日別アーカイブ: 2013年5月13日

白内障手術の前後の日々

5月8日、富士山とチャペックハウス
5月8日、富士山とチャペックハウス

日曜日の白内障手術は、あっけなく終わりました。

手術前の日々は、穏やかに静かに暮らしたいと、・・・できれば、手術後の日々を考えて、保存食などを作って・・・と思ったこととは、程遠い慌ただしい日々ののち、その日を迎えました。

1週間前から、感染を防ぐ目薬をさしはじめますが、私の場合10日前くらいから、珍しくものもらいの前兆を感じたので、前倒しで早めに開始しました。その目薬を差し始めると、流石にものもらいの前兆はまたたくまに解消されました。

手術前の慌ただしさの極みは、やはり前日土曜日のスケジュールでしょうか。1週間前ににわかに決まり、夫の40年ぶりの友人が家に立ち寄ったこと。自転車を趣味になさっている方なので、駅で待ち合わせるタイプではなかったのです。午後には帰られるし、まあ…と思っていたら、木曜日の夜辺りから、キッチンの排水の調子が悪くなりました。少しずつなら流れるが・・・という状況。金曜日は1日出ずっぱりの用事があったので、どうしたものかと思いましたが、その夕方、4年前に家のリフォームを頼んだところに相談の電話を入れました。折り返しの電話で、土曜の午後に来てもらえることになり、ラッキーながらこの土曜の過密スケジュールが出来上がりました。

結果的には、午前の来客は、多趣味で話題豊富な方で楽しい時間を過ごしました。その人が帰った1時間後、排水洗浄の人が来て、こちらも有意義でした。配管はかなり汚れていて、しかも出口のところが石膏のように固まっていたのですから。それが解消されたので気持ちもすっきりしました。

IMG_1613[1] IMG_1611[1] IMG_1615[1]

*********************

翌日の手術の予約時間は、朝8時45分から。30分前に来るようにとのこと。朝5時半に起きて、30分おきに2種類の瞳孔を開く目薬をさします。

この眼科は、日曜日が手術の日で、私がトップバッターです。まず麻酔の目薬を何回かさし、不織布のスモックとキャップを着用します。そして、抗生物質の点滴を左腕にセットし、診療椅子に座ります。その後リクライニングで水平になります。

そこでは、まず消毒の布で目の周囲をきれいに拭き、アルコール液?のようなもので目を洗います。その後、顔全体を覆う不織布の布をかぶり、手術をする目のところを鋏できって開き、固定します。この時点でスタンバイOK。

「気分大丈夫ですか?」と聞かれた後、この椅子ごと移動して、カーテンの向こうの手術室へ。

先生と、もう一人の先生が待っていて、手術開始です。右腕には血圧を測定するためのものをまかれます。大きく見開いた右目から、先生の顔や器具などは全く見えません。明るい光の中に色んな色の光が見えるだけ。いつ始まったかも身体的にはわかりませんが、先生や助手の人が、そのつどリラックスしてくださいね、うまくいってますよ、少し押される感じがありますが我慢してください、など要所要所話しかけてくれるので、不安なく気持ちを保つことができました。確かに、痛みらしい痛みは感じることはありませんでした。しかし、手術中に考えていたことは、やはり簡単なことではなかったなあ、経験しないに越したことはないよ~、パニックになる人はだめだろう、とか考えていました。

「はい、終わりました」の声は、出産のときの「はい、生まれました」に少し似たさわやかさが」ありました。

派手に眼帯を貼られ、この日はこれで帰ることになります。トップバッターの私のあと、次々、15分に1人はやっているのではないでしょうか。流れ作業的な感じです。これからの人が、ちらっと私を見ていました。自分もこうなるのか、と思っているのでしょう。

私は近視なので、メガネをはずしたもう一方もぼやけているので、危なっかしい片目人。家族の送迎で難なく帰りましたが、その日は家に帰って眼帯の上からメガネという異様な姿で、なんとか過ごしました。

翌日の今日は、再び眼科を受診して、眼帯をはずしてもらいました。眩しい光が入ってきて、手術前の全く度が合わないような目から、近くに焦点を合わせた明るい世界が見えてきてホッとしました。

視力が落ち着くまでは、早くて2か月かかるそうです。たしかに、手元40センチがクリアというのは、まだしっかり確立されていない気がします。眼内レンズを入れた水晶体もまだ衝撃に弱い状態で、何より傷口3ミリの感染症予防に気を付けた暮らしをしなくてはなりません。昼は花粉除けのようなプロテクトメガネ、夜は金網のようなメガネをして保護します。

入浴は、3日後。洗髪は3週間禁止です。こういう日々は何をして暮らしたらいいのでしょう。せっかくだから、家の中で、ゆっくりとした時間を過ごそうと思っています。