避難することやら、体育館で色々講習があり、12時ごろにようやく解放されました。毎年組長に当たった人が体験する行事で、過去に参加した時には、消火訓練、起震車体験、非常食試食などがありましたが、今回は、手作りの防災グッズの作り方とロープの結び方の講習がありました。

折角聞いてもすぐに忘れてしまいそうなので、少し記録しておこうと思います。

手作りグッズはいくつかあり、1,段ボールで作る簡易トイレーsサイズの段ボールの中にペットボトル6本が入る大きさの段ボールを入れ作ります。使う時はビニール袋2枚と猫の砂を使うやり方でした。2,防護服ー90リットルのビニール袋2枚用意し、1つは頭と腕が出るように切り取り、袖と裾を足す作り方。3,ズボンとネクタイとスカーフでリュックを作るー結んでつなぐので、使ったあとに元に戻せば全部使える。4,マスク入れーA4のファイルを加工して作ります。様々な作品を見せてもらいましたが、家に帰って私も作ってみました。A4ファイルで2つのマスク入れが出来ました。

この後に、ロープの結び方指導。

本結びーほどけにくい結び方です。 

もやい結びーほどけにくいわっかが作れます。

重いものを引っ張るときの結び方

ひもとロープの結び方は、以前本を購入しましたが、読む気が起らず避難カバンにしまっていました。今回それを取り出して新たに紐の結び方に興味がわいているところです。

開かない引き戸

ここ数日で、めっきり寒くなりました。ことに一昨日は風雨で寒い日でした。

外は風雨でも安心の室内・・・のはずですが、そんな家の中でもとんでもない事態というのが、時には起こります。一昨日の夜のように。

我が家は、築40年に近い家。14年前に1階をリフォームしたので、とりあえず不自由なく暮らしています。しかし、そのリフォームの際に、今の新築住宅に付いている浴室の暖房、乾燥の設備をとりつけなかったので冬は寒い場所となります。めっきり寒くなった一昨日は、冬支度開始で小型ファンヒーターを取り出し設置しました。

でもこの日はバスタブにお湯をはるつもりはなかったので、お風呂の蓋2枚は洗面所に置きました。中に入れていると、無駄に濡れるからです。

さて、玄関横に洗面所に入る引き戸があり、洗面所から浴室に入るという構造で、いつもはこの引き戸は開けています。お風呂に入るときには閉めますが。 でもこの日は、ファンヒーターをつけ暖めのため引き戸を閉めていました。

いつもより遅い時間になってしまったので、急いで入らなくてはと引き戸を開けようとしたところ、つっかえて開かないではありませんか!何と、立てかけてあった風呂の蓋2枚が引き戸を外から閉めた時に引き戸の溝にはまり込み突っかかった状態になってしまったのです。

人がいない鍵のかかった完全密室状態になってしまったのです。引き戸は分厚く重い木で、浮き上がらせて外すことは出来ません。左10㎝くらいまで開けられるのと、後は壁と引き戸の隙間が3ミリくらいあるのが、外から働きかけられるところ。 

初めは動転していて、電気を消してみたり、手を伸ばして左端においてあるファンヒーターのスイッチを切ってみたりと関係ないことをしましたが、その後、3ミリの隙間に50㎝物差しを突っ込んで、何とか突っかかっている2枚のパネルの位置をずらせないかを試みました。

何回かやっていると、パネルの位置などもつかむことが出来てきましたが、物差しではまり込んだ2枚を動かすことは難しそうで半ばだめだと感じましたが、あきらめの悪い私は、奇跡のような移動を想定しながら試み続けたところ、パネルが、重そうに見えたけど割と軽かったからか奇跡が起きたのか、動いてくれた瞬間をとらえ、開けることが出来ました。

悪夢の始まりから、所要時間は10分くらいでしたが、あきらめずにがんばってよかった!家の中でも、非常事態は突然起こるという教訓を得ました。

ホームベーカリーと家計簿の話

昨年の12月に決心して使うことになったホームベーカリーは、すっかり定着しています。

食パンを買うことがなくなったので、今年に入ってからのパン代は1000円余り、1カ月にして100円と激減しました。ちなみに昨年は月額3200円くらい使ってますので、粉代を差し引いても驚きの結果です。

ちなみに金額についてこんなにすらっと確認できるのは、3年前から家計簿を、クラウドの家計簿であるkakei+にしたからです。

これは、スマホからでもパソコンからでもつけることができ、つけることさえ怠らなければ集計などは一発で正確にされ、過去の訂正なども容易いです。

収支をつけるので、収入がどこに入り、どう移動して使われるのかが考えられているので、さまざまな支払い方法でもつけやすい工夫がされています。これで、家計簿記帳が本当に楽になりました。

パン焼きの方ですが、10日に1度タイマーで予約して朝に焼き上がるように2斤焼きます。それを大体10枚くらいに切り分け、2枚ずつ保存袋に入れて冷凍保存して食べていくわけです。

1回に1枚、夫とで2枚です。この1枚は8枚切り食パンの2枚分はあるかと思う程の量です。

ずっと同じタイプを作り続けてきましたが、昨日は、オレンジピールを入れ込んだものを昼の早焼きで試してみました。早焼きは以前1回失敗したのでどうかと思いましたが、まあそれなりに焼けました。ただ、全体に重い感じですし、オレンジピールが入ったことでのプラス感が少ないので、次回からはまた普通の食パンを焼くことになるでしょう。

マイナンバーカード

9月も下旬となりました。半ばからシルバーウイークにかけては、台風が2度にわたり日本列島を狙いましたが、ようやく昨日からは秋らしい日差しが戻ってきました。

変わらぬ日々の中、初体験が1つと、しばし夢中になったことが1つと、今日のマイナンバーカードの一件が記憶にとどめる出来事でしょうか!

先日テレビのニュースで、「マイナンバーカードのマイナポイント第2弾の締め切りが、9月末から、12月末までに延長されました」というのがあって、市役所に行かなくてはと思い出しました。

マイナンバーカードを作ったのは、マイナポイント第1弾の2年前でしたから、その後の作りましょうのキャンペーンはもう関係ないものでしたが、第2弾は初めて作る人は最大2万ポイント、持ってる人も1万5千ポイントが付くというので、だいぶん前に関心を持ち、マイナポイントにログインしようとしたのですが、暗証番号4桁を3回間違えてロックがかかってしまっていたのでした。

市役所

面倒な気持ちからもういいやと思っていましたが、先のニュースと良い天気に後押しされて、そうだ市役所、行こう!となりました。

そして、無事マイナポイントいただけたわけですが、実はこの件詳細忘れていて、順番待ちの時に色々わかりました。私の場合、先ず暗証番号再設定に行かなければならなく(場所が違う)、今回ポイントがもらえるのは、健康保険証に紐づけで7500ポイント、公金受取口座の紐づけで7500ポイントが付くことなどを理解しました。

公金受取はいつも主人の口座なので、今回は保険証紐づけだけをして7500ポイントをWAONポイントにいただく申し込みをしました。3日後には入るということです。

健康保険証紐づけは、先日近所の医院で健診で胃カメラをやってもらったときに、その窓口にマイナンバーカードから保険証情報を読み取る機械が置いてあって、これもマイナンバーカードに気持ちを持って行くきっかけとなったと思います。便利になることはいいことですから。

花菜ガーデンサポーター活動

今日は久しぶりに、花菜ガーデンの活動に出かけました。8月に比べれば、暑さも少し和らいで、北からの風が心地よく感じられました。

午後からの園芸活動で、リコリスなどの花柄つみとチャペックハウスの除草です。20人が定員ですが、3人の参加。

もう1人の女性の方は、今年からサポーターの人で、私の花菜ガーデンのキャップを珍しそうに見て尋ねられました。そう、これは開園初年度と次の年の人ぐらいしか持っていないもので、レアなのです。それ以降は帽子は自由となりましたから。

開園は2010年で、その年からのサポーター。毎年更新。今年で12年目。よく続いています。年6回以上の参加を義務づけられていますが、それを少し超えるペースで細く長く続けています。

何が良いかって、色々な植物と色々な季節に出会えるところです。自由に見に来ればいいかもしれませんが、それでは全く来なくなりそうですし、何か目的が無ければ関係は薄く、同じ景色も違って見えてくるかも知れません。

ハロウィン準備の畑

活動のあと、今日はお土産がありました。収穫の秋で、農作業の収穫から自由に持ち帰らせていただけました。オクラとナスと赤ピーマンー何れも売られているものとは少し違う風変わりなもの。楽しみにいただきたいと思います。

今花菜ガーデンの周囲は、「実れる田の面は見渡す限り♪」という景色が広がっています。

感謝の秋を感じました。

お祝い袋の製作

今年の夏休み、長引くコロナ禍で世代間訪問交流はお決まりのことではなくなりましたが、長女、次女それぞれささやかな交流が出来ました。

次女一家は、1歳のYKちゃんを連れて訪問してくれて、楽しいひと時が過ごせました。この年齢の成長はめざましく、出来るようになったことを賞賛しまくっています。だからなのか、YKちゃん、パチパチとおじぎも上手。

長女の方の孫は、小学生2人のこともあり、ここは慎重にと予定はありませんでしたが、小1の子の7歳の七五三を前に、家族でスタジオ写真計画をしたとのこと。その前撮りがあり、持ち物の関係で一瞬、うちに立ち寄ると前日の夕方に知らせがありました。

そこで浮かんだのが、七五三のお祝。11月に渡すつもりでしたが、前撮りの今渡すのも悪くないなと思い立ちました。が、問題はお祝い袋です。・・・在庫はありません。中身が主だから普通の封筒で?それは、選択外。

そこで、思いついたのが家にあるもので作る、もし上手くできなかったら今回渡すのはやめるというもの。今の時代、ネットで検索すれば色々出てきます。家にあるもので作れて、私でも作れるものを探し、何とか完成にこぎ着け、翌日無事渡すことが出来ました。あり合わせなので、配色といい会心の策ではありませんが、俄か製作にしては使えるものになったといううれしさはあります。第三者の反応として、まず夫に、そしてたまたまこの時間帯にメールのやりとりをしていた友人にも見てもらい使用に踏み切りました。

*その友人からの要望もあり、作り方を紹介します。

1,折り紙を4枚用意(柄2枚、無地2枚)し、上下を細い両面テープで其々つなぎ、左右も縦1本でつなぐ。

2,上3㎝、下4㎝をカット。次に左10㎝、右8.5㎝に縦に山折りして折り線をつける。

3,上1.5㎝、下2㎝を山折りし、折り目を付け、真ん中を↓のようにカットする。

4,折り目を折って、ひっくり返して裏返したのが前面になり、大きく糊付けする。封筒の形になるので、上下のふたも糊付けして仕上げる。

5,封筒の形が仕上がったら、細いリボンを2本用意(24㎝、37㎝)。短いリボンを封筒の後ろから真ん中の継ぎ目が隠れるように前に持ってきて重なりを両面テープで止め、つなぎ目の上に長いリボンで作った蝶結びのリボンを両面テープで取り付ける。

6,最後に真ん中の文字を書く白紙、3㎝幅、19.2㎝を用意する。上部を両面テープで貼り付け仕上げる。