日別アーカイブ: 2012年12月18日

お宮参りの日

先日の日曜日、孫のお宮参りに出かけました。

IMG_0718  IMG_0719

娘の家にほどほど近い、少し大きめの神社ですることに決め、現地で待ち合わせました。12月に入ってめっきりと寒くなったので、お宮参りもなかなか厳しいものがあるのではと心配でしたが、当日は冬晴れのお天気で、風もなくちょうど日が射して、とてもぽかぽかと暖かい日和となりました。

娘たちの車が到着して、しばらくして出てきた孫は、白い服を着てまぶしそうな顔つきでした。車の中では寝ていたそうですが、控室ではしっかりと目を開けいいお顔。先の組が2,3組あったものの、すぐに呼ばれて本番になりました。父方の祖母が孫を抱いて、用意した着物を前にかけて着用し、神社の中に入って祈祷を行いました。

HI3B0505    お宮参り1

終わると、外で写真会です。全員で、親子で、それぞれの祖父母とという具合に・・・。その後、解散。この間の時間は、1時間弱です。この日は、晴れて暖かかったので、本当にラッキーでした。赤ちゃんへの負担は最小限で、思い出に残る印象深い時間を過ごすことができました。

今回、お宮参りをするにあたり用意した着物は、娘が3歳の七五三に着用したものです。うちは、娘が二人だったので、このほかにも7歳の着物もあります。これらは、私の両親がつどつどに孫のためにと買ってくれたものです。これらをまた活用しようと、今回箪笥の中から出してきて用意しました。

IMG_0735IMG_0734

20年以上時は過ぎても、鮮やかさは変わりません・・・。見上げの仕付け糸をとり、ベンジンで気になるところを拭き、アイロンで仕上げました。

当日、あちらのお母さまが、「あらきれい!おかあさんが着たものを着られるのは幸せよ」と娘と孫に言ってくれたのでほのぼのとした気持ちになりました。

そういえば、娘たちのお宮参りはどんな風だったかしら・・・?記憶がおぼろげになっていたので、二人のアルバムをそれぞれひっぱりだして見てみました。すると、意外や意外。二人とも里帰り出産で大阪で生まれ、実家近くの神社でお宮参りをしましたが、着物は、長女は私の七五三の着物、次女は新たに買った7歳用の着物でお宮参りをしていました。となると、今回3歳用の着物でお宮参りをしたのは、孫が初めてということがわかりました。

着物に関しては、活用していない私の着物がまだ何点かあり、娘たちも着物人でなかったので、そのまま後生大事にとってあります。着物リサイクルの時代ではありますが、活用してもらえる時が来るかしら~と思っています。