月別アーカイブ: 2013年1月

冬のサポーターミーティング

花菜ガーデンの冬のサポーターミーティングに出かけました。冬は、お餅つきと豚汁作りをします。

それぞれ分担が決められていて、お餅をつく人たち、ついたお持ちもきなこや海苔巻など5種類の味付けがされ、豚汁を調理する人達もいます。そんな中、農作業、園芸と、いつものサポーター活動の分担もあり、私は今回は園芸に配置されました。

園芸は、バラの誘引作業です。ガーディナーさんの言うには、今回は楽しんでもらうために最後のつる枝を縛り付けるところだけを残しておきましたということでした。

 

IMG_0962[1]バラ園に到着して、3週間前伸び放題だったつるバラがきれいに整備?されて変貌しているのにまず驚きました。バラの誘引というのは、実は何のことか何をするのか知らなかったので、作業に参加してようやくわけがわかりました。バラは見てきれいと思うほかは何も知らなかったと改めて思いました。

 

 

IMG_0964[1]作業は、整備された枝をフェンスに重ならないように横に這わせてひもで縛りつけていくことをしました。水平にすることで、横にたくさん花をつけるそうで、習性を考えてきれいな花をたくさん咲かせていることを知りました。

 

 

 

作業を終え戻ると、何回目かのお餅つきが始まりました。全部で6回とききましたが、今回は大人集団で楽しく行われていました。

     IMG_0972[1]

時間が来て、みんなで食事。そのあとは恒例のお楽しみ時間。今回は、前も行ったことがある機械によるビンゴ。前回の時は、商品にたどりつけませんでしたが、今回は割と早めに商品をゲット!園芸用手袋をいただきました。

今日の花菜ガーデンはとても良いお天気でしたが、風がとてもコールド。原っぱでは親子連れ3人のかける姿のみ。春が待ち遠しいガーデンでした。

   IMG_0971[1]

定期購読誌の整理

寒い毎日ですが、それはそれで慣れてきたこの頃です。去年の1月からもう1年経ったのか、早いな・・・と思うのも毎年のことですが、世の中はたえず動いて変化しているのだから去年の1月のくりかえしではおもしろくありません。

 

IMG_0959[1]だからというわけではありませんが、思い立って定期購読誌の整理にとりかかりました。月刊誌なので1年で12冊になります。

もう20年以上購読していて、初期のころは気に入った記事を切りぬき、料理のレシピは1つの袋に入れるという残し方をしていましたが、その後、1年分を1冊にチョイスして編集するようになりました。前回整理したときは、それがまた変化し、3年分くらいが1冊の編集に。そして今回ですが、2011年分は物入れの本箱に保管。2012年分は今年のものと同じ月のものをもう1度見られるよう、見えるところに置いておきますので、2008年~2010年の3年分を整理しました。

 

残したいページをカットするのは今までと同じですが、今回は初期のころに戻ってジャンルごとにホチキスで閉じていき、レシピなどは、大学のノートにスクラップのように張り付けることにしました。また、残しておきたいページがたくさんある号は保存版としてとっておくことにしました。

私のチョイスの傾向は、お菓子のレシピ、手芸、洋裁、工芸品などの作り方、料理に関しては、効率よく作れる裏技的な知恵、季節の料理、身近な野菜の植え方のコツ、あと色彩の美しいページなどです。あまり関係ないと流していた育児のページもよくみると、長女に役立ちそうなものがいくつかあったのでチョイスしておきました。健康の記事なども、1つのことを取り上げて詳しく書かれているので、必要なときは役立ちそうですが、これは思いとどまりました。

 

IMG_0961[1]

 

今回整理をして、切り取ったページというのは、結局のところ、自分にとって関心があり役立つ記事だったけれども十分消化されていなかったもので、今後できればそれを役立たせたいと考えている記事ということが見えてきました。

これら過去の記事に、活動の意欲を後押しされた時間でした。

冬の嵐の中の一泊旅行

成人式の日は小さな低気圧が通過し小嵐になるという予報が数日前から出始め、複雑な気持ちでした。冬の関東というのは、抜けるような青空にピンと張りつめる寒さが毎日続くことが多いのに・・・。

とはいうものの、センター試験の頃は全国的に荒天になることが多いのも事実。また、雪もひと冬に1回は積もるぐらい降ったりもします。でも何も成人式の日に降らなくても・・・。と同情しているのではありません。ちょうどこの14,15日は1泊旅行に出かける日だったから。

 

IMG_0830[1]でも、この日のお天気は、天気予報通りの展開となりました。行先は伊東方面なので、渋滞がなければ2,3時間で着きますが、午後になるほど天気は悪くなるというので、早めに出発しました。3連休の最後の日ということで早めに帰宅する車なのか、対向車線は朝からかなり渋滞していました。今から、こんな悪天候の中出かける私たちはなかなかのあまのじゃく&アンラッキー。

晴れていれば、気持ちの良い空と海の青は、すべて灰色で、立ち寄った道の駅 伊東マリンタウンでは、車から店内に入るのも一苦労、濡れながら入りました。中は色んなお店屋さんが入っていて、嵐の日を忘れさせてくれましたが、結局この日は、建物の中と車の中にしかいられないことに早々に気づいて、チェックインの15時までは、お昼、買い物、ティータイムで過ごすことになりました。

 

IMG_0836[1]お昼は、夫が目星をつけていた伊豆高原ビールというお店で、おすすめの「漁師の漬けどんぶり膳」を食べることにしましたが、これは私には多すぎました。イクラは好きだけれどマグロや鯵ってそんなに好物でもなかったことにも気づかされてしまうはめに。見た目よりは上げ床ではあるが、わたしにはムリでした。

 

完全に制御の利かなくなったお腹でしたが、たまたま入ったジョナサンのドリンクバーのティー3杯でなんとか持ち直しました。

 

さて、ようやく到着したホテルでは、3か所の温泉風呂と部屋夕食を楽しみました。中でも、貸切露天風呂がいい感じでした。

IMG_0868[1] IMG_0871[1]

      IMG_0850[1]

 

IMG_0888[1]翌朝は、予想通りの青空とお日様でしたが、その後は雲の多い一日でした。せっかくだから、城ヶ崎海岸を今回は散策してきました。ほんとうは、伊豆四季の花公園に行く予定でしたが、さくらも菜の花もまだ早そうなので、その横の往復1時間ほどのピクニックコースを歩いたというのが真相。岸壁に打ち付ける波しぶきが印象的でした。目的地の灯台は工事中でしたので登れず、吊り橋だけわたって帰ってきました。

 

 

IMG_0905[1] IMG_0909[1]

 

IMG_0928[1]伊豆、伊東あたりの道々はヤシの木並木が多く、アロエの赤い花が家々にも道にも見かけられました。

 

 

 

 

帰路に着き、お昼休憩で入った、湯河原のガスト(ガストも昔と違って量ばかり追っていないと最近見直したので)。いくつかのメニューが、昨夜の雪で物流ストップのためできないということでした。ご迷惑をおかけするのでドリンクバー無料というサービスがありました。家としては、りんごパイがありませんと言われてしまいましたが、私はドリンクバー3杯でまた元気を取り戻しました。(コロンビアコーヒー、アールグレイティー、カモミール)

*旅のメモ; JTBから申し込んだ今回のお宿のサービスは、喫茶コーヒー券とぐり茶のお土産。ぐり茶というのは、この地方の言い方で、美味しいお茶のことを意味するそうです。決してグリという植物があるわけではないということ。

冬のガーデン活動

先日、新年初の花菜ガーデンサポーター活動に出かけました。

昨年の秋は、色々忙しかったこともあり3カ月ぶりです。ぶらりと散歩するのにも素敵なところですが、わざわざ来ることはないので、その意味からもサポーターをしていてよかったと感じます。

 IMG_0781[1]

 

IMG_0779[1]

この日の活動はは、バラ園の樹木の剪定です。サポーター9人のうち男性は4人。女性陣5人は、ハクチョウゲという落葉低木の木の剪定。この木は、細い枝が美しいので、根元の太い枝を中心に、交差した枝など、かなり大胆に切り落としました。このハクチョウゲで向こうとこっちを仕切っているのですが、通れないけど暑苦しくない感じに枝をまびきました。

この隣辺りに、そのうち大きな杭が建てられバラのつるを這わせる計画があると聞きました。隣のクレマチスの迷路も大幅に工事をしていました。

   IMG_0794[1]

冬のバラ園は、全体に休眠中な感じ。つるバラは、誘引中で伸び放題になっていました。春には一斉に香しい花を咲かせることを楽しみにしたいと思います。

 

展示室は、お正月の生け花が華やかに飾られていました。ここだけは春のようです。

IMG_0786[1]  IMG_0784[1]

 

帰りの道で、やかましいさえずりの方を見ると、鈴なりの雀の木。そういえば、遠くにはカラスの大群も見えました。

近くの農道を通るときにもカラスとせきれいが群れをなしていました。以前よく見かけた、シラサギは全くいません。自然界も色々あるようです。同じようで少しずつ変化しているのを感じます。

日没時間は、確実に遅くなってきて日が長くなっています。寒い中で春を待つ季節、私の好きな季節ですが今はなんだか寒い。

   IMG_0790[1]

今年のお節

昨年末は、暖かい大晦日でしたが、元日はすっきり晴れて寒い1日となりました。

今年も、長女夫婦が来てくれることになり、10月に生まれた初孫のYちゃんも加わり、2年連続賑やかな元日の日を過ごしました。

今年もお節でもてなしましたが、昨年とは若干変わりました。

IMG_0758[1]

一の重、伊達巻、昆布巻、田舎風テリーヌ、昆布巻かまぼこ、数の子、豆二種(黒豆、花豆)

二の重、煮物(しいたけ、こんにゃく、里芋、人参、ごぼう、れんこん)

三の重、アーモンド炒り子、かぶら寿し、紅白なます、紅しぐれ大根の甘酢)

手作りの内訳

27日・・・黒豆、28日・・・花豆、29日・・・田舎風テリーヌ、30日・・・ゆで小豆、紅しぐれ大根の甘酢、伊達巻、31日・・・アーモンド炒り子、煮物、紅白なます

IMG_0753[1]

田舎風テリーヌは、昨年人からいただいたときにとても美味しかったので作ってみました。豚肉と鶏もも肉、ブロックハムを細かく切り、調味して混ぜ、パウンド型につめて1時間オーブンで焼いて作ります。1週間保存できるので重宝します。

紅しぐれ大根は、あさつゆ広場で購入しました。今年は日野菜が見つからなかったので。

 

お節を囲んでの楽しい時間。孫を囲んで癒しのパワーあふれる時間でした。