月別アーカイブ: 2020年6月

3か月ぶりに母のところへ

0F2C8963-8432-4786-B66C-19CAC88720EC新型コロナウイルスの感染拡大防止のための、自粛、そして緊急事態宣言で、日本中がステイホームとなっていた間、ちょうど母は骨折治療が原因で悪化した足の傷のため入院していました。

心配していた足の褥瘡は、入院1ヵ月半くらいの頃でもまだ治るめどが立っていませんでしたが、皮膚に良いサプリメント的お薬を飲み始めてから、メキメキよくなってきて5月の初めにはリハビリ病棟に移ることができました。リハビリ病棟には最長60日しかいられないということなので、色々準備して先日24日に退院することができました。

母の入院中、4月からは面会ができなくなったり、世の中の大変な時期と重なりましたが、病院にいてくれることでかえって安心していられました。入院中も毎晩の電話はできていましたので。しかし、その電話は以前は20分は話す感じでしたが、病院の場合4人部屋ということもあり、5分くらいの短い電話が常態となり、話す内容も変化のないもので、ある時看護師さんとたまたま1回話した時には、認知症が進んでいますといわれる状況でした。

こういう状況も考慮して、退院先は、元のホームに戻るのではなく、より介護をしてもらえるところを探して、新しいホームに入所することになりました。

前のところに比べて、規模の大きい施設で、居室は以前よりも狭いものになりましたが、入所した日の印象は、スタッフの皆さんがしっかり、きっちりされているようで安心感がありました。病院の4人部屋になじんでいたので、ホームの個室に、戸惑いを隠せない母でしたが、ミニ冷蔵庫、チェスト、テレビを設置して部屋が整って来るに連れ、和んでくれたのでホッとしました。

入居の日は特別に家族の者が入れましたが、6月中はまだ面会ができない体制のようで、不足のものを翌日ホームの入り口まで届けました。

大きな変化は毎日の電話です。話す内容が、徐々にしっかりとしてきています。こちらから差し入れしたものの確認をしたりして、海馬は弱っているかもしれないけれど、まだまだ思考力は十分あると感じられるのがうれしいことです。

消えた枇杷の実

今日は、ようやく梅雨らしいお天気の1日になりました。

6月に入り、例年通りうちの庭は、ドクダミの白い花が、土のあるところを一面に埋め尽くして咲いています。ちょっと侵入しすぎたドクダミを一叢引き抜いて、その一部を室内に飾ったりしました。

51176E06-A23A-4974-B565-AE10A4BE1DFA 6400F270-205F-425B-B8AC-BBD7BCB0A466

悲しいことは、やはりクチナシは枯れてしまっていました。本来ならこの季節に白い花を毎日咲かせてくれていたのですが。とりあえず、引き抜かず残しています。

F5DB95D5-E188-433D-B9C1-16B0417B2316一昨年ダメージを受けていた枇杷は、今年は葉も茂り、その中のいくつかにしっかりと実を付けてくれました。10日ほど前に、試しに4個収穫し、芳醇な甘さを味わいました。そして、残りの本命の実たちをそろそろ収穫しなければと思うこの頃でしたが、何ということでしょう!今朝起きたら、その実がごっそり無くなっていたのです。正確には1つだけ残っていましたが。

下の地面には落ちていません。これは一体?、とその事実に想像は膨らむばかりですが、たわわになった実の画像を見直して、価値のあるものに育ったから持って行かれたのねと、残念だけれどあきらめました。

86FAD00B-0A16-45EB-8FC0-B68F65D7BF92

そのとなりのガクアジサイは雨の中で十分に咲いています。

********

世の中は動き出し、私も動き出しました。先日は東京に、近場のスポーツも再開しています。道中、梅雨の花々が楽しませてくれました。

電気使用量のお知らせ

緊急事態宣言が解除されて1週間が過ぎました。気持ちは幾分外に向かっていますが、警戒は緩められないので、やはりステイホームの時間は未だ多い状況です。

家にいて時間がたっぷりあるので、さすがに5月の家計簿記帳は滞ることなく付けられ、集計も順調に進みましたが、光熱費の欄がうまりません。いつもなら、月の終わりあたりに郵便受けに「電気ご使用量のお知らせ」という紙が入っていてそれを書き写すのですが。それが待てど暮らせど入って来ません。そこで、5年位前に登録した「でんき家計簿」というウエブページのマイページにもアクセスしてみましたところ、先月の4月までは記載があるのにやはり5月は無し。しかも、お客様情報のところを見ると、契約状況が変わったから・・・みたいなことが書かれていて???

煮詰まったので、お問い合わせのカスタマーセンターに電話しました。コロナの影響で混雑、お急ぎでない場合はご遠慮ください・・・のアナウンスにもめげず待つこと5分(割と早い)で、コールセンターにつながりました。

事情を話すと、親切に応えてくださり疑問は無事解消しました。

電力自由化によって、色々参入してきたあとに、東電も2つに分けたということでした。そして、我が家はその新しく設立した方に組み込まれたことによって、従来のシステムから外れてしまったようでした。電化上手や深夜電力などを利用していると、新しい方に組み込まれるらしい・・・

88BD7AE0-B9A2-4C83-96BA-9E2C98383BD7「でんき家計簿」からは外れ、新たに「くらしテプコ」というウエブサイトで月々の料金を確認できることになっていました。ここに登録する、IDとパスワードがすでに送られているはずですと言われ、探してみたら出てきて無事新たな確認ページにたどり着けました。

紙でのお知らせを希望すると有料ということです。

ウエブを利用することが今加速して来ています。コロナでステイホームの状況では確かに、色々便利に使われたので、この進歩はありがたいものですが、不注意に暮らしていると、世の中に取り残されるー!と危機感を持ちました。