月別アーカイブ: 2005年7月

台風一過

2,3日前より騒がせていた台風7号は、昨夜この辺よりはちょっと東よりのコースをとって去っていきました。台風がいったあとは、猛暑との予報どおり今日は良く晴れて気温もかなり上昇しました。
幸いなことに、私は、金目の集まりがあったので1日涼しいところで、講習会の準備などの作業をし快適な時間を過ごせました。
 
作業では、タイルモザイクをするための枠をベニヤ板に細い木をくっつけて張り付けて作る作業をしましたが、細い木を寸法どおりに糸ノコで切る場合、糸ノコの刃の太さも考えて切らなくてはいけないことをあらためて知りました。ボンドでくっつけるとステキな枠が出来上がったので、手作りで工芸作品を時間をかけてつくるというスローライフにちょっと心を奪われました。
うれしいことに8月5日に当日働き人にタイルモザイクを作る日を設けていただけることになり、楽しみです。
 
金目からの帰り、今日はおいしい手作りおやつやお土産おやつが沢山出たこともあり、炎天自転車こぎでも元気いっぱいの余裕でしたが、昼の話題に出ていた野菜の販売小屋をさがすためにチョットよそみをしたら道の横の田んぼに落ちそうなコースになりヒヤッとしました。
自転車運転中は、いらぬことを考えないことと肝に命じました。

風力発電

今日、市のリサイクルプラザを見学して、興味深いものを見ました。
この施設は、プラごみのリサイクルを中心として、ペット、びん、缶、などを集め再利用地へ送る施設だが、ほかにも、大型ごみに出された家具を手入れして、5千円以下の値段で販売していたり、コンポストなどの生ごみ処理機の紹介や、太陽光発電、天然ガスで動く車など、環境に配慮した物が、取り入れられ紹介されている。
その中で、目に留まったのが、風力発電の風を集める羽根です。日本海沿いの海辺にも高く大きなプロペラの羽根をつけた風力発電を見たことがあったけど、今日見たものは、大きな攪拌機のような羽根でこれだと、どちらから風が吹いてきてもとらえられるそうです。どちらにしても、鳥が被害を被ることはありそうですが、環境を害せず電気をおこせるのは魅力的なことと思いました。
ごみのことについては、暮らし方の根本から考えていかなくてはならない、深~い問題。まずは、自分の周りのごみを減らすことからが第一歩と感じています。

地震がありました

わりと大きな地震で、来る前触れが波が押し寄せるような感覚で感じ取れました。
やや、長く揺れていたし震度4くらいあるかと思いましたが、テレビの発表では震度3ということでした。東京や横浜千葉などでは震度5弱あったところもあったと聞き、京都の時を思い出しあらためて、これくらいの地震で収まってよかったという思いと、地震への恐れを新たにしました。
 
梅雨明けしたと思ったら、しばらくぐずつく日が続きそうな予報です。涼しくてありがたいですが、なんだか気持ちもくもりがちです。
 
学校は夏休みに入りましたが、私のほうはもうしばらく会の仕事に追われます。8月3日が過ぎればしばらくのあいだ夏休みを過ごせそう。

早ね早起きしていますか?

 
このところ、外に出て行く用事が多くなんだか疲れ気味。家族みんな疲れ気味のようです。冬のようなウイルスの風邪はない変わりに、鼻やのどや、虫かまれなどの皮膚のトラブルに悩まされます。
睡眠は大切だけれど、つい夜更かししてしまい十分とれていません。せめて、ビタミンCをとグレープフルーツを食べると多少効果があるような気がします。
夏の風物詩七夕祭りは先週終わりました。あえて行く用事もなくとうとう行きませんでしたが、空いてるお昼に行けばそれなりに楽しい気分になれたことでしょう。
 
愛・地球博の新幹線チケットとれたようです。インターネットパビリオン予約はまったくだめでした。
 
昨日は、友の家で衣の研究会があり、おめあてのミシンを買いにでかけ、中古で職業用の直線縫いのミシンを買いました。もともとがよいものであるので、カタカタの音も軽やか色んな素材のものが縫える夢の広がるミシンです。バス停のすぐ前にあるミシン工房といってもいいようなミシン店、ミシン一筋っぽい店主のおじいさんのところで買いました。

今日は晴れました

今日は午後から雨という予報でしたが、朝からずっと良いお天気です。ここのところ、毎日金目に通いづめで今日も行ってきました。自転車で25分かかるので、天候が怪しいときはとても困りますがほかの行き方は車かタクシーか遠回りのバス乗り継ぎかなのでフル装備して自転車で強行したりもします。
行く道は何通りもあるのですが、今の道が一番安全で早く着けて、景色も良いので、この道を楽しんでいます。一面に広がる田んぼは四季折々の移り変わりを真っ先に知らせてくれるし、雄大に蛇行して流れる川沿いの道も、リアルタイムに色んな場面に出会えます。春のさくら、夏の青虫の御通り、秋のトンボ、冬の富士山、そしてほとんど1年中白い鷺が水の散策をしています。
私は、大概定刻ぎりぎりに自転車をとばしている事が多く、その日の風量と私の疲労度で速度の違いを感じながら、いつもの1場面1場面を過ぎて、金目に向かっているときが、意外と思索とひらめきのじかんでもあるのです。不思議なことに、帰り道の風景は私にとってはまったくB面のようで、家に近付くにつれ完結するお話のように安堵して無心な気持ちです。
このごろ、託児などで小さい子どもとふれあう時が多く、子どもの世界に浸って楽しんでいます。

涼しい日曜日

久しぶりに記事の追加に着手して色々書いたのに、どういうわけか投稿出来ず下書きに入ってしまい
色々さわっているうちに、文が消えてしまいました。なんだか、気持ちが下がります。意外と思いがけないときにその記事がでてくるなんてこともあるかなと期待しますが、どうやら、消えてしまったみたいですね。
しばらく、記事をかかなかったのは、出かける用事が多かったということと、その間に季節は移り、庭木が夏へと向かって茂みとなり、虫王国となっているといったことを、詳しく書いたんだけど・・・。
そして、このスペースをもう少し広げたほうが、いいかなと思っていることなど・・・。
でも、今日はもう時間がありません。
 
まさか、これも消えませんように。