はしばみセーラ のすべての投稿

母の入院の顛末

日本が、いえ今や世界中に広まったウイルスの影響で、お出かけ、集まりが自粛される3月ですが、母の突然の入院の知らせがあり、生活の変化に伴う応援のため、移動に注意しつつ、大阪へ行ってきました。

今回の母の入院は突然の出来事です。病名は、足の褥瘡の治療のため。そもそも、始まりは11月に母が転んだことから始まります。どの程度の転倒かは本人しかわからず、様子からして骨折はしていないものと思われていて、この頃は、湿布薬のみ。1月に母のところへ、行ったときに右足が曲がっていたのが気になり、その後のしらべで骨折がわかりました。

整形外科医院で、応急のギブスをし病院を紹介されたものの、さらに違う病院に回され、その病院では手術しても回復はむつかしいと諭され、2月から自然治癒を促す超音波治療を始めたところでした。この超音波治療は、機器をレンタルし家で1日20分患部にあってる治療です。

これを、ホームに了承してもらって行っていたところに、今回の落とし穴がありました。母の骨折は足首で、下肢を覆うギブスは上半分を切り取り包帯で巻いて固定していましたので、超音波を当てるときはギブスを外し、終わったらかぶせてまた包帯を巻きなおすということを行っていたようです。

毎晩の母との電話で様子を聞いていましたが、5回目が過ぎたころ、足が痛と言っている時がありましたが、次の日は大丈夫と言っており、ギブスが当たっている場所が痛いのがそんなに大事にいたるとは想像できなかったのです。

父が亡くなったあと1人暮らしであった母の後見人としては、現在近くにいる兄が主として受け持っていて、対応に当たっていましたが、兄がホームの人の話から危機感を抱いて病院へ連れて行くまで、1週間が過ぎていました。その間、訪問看護の医者も来ていましたが、大した傷とは感じていなかったようです。

かかりつけの病院に見せたところ、これはひどいといわれ詳しい検査の結果骨髄炎は起こしていなかったのが幸いでした。ドクター曰く、この褥瘡はなかなか治りにくく、骨折してることを考えると切断した方が早く治るといわれたそうです。

この言葉は、なかなか衝撃的なものでした。もちろん、足として機能しなかったとしても、命か足かという事態にならない限り、治療してくださいとお願いして、治すための緊急手術をしてもらい入院となったわけです。

病院へ行った時の母は、事態を正確には把握していなく、私が行った時には案の定明日にでも退院したいようなことを言い始めていました。しかし、簡単には治らないことは実感しているみたいで、退院してしっかりケアーしてもらえるところがあるかの心配をしていました。

母も、2年前の入院のころから認知症が始まっていると感じられるようになっていますが、印象としては脳を働かせる領域が徐々に減ってきているというのが実感です。徐々に衰える頭と体を少しでも活用させて日々を送るのが、年老いての暮らしなのだと感じます。

現在、入院から10日ほど過ぎ、治ってきているものと思っていますが、年をとってからの病気は色々な意味でハンディがあります。母は入院することになる前の晩の電話でも、大したことないと言っていました。年をとると、痛みにも鈍感になる・・・のかもしれませんが、もともと物事を楽観的にとらえる人であることを考えると、徐々に狭まっていく生活の中で、小さな楽しみを見つけ希望を持って暮らしてほしいと思います。

 

金のなる木に花が!

********************

関東に戻り、春を迎える楽しみの、我が家のチューリップ…ですが、何ということでしょう!覗いてみたら、葉っぱばっかりなんですよね。肥料の加減?

実は、昨年もそうだったのですが、いつもと違う店の球根だったからと思っていたのですが、原因はこちらにあったのですね。今から何か手を打つことはできるかしら?

 

花粉とウイルスの春

3月はもう春です。ピカピカの春は、変化の季節でもあるので大人になるまでは落ち着かない季節でした。年を重ねるにつれ、植物をはじめ自然の細かな変化に目が向くようになると、春の素晴らしさが感じられるようになってきたと同時くらいに、花粉にも反応するようになり、今年はそれに加えて新型のウイルスにも悩まされる現実がやってこようとは・・・・・

4BE92C81-14D6-4A9D-AF7E-554CB3653F89小中高の一斉休校の要請に呼応して、人の集まる行事やイベントや教室などが次々取りやめになり、コロナ関連のニュースでは感染した人の様子を詳しく伝える報道から、最近では各地の人数報告になりつつあります。ちなみに、今日の午前10時の感染者数は前日から53人増ということです。

私もこの1週間は、買い物以外は家で過ごしました。家事の他は手仕事とビデオ視聴。娘から頼まれた、孫の幼稚園のお弁当袋グッズのスペア、2セットを完成させました。あとは、刺し子布巾の下絵を描くこと。

1DED8BA7-D3D3-4601-A12E-C734D4B35D7Cそれと、この時期に相応しいアイテムであるマスクを、家に余ったガーゼの生地で作りました。マスクはごく品薄ということで、ネット検索でいくつか作り方を検討。型紙も紹介されているもので作ってみました。

さらに、キッチンペーパーから作る簡単マスクも色々ある中から一番気に入ったものを作ってみました。

3DD58C4E-E3A5-4829-9708-3AB572D7A311

どちらも中々使えるものができたので、マスク在庫あと半分くらいですが、もう買わなくていいかなという気分になっています。ちなみに、マスクに使えそうなゴムはほとんど売り切れ状態で、黒ならまだあったので黒いゴムになっています。

*********************************

先週は不要不急の用事がない1週間でしたが、今週は外せない予定と急な用事ができて、移動注意の日を過ごすことになります。

続2月後半の風景

花粉、新型ウイルスの脅威に反して、この頃の季節は、日の光が眩しく暖かく、特に朝部屋にに差し込む日差しにの中では、いつも見慣れたものが新鮮に美しく感じられます。そしてその中で、1杯の緑茶をいただくと何だか力が湧いてくる感じがします。

その後、文旦のジャムは予定通り作りました。昨年同様、瓶3個分出来ました。続いて、文旦ピールに、バレンタインの時期に買っておいたチョコでコーティングしました。文旦のほろ苦さとチョコの甘みがうまくマッチして、この季節ならではの味わいです。昨年は文旦の皮がもったいなくて冷凍保存し他の季節に作ろうと思ったりしましたが、結局そのまま1年が過ぎたので、別の季節には余る時間はないのだと悟りました。まあ、その気力がないということです。

不要不急の外出を控える中、4月から始めた健康体操教室には月8回のペースで通っています。自転車で15分のところにありますが、なるべく歩きで30分かけて行くようにしています。

毎日の母との電話で、足が不自由になり不便な日常であることを聞くにつけ、年をとっても二足歩行ができることの大切さを痛感しています。足首を骨折して手術はできないといわれた母でしたが、骨折から3か月目の先日から超音波治療というものをしていただけることになりました。自然治癒を促進させるもののようで、10年くらい前からの新しい治療法のようです。それなりに、よくなってほしいと思っています。

 

 

 

2月後半の風景

今年は、先月下旬からずっとコロナウイルスのニュースが話されない日は無く、しかも日に日にそれは深刻さを増して来ています。敏感な人と鈍感な人、悲観的な人と楽観的な人の温度差はありますが、マスクは早くから品切れ状態になっています。

とそのことに気を取られていましたら、今年は例年より暖かく早くも花粉が飛び始めました。そのことを思い知らされたのが、今週の月曜のこと。この日は晴れて風が割と吹いていました。その中をマスクだけはしていましたが、花粉対策無しで1時間くらい歩いたのがたたり、目と鼻に強い症状が出てしまいました。

以来、あまり外には出ないようにして、出る日は対策(目薬、飲み薬で対処)しています。

室内では、例年より早く、味噌づくりと文旦ピールに取り掛かりました。と言ってもどちらもスローな取り組み。味噌づくりの方は、集まりでもみんなで実習したのがやる気を起こしてくれました。やり方にそれぞれ違いがあり、それがとても参考になり、それを取り入れてやってみようという気持ちが原動力となったのでしょう。その1は、味噌と麹の混ぜ方ー大きなビニール袋で一度に混ぜる その2、塩の蓋の代わりに酒粕を敷き詰める、この2点を取り入れて今回は仕込みました。

文旦ピールの方は、もうすでに4個実を食べましたが、なかなか皮で作るピールに着手せずに皮は冷蔵保存していましたが、かれこれもう10日も過ぎていざ作ろうと思ったら、さすがに劣化が始まっていました。あきらめて新しい2個をむいて、その皮で作り始めています。

この勢いで、文旦ママレードも今夜作りたいと思っていますが、こちらは、チルドに保存の皮と昨年の文旦の冷凍保存を解凍して作ってみようと思います。

いずれも過去の投稿が参考になりました。

文旦ママレード→2019年2月 文旦ピール→2008年2月

 

2月の大阪行き

2月になって、コロナウイルスが騒がれる中、大阪へ予定通り行って来ました。

1月には、1回目大阪から帰ったあと、母の足首の骨折がわかり、病院の診察のためにすぐに2回目行きましたが、結果としては手術しないでギブスのみで様子を見ることになりました。高齢者と医療について考えさせられる体験でした。

今回の滞在5日間は、一段と不自由な日々にもやや慣れて来た母との静かな語らいの時間を過ごしました。1月は母の誕生日に行きましたが、2月は私の誕生日を含む日程で、かろうじて私の誕生日を思い出してくれました。

また今回の日程の全期間、冬晴れで大阪は暖かい日が続きました。母のホームへ最短で行ける川沿いの道はそろそろマンネリ化してきたこともあり、周辺の地理がわかってきたので今度は南の商店街の道などを探索しながら歩きました。17時にホームを出てからの帰り道では、日没と競争のような感じで1時間さ迷うとさすがに焦りましたが、スマホのマップの位置情報を見ながら歩き、新たに色々知る事が出来ました。

南の商店街はその長さで有名のようですが、平日は閑散としていました。シャッターを下ろしているところも多く見られました。古い大きな神社やお寺が所々にあり、戦災を免れた町であることが感じられました。以前あった主婦の店のところにはマンションが建っていました。

しかし、どこを歩いてもかなり遠回りとなり、川沿いの道がいかに最短コースであるかがよくわかりました。

母のホームへ通う以外は、家の補修や母の服の補修を楽しみました。

78040705-7543-4C4F-8ABE-69F6433D8C1E  074F2E21-F6CD-4A4F-AE49-0A1E6838A72C

要注意の新大阪駅に注意し、行きはこだま号、帰りは新大阪始発のひかり号で安全に戻って来ました。中国人旅行客がいなくなっているからか、あちこち空いていました。

母の誕生日

お正月3が日が過ぎるとほどなく母の誕生日が来るので、今回はそれに合わせて大阪に行きました。単身赴任のように大阪で働く兄もお正月は札幌に戻るので、実家マンションは留守宅となります。まず、母宛の年賀状を取り、苺とケーキと飲み物持参で母のところへ行きました。

E7803BE1-599D-4365-B7EC-11EF494DF8DB11月に転んで以来、ベッドから車いすに乗り換え移動する生活になっていましたが、その動作にも慣れ、変化のない暮らしと言いながらも規則正しいタイムスケジュールで暮らす母は、私の訪問を喜んでくれました。しばらくしてささやかなお祝いテーブルに気づいて、お誕生日のお祝いねありがとうと言って、苺やケーキを美味しそうに食べてくれました。

次女からお祝いを言いたいからとメールが入り、さっそく電話を取り次ぎ、嬉しそうに話していました。長女からはお菓子のプレゼントと手紙が届いていたので、お礼の電話をしなくてはと、引き続き電話をして、楽しいお誕生日となりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて今回の大阪行きでは2つの新しい発見がありました。

18852064-BAA3-4B6D-B2EE-DA2461709CF31つは市内にある実家マンションまで、新大阪からの新ルートの発見。今までは最寄り駅まで、大阪駅と天王寺駅、2回乗り換えて行きましたが、いつの間にできたのかおおさか東線という線が久宝寺まで走っていることに気づきそれに乗って行きました。これだと久宝寺で1回乗り換えるだけで行けます。所要時間は大体同じくらい。大変気に入って帰りもこのルートで帰りました。

F4C5229B-04E6-447C-9417-5CF5949CFF23

滞在の中3日間JRを使ってどこかへ行くことはなく、母のホームへ片道30分、前回発見した川沿いの道を徒歩で通い、その道は相変わらず別世界感に満ちていたので、今回ばかりは大阪に来た感じがあまりなく、母と私の狭い世界を行き来しているような旅でした。

2つ目の発見ー川の水鳥

こちらに帰る前の晩遅くに、兄が戻って来ました。母のことでの会話で一番気がかりのことは、母の転んだほうの足(下肢)、腫れは引いてきたものの明らかに曲がっていることでした。痛みはないということでしたので不思議でしたが、その後の整形外科の診察で骨折がわかりました。

病院での再診には親族の付き添いが必要ということで、明日再び大阪へ向かいます。

今年のお正月

ぬ関東地方は、今年も冬晴れ快晴の三が日でした。

お節をいただき、年賀状をながめ、箱根駅伝で馴染みの風景を楽しみながら、二日には娘たち二家族が訪問で賑やかに過ごしました。

A294FE8A-2BB6-4DD6-AACE-FE60AC7ABB20おせち料理は、昨年のお正月は体力を考えて、初めて注文お節を試みましたが今年はまた元のスタイルで、作りたいお節を計画し、購入したのと合わせて重箱に詰めました。昨年の注文お節には詰め込み方など、学ぶことがありました。

15種類詰めて、そのうち10種類が手作りです。久しぶりに料理に追われる年末となりました。

年末メモより

  • 26日 年賀状投函
  • 28日 高原花豆を煮る、大根の甘酢漬け、近隣スーパー買い物、
  • 29日 黒豆を煮る、クルミ田作り、ららぽーと買い物、塩豚ゆでる
  • 30日 近隣スーパー買い物、のしどりえび乗せシュウマイ伊達巻プルーンのワイン煮
  • 31日 パソコン作業、炒め五目煮、数の子の塩出し、近隣買い物、小豆を煮る
  • 1日  クラシックチーズケーキを焼く、

我が家の二日の集いは、次女の誕生日でもあり、新年のおめでたさと加わって、賑やかさがアップします。

 

3歳から70歳まで3世代8人のお祝いの集いを感謝の気持ちで過ごしました。三日の富士山は、まずまずの穏やかさ。明日からは、大阪の母のところに向かいます。

ED2B0900-6394-4DD7-A042-A1BEAD13B09A

 

イブの日に

珍しく冬晴れの今日、道を歩いていて、ふと、20年余り前に住んでいた京都の哲学の道のことを思い出しました。哲学者がその川沿いをよく散歩していたことからつけられた名前のようですが、道を歩くとき、想いは自由に広がっているからかもしれません。

74C16504-C62E-45EA-B57C-5DAD3C412717毎年12月は、あまり時間がありません。今年は予定も少ないし、時間があると思っていたのは間違いでした。このままだとあっという間に大晦日、そして新年へと突入してしまいます。

今年もあと少しですが、昨年と違い、穏やかでいい年でした。少しずつスローダウンしながら、いい時間を引き寄せながら、新しい年を迎えたいと思います。

 

秩父夜祭へ

いつか行きたいと夫がいう秩父夜祭に、今回行って来ました。

秩父夜祭は、秩父神社の例大祭で毎年、12月2,3,4日と日を定めて行っています。日本三大曳山祭に数えられていて、2016年12月1日には、ユネスコの無形文化遺産としても登録されています。・・・今回行くことになるまで、全く知らなかったことですが。

祭りの一番のクライマックスは、12月3日の夜ということで、各旅行社でもツアーがくまれていますが、私たちが今回利用したのは、日帰り見学、食事なしのコース。昼に出発し、現地に14時半に到着し、20時半まで自由行動、戻るというものです。

前日の2日は、激しい雨が降る荒天でしたが、3日は嘘のように晴れ上がり、夜は極寒となるという場所がさほど寒くなく天候に恵まれました。

3B2E17BA-1EDC-4C93-B22C-4A84DAC05634
中近笠鉾

 

 

バスを降り、祭り会場のメインルートを歩いていくと、早くも1台の屋台に出会いました。屋台というのは、一般に言う山車のことです。秩父祭りでは4台の屋台と2つの笠鉾の計6台が動きます。まず、それらを見てまわりました。

 

左から、本町屋台、上から宮地屋台、中町屋台、上町屋台。

1FFF15BF-E2AE-4435-801D-F1F09CA62D5Aもう1が下郷笠鉾ですが、これは日没後となり、神社前の公園で見つけました。

 

 

 

 

F328DBAE-A9AC-465E-874D-238C406859BA
御旅所夕景

 

 

6台の屋台、笠鉾は、それぞれの場所から秩父神社に集結して、時間をかけて御旅所である市役所前の秩父公園まで進んでいきます。

こちらに到着は21時から22時で、その手前のだんご坂を上るところが一番のクライマックスのようですが、私たちのツアーは20時半に帰路に就くので、19時頃に6台が通過する本町交差点で、方向転換(ギリ回し)を観覧しました。

 

 

 

 

19時半を過ぎるころから、花火が上がりいよいよクライマックスへと盛り上がりますが、その半ばで帰路に着きました。しかし、有効に見て回れて日をまたぐことなく戻れたので、大変満足しています。

今回の旅行社は小さなところですが、バスの車庫が家から徒歩10分のところであったので、利用しました。添乗員さんは、きめ細かく説明してくださり、バスも最新式で、携帯充電もできるもので助かりました。小規模で行くと思っていたら、なんと2台、65人の参加だったということです。家に近いこともあり今後も注目しています。

 

 

 

11月の風景

11月は、とても早く過ぎたと感じる1カ月でした。最近にしては多方面の予定が多かったからかと思います。そして、明日からは12月という日になってしまいましたが、では今年は秋をスルーしてしまったのかというとそうでもありません。

細かいアップを怠っていたので、11月のシーンをいくつか振り返りたいと思います。

ホットカーペットカバーを買い換えました。今回は綿素材にこだわり探しました。以前の合繊素材は、30cmにカットして廃棄しましたが、角のきれいな部分を見て急に保存バージョンに加工しました。

B1C5C1E1-2E47-4F88-AEF7-EFFDDCEBBFF5孫の7歳の誕生日頃に、長女の家を訪問しました。そして絵画展を一緒に祝いました。

A6BBDC02-AC59-4122-8BB5-ACE13165BDCB

 

先の千葉旅行で、珍しい植物を見ました。木ですが、葉はサボテンのようでした。その隣は、千葉旅行の時のマップです。

 

 

0CD4C4AD-0AD4-484A-BBEC-2DDE9F87009C先週の花菜ガーデンの日は、とてもいいお天気で紅葉もきれいでした。その次の二日間は極寒でしたが、その翌日は、晴れて暖かくなり次女宅訪問は、上着がいりませんでした。

 

 

暑くなったり、寒くなったりと目まぐるしいお天気の中、昨日はまた冬晴れの日となり、富士山が見事でした。そして東京の紅葉もきれいでした。

11DDAA1C-A289-4DB7-80A2-82B201A10596