煮梅

6月と言えば梅の季節。まず、先週初めに花菜ガーデンで収穫したての南高梅1kgをいただき、梅ジュースにしようと思って下処理をして冷凍しました。

しかし、ジャムも作りたいと思い、もう1kgお店で購入(和歌山の梅とだけで種類は不明)ーひとまず冷蔵保存。

そうしたら、その翌日、今度は傷を含む4.5kgもの十郎梅がやってきました。

というわけで、土曜、日曜は梅仕事で大忙しとなりました。まず、最初にはじめの南高梅1kgをジュースに仕込み、次に傷梅とそうでないものを種分けして、傷のない3kgを下処理冷凍、翌日冷凍梅をジュースに、傷あり1.5kgでジャムを作りました。

そして、ようやく購入した梅の作業に。下処理を始めると、購入梅は傷もなくとてもきれいなことに気付きました。それで、ふと思い出したのが、以前どこかで食した煮梅。

ネットで作り方を調べ、今回は500gで作りました。

①下処理のあと、竹串で5箇所ぐらい穴をあける。

②4,5時間水につけてから、たっぷりの水で弱火にかけ30分煮る。

③そのままさまし、冷めたら水を張ったボールに移し一晩おく(時々水を変える)

④鍋に分量の砂糖と水(今回は3カップの水に2カップの砂糖)を入れ、煮溶かした中に水を切った梅を1つずつ入れ、20分煮る。(ガーゼの落とし蓋)

⑤完全に冷めるまで置き、くずさないように瓶に詰める。残りのシロップを2/3に煮詰めて梅がかぶるまで瓶にそそぐ。

冷蔵保存で、2,3日後から食べられ、1カ月以上おくと酸味がまろやかになり美味しいということです。残ったシロップはジュースとして飲めるようです。

500gで作ったので、小さな容器に入れて冷蔵庫のドアに収納できました。数日後がとても楽しみです。

カタバミの花

煮梅」に4件のコメントがあります

  1. 1キロ買った後にまた4、5キロとは、「梅まつり」でしたね。
    私が持っている煮梅のレシピには水に移すときに『そっとそっと優しく手ですくいあげる』とあります。
    今回私は煮すぎてしまい、崩れてしまいました。
    手で掬い上げたら皮が剥がれてしまい、ジャムのようになりガッカリです。
    セーラさんの④以降が、こんなやり方もあるのかと私の煮梅のやり方との違いに興味が湧きました。
    作ってみたくなりました。
    まだ売っているよね。

  2. こむぎさんも、煮梅作られてたんですね。
    検索レシピ通りに作りましたが、そのレシピ、実際にはもっと丁寧に書かれていて、やさしくとか、そっととかの言葉が沢山ありました。また②の煮るところは、沸騰しないように沸々と弱火で煮るとあり、沸騰しそうになったら火を止めて蓋をかぶせ、暫くおくとありました。これが潰れないためのポイントかもしれません。
    梅はまだお店にあるでしょう。先日あさつゆにもありました。是非、お試しを!

  3. 昨日梅を買って、セーラさんのレシピで作り始めました。
    今は冷ました梅を水に浸けています。
    皮が破れず今のところきれいです。
    明日シロップに漬けるのが楽しみです。
    ありがとう♪

    1. 水に浸けるとこまで無事に来たなら、あとは大丈夫ですね。✌︎
      そう言えばうちの梅はもう食べられるけど、冷蔵庫のドアポケットに収まって食べるのを忘れていました。明日にでも食べてみます(^^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中