私の育った所

大阪から戻って、早10日ほど過ぎましたが、今回の大阪行きでは、懐かしい場所を歩くことができました。こちらに戻る前の日、母のところへ追加のものを届けた帰りのことです。

母の今度のホームは、近鉄南大阪線の矢田駅にほど近い場所にあります。実家マンションからは、一度天王寺に出てからこの線に乗り換え5つ目の駅となります。天王寺駅から南東の地域は、私が高校1年まで住んでいた懐かしい地域。そこで、帰り道近鉄阿部野橋(天王寺駅と同じ)の1つ手前の河堀口駅で降りて、天王寺駅まで歩くことを思いつきました。

4C6DC2D3-1D44-44DD-9F87-EBCE16D2C23D河堀口駅を降りてすぐ、母校の中学があります。何十年も見ていないので周辺の建物から校舎に至るまで珍しいものでしたが、正門の位置と校舎の配置、渡り廊下は同じでしたので、その辺りが懐かしく思いました。道を挟んで向かいが、母校の高校です。この間の道はこんなに狭かったのかと認識を新たにしました。

AD27AEC6-FF52-4E5C-8699-667CBB07F3FC

高校は、私が卒業した後、古い校舎の建て替えが行われ、運動場の方に校舎を建設し、元校舎のところは運動場となり、正門も場所が変わったので、私が通った頃の面影はありません。そして建て替わった校舎がすでに古くなっている感じですが、その横の道から校舎裏を眺めながら歩くと、微かに高校時代の思いがわいてきました。

AFC2EDF5-5734-4777-824B-1BD55537434Eこの横の道を進むと次に見える公園は、私の母校の小学校の分校跡に出来たものです。分校は当時、2年生と5年生が通う場所で南北に広がった敷地でした。この道の右手(北側)は広い運動場になっていて、運動会は本校校庭より広いのでこちらでやっていました。当時1学年10クラスのマンモス校の本校は、この分校の坂を下りて大きな道路の向こう側にあります。当時地下鉄道路と呼んでいましたが、今もこの道路の下に地下鉄御堂筋線が走っていると思います。

C6D9A7F5-51B8-4882-888A-23AD3EA64FD3

昔もそうだったのか、坂を下りたところに信号はないので、歩道橋のところまで行って渡りました。歩道橋を下りたらすぐ、母校の小学校が、本校であった場所に現れました。午後4時過ぎちょうど下校の時間なのでしょう。一斉に子どもたちが下校する所に遭遇しました。その子供たちの姿が何ということでしょう。まるで私学のよう!帽子はグレーだし。私たちの頃も標準服というのがあり、式の日には着ていたので、その延長かもしれません。

この辺りからは住んでいた場所にも近く、懐かしさひとしおの場所に差し掛かりました。ちなみに、私が生まれた、小学校隣接の至誠会病院の敷地も、小学校の別館となっていました。

小学校の隣には私が通った幼稚園があり、その向かいに小学校の図書館がありますが、半世紀超、過ぎてその2つは昔とほぼ変わらない姿で感激しました。そこからまた戻って、小学校横の常盤公園を横目に天王寺駅方面に進みました。この公園も、半分は今の分校の校舎が立っていますが、私が小学校の頃は倍の広さの公園でした。

58FA18B6-A586-48A7-91D3-7D1D692B0530

92EE7098-090D-482D-AD92-EF0204B2825Eさらに進み、駅まで5分の至近距離にあった昔の住まいは今はありませんが、周辺植物にその面影が忍ばれました。また、美容院と医院の2つが昔と同じ姿で残っていました。

とても狭い地域の中で、幼、小、中、高と過ごし、長いと思うその期間は15年、大人になってからの密度の違いを改めて感じました。一度離れると、再び来る機会はあまりないので今回の寄り道はきっと記憶に残る1ページになるでしょう。

3か月ぶりに母のところへ

0F2C8963-8432-4786-B66C-19CAC88720EC新型コロナウイルスの感染拡大防止のための、自粛、そして緊急事態宣言で、日本中がステイホームとなっていた間、ちょうど母は骨折治療が原因で悪化した足の傷のため入院していました。

心配していた足の褥瘡は、入院1ヵ月半くらいの頃でもまだ治るめどが立っていませんでしたが、皮膚に良いサプリメント的お薬を飲み始めてから、メキメキよくなってきて5月の初めにはリハビリ病棟に移ることができました。リハビリ病棟には最長60日しかいられないということなので、色々準備して先日24日に退院することができました。

母の入院中、4月からは面会ができなくなったり、世の中の大変な時期と重なりましたが、病院にいてくれることでかえって安心していられました。入院中も毎晩の電話はできていましたので。しかし、その電話は以前は20分は話す感じでしたが、病院の場合4人部屋ということもあり、5分くらいの短い電話が常態となり、話す内容も変化のないもので、ある時看護師さんとたまたま1回話した時には、認知症が進んでいますといわれる状況でした。

こういう状況も考慮して、退院先は、元のホームに戻るのではなく、より介護をしてもらえるところを探して、新しいホームに入所することになりました。

前のところに比べて、規模の大きい施設で、居室は以前よりも狭いものになりましたが、入所した日の印象は、スタッフの皆さんがしっかり、きっちりされているようで安心感がありました。病院の4人部屋になじんでいたので、ホームの個室に、戸惑いを隠せない母でしたが、ミニ冷蔵庫、チェスト、テレビを設置して部屋が整って来るに連れ、和んでくれたのでホッとしました。

入居の日は特別に家族の者が入れましたが、6月中はまだ面会ができない体制のようで、不足のものを翌日ホームの入り口まで届けました。

大きな変化は毎日の電話です。話す内容が、徐々にしっかりとしてきています。こちらから差し入れしたものの確認をしたりして、海馬は弱っているかもしれないけれど、まだまだ思考力は十分あると感じられるのがうれしいことです。

消えた枇杷の実

今日は、ようやく梅雨らしいお天気の1日になりました。

6月に入り、例年通りうちの庭は、ドクダミの白い花が、土のあるところを一面に埋め尽くして咲いています。ちょっと侵入しすぎたドクダミを一叢引き抜いて、その一部を室内に飾ったりしました。

51176E06-A23A-4974-B565-AE10A4BE1DFA 6400F270-205F-425B-B8AC-BBD7BCB0A466

悲しいことは、やはりクチナシは枯れてしまっていました。本来ならこの季節に白い花を毎日咲かせてくれていたのですが。とりあえず、引き抜かず残しています。

F5DB95D5-E188-433D-B9C1-16B0417B2316一昨年ダメージを受けていた枇杷は、今年は葉も茂り、その中のいくつかにしっかりと実を付けてくれました。10日ほど前に、試しに4個収穫し、芳醇な甘さを味わいました。そして、残りの本命の実たちをそろそろ収穫しなければと思うこの頃でしたが、何ということでしょう!今朝起きたら、その実がごっそり無くなっていたのです。正確には1つだけ残っていましたが。

下の地面には落ちていません。これは一体?、とその事実に想像は膨らむばかりですが、たわわになった実の画像を見直して、価値のあるものに育ったから持って行かれたのねと、残念だけれどあきらめました。

86FAD00B-0A16-45EB-8FC0-B68F65D7BF92

そのとなりのガクアジサイは雨の中で十分に咲いています。

********

世の中は動き出し、私も動き出しました。先日は東京に、近場のスポーツも再開しています。道中、梅雨の花々が楽しませてくれました。

電気使用量のお知らせ

緊急事態宣言が解除されて1週間が過ぎました。気持ちは幾分外に向かっていますが、警戒は緩められないので、やはりステイホームの時間は未だ多い状況です。

家にいて時間がたっぷりあるので、さすがに5月の家計簿記帳は滞ることなく付けられ、集計も順調に進みましたが、光熱費の欄がうまりません。いつもなら、月の終わりあたりに郵便受けに「電気ご使用量のお知らせ」という紙が入っていてそれを書き写すのですが。それが待てど暮らせど入って来ません。そこで、5年位前に登録した「でんき家計簿」というウエブページのマイページにもアクセスしてみましたところ、先月の4月までは記載があるのにやはり5月は無し。しかも、お客様情報のところを見ると、契約状況が変わったから・・・みたいなことが書かれていて???

煮詰まったので、お問い合わせのカスタマーセンターに電話しました。コロナの影響で混雑、お急ぎでない場合はご遠慮ください・・・のアナウンスにもめげず待つこと5分(割と早い)で、コールセンターにつながりました。

事情を話すと、親切に応えてくださり疑問は無事解消しました。

電力自由化によって、色々参入してきたあとに、東電も2つに分けたということでした。そして、我が家はその新しく設立した方に組み込まれたことによって、従来のシステムから外れてしまったようでした。電化上手や深夜電力などを利用していると、新しい方に組み込まれるらしい・・・

88BD7AE0-B9A2-4C83-96BA-9E2C98383BD7「でんき家計簿」からは外れ、新たに「くらしテプコ」というウエブサイトで月々の料金を確認できることになっていました。ここに登録する、IDとパスワードがすでに送られているはずですと言われ、探してみたら出てきて無事新たな確認ページにたどり着けました。

紙でのお知らせを希望すると有料ということです。

ウエブを利用することが今加速して来ています。コロナでステイホームの状況では確かに、色々便利に使われたので、この進歩はありがたいものですが、不注意に暮らしていると、世の中に取り残されるー!と危機感を持ちました。

我が家の備え

全国に出ていた緊急事態宣言延長は、1週間を経て8都道府県以外解除となりました。日々の新規感染者の報告も目に見えて減ってきたのがわかり、世の中が少しずつ動き出している気配を感じます。

そして今日で延長2週間目となり、関西圏が解除できる状況となりましたが、ここ神奈川は昨日の時点でまだ二桁の新規感染者がいる状況で、解除にはもう少し時間がかかりそうです。

長期戦となるウイルスとの戦い、自粛生活から新しい生活様式を身につけた上での活動に向けて、なくてはならない備えともいうべきものが最近色々手に入りました。

今日は寒い日ですが、昨日は日差しがあったので、市で無料配布している次亜塩素酸水500mlをいただきに出かけました。そのついでに2か月ぶりかで駅方面まで自転車を走らせ、通帳の記帳、100均の入っている、スーパーに立ち寄りました。

634917EB-9B8F-4C4B-A179-064505CC0B3Cマスクがどこにも売っていない状況で作った布マスクですが、メンテナンスは若干大変。色々な場合を考えると、使い捨てマスクもやはり備えなくてはということになりました。まず夫がネットで注文、今日届きました。50枚入り1,280円のマスク。それと、昨日100均で珍しく見つけたマスク3枚入り110円をゲット。

除菌ジェルについては、これも夫がネットで1か月前に注文したものが先日届きました。こちらは手の消毒。次亜塩素酸水は衣類や物の消毒に使います。遮光して1か月のうちに使いきらなくてはなりません。これらを小分けしたりして持ち歩き、除菌に気を配りながらの活動がもうすぐ始まります。

 

ブドウの気持ち

5月になりましたが、緊急事態宣言はさらに今月末までに延長されました。日々伝えられる感染者数は減ってきましたが、東京はまだまだ二桁を下ることはありません。

ステイホームの自粛生活は、だんだん慣れて来ています。他国のように全く出られないわけではなく、3密を避けての外出は可能というゆとりもあるからと思いますが。

庭木に目を向ければ、植物の成長は著しく、モッコウバラは4月半ばごろに、いち早く咲き今はもう咲き終わってしまいました。枇杷の木は一昨年頃に元気がありませんでしたが、今年は順調に回復し元気。アジサイは今年も沢山蕾をつけ始め大きく葉を拡大しようとしています。

A78A5B65-C3A7-40B0-ABC7-CAABF1231695

さて、昨年初めて芳醇な実を付けたブドウの木ですが、新芽を出して順調に枝葉を伸ばしていたある日、一部の枝の葉っぱが、水が足りない時のように萎れているのが見つかりました。驚いてネットなどで調べ、虫にやられているかもしれないと判断して、枝を2箇所切りました。切った枝からは、見る限り虫が入った様子はありませんでしたが、切り口に紙の絆創膏を貼って様子を見ることにしました。

その後ブドウは、その他の枝葉を大きくして順調に成長しています。将来房になりそうなものも10個ぐらい現れて来て、ひとまずはほっとしています。

でも何故あのように急に一部だけ萎れてきたのか?・・・ふと思いました。これは、ブドウの戦略だったのかもしれないと。萎れて切った部分は、他の植物と接触して将来性の乏しいゾーンでした。1つ下の枝がすでにそちらに伸びていることを考えると、切った今はなかなかバランスが良くなりました。

多分、枝を切って、ブドウの思惑通りとなりました。

このようにブドウとは友好的にやっていますが、今1つ心配なのが、隣のクチナシ。6月に白い花を毎年咲かせて楽しませてくれていましたが、昨年ブドウの拡大とともに半分くらいが切られました。そのせいなのか、昨年の冬の実は小さく貧弱でした。きっと、ショックだったのかもしれません。現在新しい葉っぱがほとんど見られず、というか何だか枯れてきているみたいなのです。気づいてあげられずごめんなさいというしかありません。

うちの庭、あとはドクダミの絨毯ができつつあるところです。昨日は梅雨のような匂いがし、今日は夏の日差しが照りつけた、5月の風景です。

*10日後(5月21日のぶどうの木)

 

緊急事態宣言が出た4月

4月に入ってすぐの頃は、外出自粛していたものの家暮らしへの取り組みはまだ序の口だったことが、その後の展開で思わされました。

日本ではいかなる理由であっても強制措置は取れないから、緊急事態宣言が出ても何が違うかと言われたりもしていましたが、その言葉の重みが多くの人の行動をさらに変化させています。それには生活に必要な業種以外は、すべて休業要請し、大きな公園の駐車場なども閉鎖していることも大きいと思います。

緊急事態宣言が出た日は、スーパームーンが見られた4/7で、印象深い日となりました。

 

家籠りの日が始まったからと言って、昔の女の最後尾の位置にいる私はすなわち高齢者の最後尾でもあるので、体力を持て余すこともなく返って無理をしない平穏な日々となっています。

たとえば先週を、「一週間」の歌風に振り返ると、

月曜日にマスクを縫って、火曜日は郵便配送 テュラテュラテュラ ~ ♪         水曜日はお店に行って、ハチミツ、卵買って来た テュラテュラテュラ ~ ♪        木曜日はカステラ焼いて、金曜日はYouTube体操 テュラテュラテュラ ~ ♪      土曜日はグループライン、日曜日はlineゲームばかり テュラテュラテュラ ~ ♪      友だちよこれが私の1週間の仕事です テュラテュラテュラ ~ ♪

という具合。

 

今まで経験したことのない今回の事態、忙しい世の中、止めることのなく進む世の中が、今回のウイルスによって全世界的に1つのことでストップしていることを印象深く思っていいましたが、先日グループラインのメンバーから配信されて来た「コロナウイルスからの人類への手紙」という文章を読んで考えさせられると共に、感じるメッセージを文章に表せる人がいることに感心しています。

宣言が出て3週間目の今日、感染者数がやや減少傾向になって来ました。今回の事態に、今の私が一番できることはステイホームであると悟って家での生活を充実させたいと思います。

 

新年度-花のささやき

新年度が始まり、今日は初めての日曜日です。毎年ならば近場の桜まつりが開催されていたところですが中止で、加えて土日不要不急の外出は自粛となりました。

昨日、食材などを買いに自転車で出かけましたが、帰り道前方川沿いの道の桜が満開に咲いているのが目に入り、いつもは1本手前の道を通って家に戻りますが、この時は誘われるように川沿いの道へ出ました。そこで見た光景は、まさに春爛漫でした。桜まつり会場から100m下流でもともと人通りは少ないところですが、長閑に広がる春の光景です。

左手の方向の富士山は春霞で全く姿はなく、春特有の空気がただよっていました。桜だけでなく、菜の花も満開で素晴らしいコラボ!ハナモモやチューリップなども春を演出する中、「今年の人間はどうしたの?」と言うささやきが聞こえた気がしました。

桜まつりは、毎年第一週の土日となっていますが、桜の開花は年によってバラバラなので、葉桜まつりになったり、翌週満開ということもあって、祭りを楽しむ方ではないにもかかわらず毎年気にしていました。今年はそういう意味では、バッチリ満開だったのに惜しまれます。

うれしいことは、今年も葉っぱばかりのチューリップかと思われていた我が家のチューリップは、前回のアップの翌日に、蕾ならあるけどと言わんばかりに1つ顔を出しました。1つでも咲くならそれを眺めて今年は楽しむわと思っていたら、その後次々と蕾が見え始め、小さい蕾も含めほぼすべて咲いてくれそうです。

 

C70A6A0E-398E-42D9-94BB-2FEBA52DAF78

ほかの植物も、新しい葉っぱを出し始め、昨年から咲きだしたモッコウバラには沢山の蕾がついていてこれからが楽しみです。

花見はもちろんのこと、人の集まる大型施設は軒並み休館となり、それがいつまで続くかわからない日々ではありますが、2か月先の花菜ガーデンの予定を申し込んだだけで微かな希望をつかんだ気分になれました。

家にいることはそれほど苦痛ではないと思っていた身ですが、多くの人とのつながりと生き生きとした自然の営みから力を得て人は生きるものなんだとしみじみ思うこの頃です。

 

 

母の入院の顛末

日本が、いえ今や世界中に広まったウイルスの影響で、お出かけ、集まりが自粛される3月ですが、母の突然の入院の知らせがあり、生活の変化に伴う応援のため、移動に注意しつつ、大阪へ行ってきました。

今回の母の入院は突然の出来事です。病名は、足の褥瘡の治療のため。そもそも、始まりは11月に母が転んだことから始まります。どの程度の転倒かは本人しかわからず、様子からして骨折はしていないものと思われていて、この頃は、湿布薬のみ。1月に母のところへ、行ったときに右足が曲がっていたのが気になり、その後のしらべで骨折がわかりました。

整形外科医院で、応急のギブスをし病院を紹介されたものの、さらに違う病院に回され、その病院では手術しても回復はむつかしいと諭され、2月から自然治癒を促す超音波治療を始めたところでした。この超音波治療は、機器をレンタルし家で1日20分患部にあってる治療です。

これを、ホームに了承してもらって行っていたところに、今回の落とし穴がありました。母の骨折は足首で、下肢を覆うギブスは上半分を切り取り包帯で巻いて固定していましたので、超音波を当てるときはギブスを外し、終わったらかぶせてまた包帯を巻きなおすということを行っていたようです。

毎晩の母との電話で様子を聞いていましたが、5回目が過ぎたころ、足が痛と言っている時がありましたが、次の日は大丈夫と言っており、ギブスが当たっている場所が痛いのがそんなに大事にいたるとは想像できなかったのです。

父が亡くなったあと1人暮らしであった母の後見人としては、現在近くにいる兄が主として受け持っていて、対応に当たっていましたが、兄がホームの人の話から危機感を抱いて病院へ連れて行くまで、1週間が過ぎていました。その間、訪問看護の医者も来ていましたが、大した傷とは感じていなかったようです。

かかりつけの病院に見せたところ、これはひどいといわれ詳しい検査の結果骨髄炎は起こしていなかったのが幸いでした。ドクター曰く、この褥瘡はなかなか治りにくく、骨折してることを考えると切断した方が早く治るといわれたそうです。

この言葉は、なかなか衝撃的なものでした。もちろん、足として機能しなかったとしても、命か足かという事態にならない限り、治療してくださいとお願いして、治すための緊急手術をしてもらい入院となったわけです。

病院へ行った時の母は、事態を正確には把握していなく、私が行った時には案の定明日にでも退院したいようなことを言い始めていました。しかし、簡単には治らないことは実感しているみたいで、退院してしっかりケアーしてもらえるところがあるかの心配をしていました。

母も、2年前の入院のころから認知症が始まっていると感じられるようになっていますが、印象としては脳を働かせる領域が徐々に減ってきているというのが実感です。徐々に衰える頭と体を少しでも活用させて日々を送るのが、年老いての暮らしなのだと感じます。

現在、入院から10日ほど過ぎ、治ってきているものと思っていますが、年をとってからの病気は色々な意味でハンディがあります。母は入院することになる前の晩の電話でも、大したことないと言っていました。年をとると、痛みにも鈍感になる・・・のかもしれませんが、もともと物事を楽観的にとらえる人であることを考えると、徐々に狭まっていく生活の中で、小さな楽しみを見つけ希望を持って暮らしてほしいと思います。

 

金のなる木に花が!

********************

関東に戻り、春を迎える楽しみの、我が家のチューリップ…ですが、何ということでしょう!覗いてみたら、葉っぱばっかりなんですよね。肥料の加減?

実は、昨年もそうだったのですが、いつもと違う店の球根だったからと思っていたのですが、原因はこちらにあったのですね。今から何か手を打つことはできるかしら?

 

花粉とウイルスの春

3月はもう春です。ピカピカの春は、変化の季節でもあるので大人になるまでは落ち着かない季節でした。年を重ねるにつれ、植物をはじめ自然の細かな変化に目が向くようになると、春の素晴らしさが感じられるようになってきたと同時くらいに、花粉にも反応するようになり、今年はそれに加えて新型のウイルスにも悩まされる現実がやってこようとは・・・・・

4BE92C81-14D6-4A9D-AF7E-554CB3653F89小中高の一斉休校の要請に呼応して、人の集まる行事やイベントや教室などが次々取りやめになり、コロナ関連のニュースでは感染した人の様子を詳しく伝える報道から、最近では各地の人数報告になりつつあります。ちなみに、今日の午前10時の感染者数は前日から53人増ということです。

私もこの1週間は、買い物以外は家で過ごしました。家事の他は手仕事とビデオ視聴。娘から頼まれた、孫の幼稚園のお弁当袋グッズのスペア、2セットを完成させました。あとは、刺し子布巾の下絵を描くこと。

1DED8BA7-D3D3-4601-A12E-C734D4B35D7Cそれと、この時期に相応しいアイテムであるマスクを、家に余ったガーゼの生地で作りました。マスクはごく品薄ということで、ネット検索でいくつか作り方を検討。型紙も紹介されているもので作ってみました。

さらに、キッチンペーパーから作る簡単マスクも色々ある中から一番気に入ったものを作ってみました。

3DD58C4E-E3A5-4829-9708-3AB572D7A311

どちらも中々使えるものができたので、マスク在庫あと半分くらいですが、もう買わなくていいかなという気分になっています。ちなみに、マスクに使えそうなゴムはほとんど売り切れ状態で、黒ならまだあったので黒いゴムになっています。

*********************************

先週は不要不急の用事がない1週間でしたが、今週は外せない予定と急な用事ができて、移動注意の日を過ごすことになります。