日別アーカイブ: 2018年10月22日

横浜散策

昨日の日曜日は、横浜シティ・フィルハーモニック主催の定期演奏会がみなとみらいホールの大ホールで行われるのを聴くのが目的で出かけました。とても良いお天気で、午後の開演ということもあり、早めに行って最寄り駅の二つ手前の山手で降り、ウオーキングも兼ねて散策しながら現地に向かいました。

根岸線の山手で降り、どちらの方向に進めばよいのか、方向音痴の私には皆目見当がつかなかったので、夫の後をついていき、駅横の坂道を上がっていきました。少し行くと小奇麗な小さな坂道があったのでそちらへ上っていきました。なかなか急坂でしたが一気に上の道に出ることができ、上がったところには横浜国立大学付属小学校があり、途中「ふぞく坂」と看板があったのが納得しました。

上がったところは尾根筋という感じで、見晴らしの良い平らな道が続いていました。右手に進んでいくと「YC&AC通り」との看板があり、しばらく行くとYC&ACが現れてきました。横浜カントリー、アスレチッククラブということのようでした。子どもの遊具とグリーン、ネットなどが見えました。

そこを過ぎると右手に海が見え始め、しばらく行くと池袋公園というきれいな公園があり、散策路がありそうなのでそちらへ入っていきました。空は青く穏やかで気持ちの良いウオーキング。

さてこの公園は、秋の草木を美しく見せながらどこまでも続いていました。本牧山頂公園全体図でもわかるとおり。いい散歩道なのは結構ですが、今日の本命は、みなとみらいホールでのコンサート。ちょっと時間がやばくありませんか?

 

結局、最後の駐車場を抜けた後は、方向のわかる夫が、遠くにランドマークタワーを見つけそちらへと進んでいきました。私は「ランドマークタワーは、ランドマークタワーだね」とつぶやきつつ。

E13FF45B-F8D1-49A5-9D1B-F99A4762715D

 

徒歩でみなとみらいホールは時間的に無理なので、元町からみなとみらい線に乗ることに変更しましたが、石川町までもなかなか…。手前に長いトンネルがあり、そこを抜けたら石川町が見えて来ました。

みなとみらいホールでの演奏は、大変素晴らしいものでした。まず、パンフレットでの曲の説明がとても詳しく聴きどころがよくわかり、指揮者自らがまた壇上で詳しくトークされるという、親しみやすい雰囲気で好感が持てました。曲目も馴染みのあるもので、エルガー「威風堂々」、モーツアルト交響曲第40番、ムソルグスキー「展覧会の絵」。

4D6002C8-7804-4408-B3B8-04B067A20255

残念ながら、開演時間を開場時間と勘違いしていたので、後半の「展覧会の絵」のみ、はじめて3階席からの鑑賞でしたが、満足して桜木町から帰路に着きました。