月別アーカイブ: 2022年3月

動き出す春

今年の春は、昨年にも増して不穏な春ですが、3月も末となり曇りでも暖かな日があったりで今週は、いよいよ春が動き出しています。

話は戻って、去る1月4日、母に郵便物を送るために近くの郵便局へ行った際に、小さなスタンプを見つけました。もともと旅先でのスタンプの類が好きな方なので興味を持ち尋ねたところ、小さなスタンプ帳をいただきました。昨年は日本郵政150周年であったということで、このあたりの郵便局で記念となるスタンプブックを作り、1年間押印できるようになっていたようです。

今年度のみということで、4月1日までが押印可能日です。1月4日にもらった時は、まだ時間はあると思っていましたが、寒い冬に用もなく外に出ることは皆無で、蔓延防止が解除された先週からようやく外に繰り出しました。

今日も外出の行き帰りに回り道で2件押印。今年も中止の桜まつり会場周辺は、長閑な春の風情で、桜を鑑賞に来る人もチラホラ見かけました。8分咲きから9分咲きというところ。

お昼過ぎに家に戻ったところで、今度は夫から誘われて、またお出かけ。まず向かった先は、新しく建て替えたというマクドナルドに。同じ市内ですが、普段は行かない地域なので懐かしい移動でした。新しいマクドナルドは、店内がソーシャルディスタンスを考慮した配置、駐車場にはモバイル注文専用の場所もありました。

マクドナルドでオーダーしたのは、まさかのハッピイセット+フライドポテトのL。

その後向かったのが、市内のはずれに昨年6月に開業したジェラート店ージェラテリア ベガーです。周りは長閑な農耕地。牧場の生乳で作ったジェラート。私はコーンに2種類(イチゴとラムレーズン)のジェラートをいただきました。(480円)

近場ながら春の風景を眺めつつ、ますます調子が上がりさらに近隣の市へ春を追いかけて行こうというとこまで来ましたが、刻は午後3時を回り、今日は終了にした方が…と、なり、戻りました。

この午後の移動で、スタンプは4つ押印。残りの日も春を追いつつ増やせるといいな。

八朔ピール

ここ数年前からですが、和歌山の親戚から2月中旬に八朔(はっさく)が送られてくるようになりました。私の母の実家です。夫の親戚は富山で、私は大阪育ちですが親戚は和歌山。遠方に親戚がいると、年2回の贈答のやり取りでの電話が唯一の近況を話す機会ということで、長らく続いています。

この八朔は、自家栽培のもので農薬の心配も無いということなのでジャムやピールにすることができ、この季節の楽しみとなりつつあります。以前は、2月初旬に購入していた土佐の文旦で色々楽しんでいましたが、その後八朔が届くと、ダブってしまい半分は実を食べるに終わっていたのが残念でした。それで、今年は文旦の購入を控え、八朔を最大活用することにしました。

届いてすぐにジャムをつくり、壜6個分出来上がりました。その後中々ピールに取り掛かれませんでしたが、皮をチルド室にため込み、ようやく昨日今日で作りました。

八朔5個分の皮を、一晩水につけ、2回茹でこぼし、細く切って80%の砂糖で煮詰め乾かしてグラニュー糖をまぶして出来上がりです。しばらく、甘味はこれで楽しめそうです。

手作り布の絵本

ようやく3月。桃の節句が近づきました。

2月は、ただでさえこもり月で手仕事をする機会の多い月ですが、今年はさらにコロナの第6波で家にいる率は高かったと思います。

この機会をを利用して思い浮かんだのが、今度1歳になる孫への手作りのお誕生日プレゼントです。早いもので、もう伝い歩きをし、おもちゃや絵本への興味も旺盛、笑顔は極上と聞くと何か成長の記念になり楽しめるものを作ってプレゼントしたい気持ちが沸き起こりました。

布の絵本は、数年前1回作ったことがあり長女の所の孫たちにプレゼントしたことがあります。所属の近隣グループの集まりで、見せてもらったフェルトの絵本を参考に、ほぼ同じ内容で作りました。それなりに出来たのですが、遊ぶ、楽しむの観点からは少々大人しい内容だったかもしれません。

それで、今回は何かテーマを決め、遊べるものにしたいと思いました。創作能力が低いのは自覚しているので、ネットでアイデアを集め編集しました。あまり時間のかかるものも困るが、ある程度の内容にしたいので簡単と複雑を取り混ぜ、表紙と裏表紙は、規制のパーツを貼り付けるなど工夫して、全6ページ+表裏表紙のフェルトの絵本を創案しました。

製作期間は約2週間。家にあるフェルト、ボタン、リボン、ひもなどを活用することが出来ました。刺繡糸、刺子糸、ミシン糸なども各種家にあるので、足りないものだけを購入して作ることが出来ました。

表紙は、小銭入れの装飾を参考に工夫しました。

1,2ページは、チューリップの花とちょうちょ。1匹はゴムでつないで、チューリップの花の中に隠れています。

3ページは、ボタン遊びー1つ、2つ、3つー花、くまの目、ワンピースのボタン。それぞれ、取り替えられます。4ページはクレヨン箱ーマジックテープで取り外せ、元の場所に戻すことが出来ます。

5ページは手提げかばんーファスナーを開けて物を入れることが出来ます。上のリボンはほどいて蝶結びの練習ができます。6ページのヒマワリは、花弁が数字。スナップで取り付けてあるので取り外して遊べ、隣のカバンに入れることが出来ます。

裏表紙は、既成の梅の花のシルエットをあしらい、孫の名前を刺繍でつけました。

何とか予定通りに出来ましたが、喜んでもらえるかしら?