日別アーカイブ: 2012年1月1日

今年の元旦

2012年が、スタートしました。毎年のことながら、昨夜の12時のカウントダウンでは、止めることのできない時の流れをあせりながらも、新しい年の訪れを見届けました。

一夜明けて、今年の元旦の天気は曇り、それも元旦だけ曇りという天気予報の割には、薄日が差す、まずまずの1日です。今夜には、長女夫婦が訪れるとあって、我が家始まって以来の元日の来客です。

振り返れば、私も夫も遠方に実家がある身。気楽なお正月を何十年も続けて来ました。実家に帰らない年は、一泊の旅行をどこかに入れたりと、お正月は夫の長期休暇の時だったのです。

家で、来客を迎えてのお正月は、しかし、私にとっては、ちょっと嬉しい。今回お節作りなどに、年末は予想外に追われてしまいましたが、家にいて、あれこれと準備することが元来好きな性質であることを、あらためて認識しました。

夕食のおもてなしは、海鮮鍋とお節がメイン。

珍しく重箱に詰めたお節の中身。

  

 

一の重、 黒豆、スモークサーモン、数の子、昆布かまぼこ、黄色のかまぼこ、アーモンド炒りこ、しいたけ、豆きんとん、かぶら寿し、

二の重、松風焼、伊達巻、紅白なます、日野菜かぶら漬、

三の重、煮しめ、炒りどり

うち11品を手作り(加工)しました。かまぼことかぶら寿しは、夫の実家の富山由来の産品です。他に、昆布締めのおさしみなども用意しています。

というわけで、質素だけれど、雰囲気を出すために力を出しました。4時を過ぎたら、そろそろ鍋などの準備にとりかかりましょう。

珍しく、外出無しの元日です。