月別アーカイブ: 2014年12月

大晦日

今年も、残すところ1時間を切りました。

近頃は、インターネット関連のものは、スマホでできるので、パソコンを開く機会が少なくなりました。というより、ふりかえって考えてみるとスマホにとりこまれた1年だったような感じもします。今や、スマホが息抜きに欠かせない道具となっています。便利でもあるし。

今年の私のカウントダウンは、お節の算段だったかもしれません。がむしゃらに手作りするのは、やめるにしても、ある程度つくり、品数は揃えたいという考えで、何をどこから調達するか、材料はいつ買い、いつ作るか?・・・で、数日前風邪っぽかったので、最後の追い込みはゆっくりとなりましたが。

手作りするものは、

黒豆・・・27日 高原花豆・・・19日 チキンミートローフ・・・24日 冷凍保存 29日・・・アーモンド炒りこ、鯛の昆布締め、かぶの塩漬け、 30日・・・伊達巻、紅白なます、こんにゃくの煮物、レンコンの酢の物 31日・・・椎茸のてりに、里芋、人参、ごぼう、大根の煮物、

生協の宅配(31日配送)・・・昆布巻、かまぼこ、栗きんとん、数の子、いくら、ほたて、ボイルたらばがに、エビの姿煮

満員の冷蔵庫
満員の冷蔵庫

今、紅白の歌をバックにパソコンタイムがとれている今年はまだ余裕があります。年越しそばのお昼を食べ、3時を過ぎて、最後の買い物にセイユウへ。お正月花が半額に値下がりしていたのをゲット。

お節を作るも、今日の夕食は、中華2品のテイクアウト。レンジで1品を温め、もう1品を温めようとしたとき、何故このタイミングで?と言う感じに、電子レンジが故障してしまいました。すでに500Wしか使えなくなっていたものがそれも使用不能に。

新年初売りは、まずこれを買うことからになりそうです。

今年中にアップしたいので、紅白の後はテレビを切ろうと思いましたが、今年の1番目のお寺は高野山、奥之院。これは私の実家縁の場所。

新年は寒く、日本海側では雪が降るという予報。太平洋側でも風が強いらしい。毎年願うことですが、来年は、世界全体が良い年でありますように・・・。

大阪からの帰路

毎日冬晴れの天気が続きます。師走も押し詰まり、昨日大晦日まであと6日というテレビのセリフに心底あせりました。

image先日、20日~23日まで3泊4日と短い期間ですが、大阪の母のところへ行ってきました。毎晩30分の電話をしているので、暮らしぶりはお互い手に取るようにわかっていますが、冬のカーペットを出したり、花の植え替えや、高いところの掃除などは、出向いて行かないと埒があきませんので。

大阪では、予定の手助けのほかにも、ハルカスに出かけたり、近くのショッピングを楽しんだり、一緒に料理を作ったりと充実して過ごすことが出来ました。

image行き帰りの新幹線は、もう毎度おなじみになってはいて、帰りはいつも小田原に止まるひかり号に乗って帰ります。その新幹線はいつも、新大阪始発なので、祭日のこの日でも余裕で自由席でも座れるのがありがたい。

いつもは、ゆったり座れる3人席窓側に座り、名古屋を過ぎてからの海の景色を楽しんだりしますが、今回は、その新幹線、二人席の窓側をねらいました。山を背にした山崎のビール工場が見られるか確認したかったからです。いつも、大阪から京都のあいだで外の景色に注目したことはなかったのですが。

はてさて、走り出すと、大阪京都間で山崎あたりは一番スピードが出ていて、ちょっと離れたところにサントリーのビール工場の看板が見えましたが、山を背にしたものとは違っていました。残念、逃したのであとは、晴天の富士川鉄橋の富士山を見ることだけが楽しみです。

imageしかし、その手前の浜名湖?かと思われる湖の向こうに小さな富士山が見えたので、とてもラッキーな気分になりました。

が、スピードをあげて走る新幹線、富士山のアナウンスもないまま、うとうととした隙に、雄大な姿が見られる富士川鉄橋を通過してしまい、直後気づきました。あわてて撮った珍しい場所からの3枚の富士山が今回のお土産画像になりました。

image image

image

関東圏に戻ったら、冒頭のとおり、年末の追い込みの中、片付かない心をもてあます毎日。青空だけは冬晴れで凛としていて、近くから見える富士山も毎日大きくリアルです。

東京散策ー皇居乾通り

先週の土曜日、抜けるような青空と張りつめるような冷気の中、皇居の乾通りの紅葉を見に出かけました。

今年は、天皇陛下傘寿の年ということで、その記念行事の一環として、12月3日から5日間、皇居乾通り(坂下門から乾門までの750mの道)を一般公開するという記事を夫が見つけ、出かけることを計画しました。

土曜日までの平日での参拝ですら朝から人々が列をなして集まっている様子が報道されていましたので、できる限り早く出発することにし、10時前には皇居前広場辺りに到着しました。話に聞いていた通り、坂下門へ続く道には長い列ができていました。

image  image

列の先には、検問?があり、手荷物とボディチェックを受け、門前の列に並ぶことが出来ます。

坂下門をくぐると、列は解放され、ちょっと自由な道になりますが、警備のおまわりさんがところどころに立っていて、「記念の写真撮影は、長時間立ち止まらず、一カ所で1枚にしてください」というような注意アナウンスがずっと流れていました。

image image

image image

image image

image

 

いちょう、もみじ、その他の紅葉は中々美しく、建物や濠の風景を入れながら、めったに見られない景色を堪能しつつ撮影しながら、乾門まで行きました。

image

image乾門を出たところには、北の丸公園が近くにあったのでとりあえず、その辺りをブラブラ歩きました。ここの公園の紅葉も素晴らしく、今年は、最後に都心で会心の紅葉が見られたと嬉しく思いました。この周辺には、科学技術館や武道館などがあり、中でも武道館前の大銀杏が最大の黄葉ではないかと思います。

image

その後、靖国神社も近いのではということで回りましたが、銀杏もさることながら、鳥居の大きいのに驚かされました。中に大村益次郎の銅像があり、受験知識の片隅にいる人ではあるが、ピンと来なくてその場所を去りました。

image

この辺りで12時半くらい、このまま東京駅に戻るのは早すぎるので、もう1カ所、神宮外苑の銀杏を見に行くことになり、地下鉄で表参道駅まで行きました。地上に出る手前の階のところで、おしゃれなフードコートがあったので、入ることに。美味しいベーカリーや美味なカレーなどが食べられディズニーランドのフードコートの格はありそうと思い、味と雰囲気を楽しみました。

その後、表参道を歩き始めましたが、ここの並木の紅葉は終わってました。横の道から外苑の方向に進路を変え、途中、国学院高校や日本青年館を見ながら目的の外苑前銀杏並木に到着しました。

なんとか、銀杏フェアーの最終日を保つ並木道でしたが、3時を回るとも夕暮れが迫ってくる感じで物悲しく、徐々に帰路へと向かうことになりました。

image