ガイドと巡る平塚の文化資源7

今回は、「北金目・真田地区の史跡・文化」を巡りました。
冬型のお天気で、寒いけれど真っ青な晴天の下、8カ所の文化資源を訪ねました。
 
①御所様堤と「河身改修耕地竣工記念碑」
 
   この陸橋の向こうの方へ570m、徳川家康公の命でできた大堤があります。
   右は、大正10年に建てられた碑
 
   
 
②双体道祖神
 
  烏帽子を被った左右同形の神像がみられるものは珍しいとのこと
 
  
    
   
③真田神社
 
  旧牛頭天王社 → 八坂神社 → 明治9年に今の名称に
  この鳥居は、瀬戸内海沿岸の花崗岩を大阪の石工が製作、船で須賀港へ運び、11か村協力してこの地に
  運搬されました。
 
  
   
   
④天徳寺・与一堂
 
  曹洞宗のお寺。源頼朝の石橋山合戦で戦死した真田与一義忠を祀った与一堂には、
  貴重な遺跡がたくさんあります。
 
 
    
  戦災、戦時の供出を免れた、梵鐘(1629年)   江戸末期の子安観音
 
  
 
 
⑤塚越古墳
 
  標高36m。市内最古の「前方後方墳」。
  発掘途中で、特別に見学させてもらいました。後に公園として整備するそうです。
  同時に、「方形周溝墓」や竪穴住居跡も見られました。
 
  
 
 
  
 
 
⑥不動院
 
 本堂は銅葺き。ちょっと変わった仕様。高野山の御影堂を模している
 
  真言宗の寺
 
 
⑦北金目神社
 
  この覆殿の中に、本殿があり、奈良の春日大社に代表される春日作り。
 
   覆殿の欄間も見事
   
   
⑧金目親水公園
 
  通称「ホタルの里」。ホタルの一生を丁寧に説明して下さいました。
  このせせらぎの源流は、泉ということです。
 
  
  
 
今回は、いつもよりも増して、貴重なものを見られたような印象を受けました。
 
 

ガイドと巡る平塚の文化資源7」に4件のコメントがあります

  1. こんばんは歴史探訪。。。最高に楽しそうです。歴史から学べるものはたくさんあると思います。日本の暴力団の生活が厳しくなり、中国に来て、お寺の境内で販売店を出したり。。。日本に暴力団新法ができてから、海外に脱出するやくざが増えているんですよ!暴力団が増えたせいで、日本人の評判が悪くなっています。

  2. >感動を探す旅人さんこんばんは。私は、遺跡は好きだけど、日本史はまあまあ、寺社はあんまりな方ですが、この地元ガイドウークで、何だか一気にまとめて全部興味が湧いています。上海にも、日本のやくざが迷惑をかけるようになったんですか?困りますね。暴力団新法がどういうものか知りませんが、悪いことをする人はどこへいっても住みにくいと思いますけどね。

  3. こんばんは!いつも綺麗な写真で素敵ですね!今月は偏頭痛に襲われることが多くて辛い日々でした。2月は何とか復調したいと思っています。今後ともヨロシクお願いいたします。m(__)m

  4. >macon5さんこんばんは。大阪里帰りから戻りました。関東は雪とのニュースを聞きましたが、太平洋沿いは、雪は積もらなかったようですね。寒い日と暖かい日があるので、体調崩しやすいですよね。お大事にしてください。私も、ついつい夜更かし気味な毎日の付けが来そうな気配です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中