日別アーカイブ: 2022年1月26日

冬の暮らし

先週,大寒も過ぎ、今が一年で最も寒い季節かと思います。

「冬至十日経てば、阿呆でも知る」という諺がありますが、冬至からはもう1カ月も過ぎたこともあり、日ざしの方は日に日に長く強くなって行くのを感じます。

冬半ばでもあり、この寒さにも慣れて、少し最低温度が高くなったりすると、今日はあったかいと思えるのもうれしいこと。体は正直で、そんな日はいつもより軽やかに動けて、生命力も少しアップするのを感じます。

この季節が過ぎると、今度は花粉の季節がやってきて、徐々に春が近づきます。

しかし、春夏秋冬と繰り返しているにもかかわらず、冬のさなかには夏の酷暑を少なからず忘れ、夏になるとこの寒さを忘れていることを今更ながら思いました。

2年続くコロナの迷宮では、1月に入りオミクロン株が今まで経験したことのない感染力で広がって、対処が追いつくかの瀬戸際を迎えています。軽症者が大半なのが幸いですが、混乱が起きないことを祈りたいと思います。

3回目の接種券が先日届き、2月半ばに接種の予約がとれましたが、変異を助長する感染は何としても避けたいと願います。