月別アーカイブ: 2019年9月

「みんなのミュシャ」展へ

9月に入ってからは、暑い日と涼しい日を繰り返しながら、台風15号の強烈な通過と被害のニュースに心を痛めつつ、明日は早秋分の日。また時の過ぎ行く速度が上がって来ました。

この間、母の高齢者住宅の転居の話が持ち上がりましたが、結局慣れたところがいいという判断になり、あらためて現在のホームに落ち着くという顛末もありました。母にとっての良さが何かを再認識できました。

そんな日々の中、先日夫の誘いで、東京の渋谷、東急文化村で行われている「みんなのミュシャ展」に出かけました。

1B4D4AA1-B510-4603-B194-F457E534F9E5

ミュシャという人は知りませんでしたが、案内パンフによると、没後80年で、ミュシャから現代の漫画が生まれたと位置づけられる人物です。チェコの人でアール・ヌーボーを代表する芸術家。

E31590BB-4E4E-49C6-A600-4BF7F80ED80F確かに、紹介されている絵は絵画のようであり、少女漫画のようでもあり、細かい線による描写とグラデーションのきいた色彩が印象的でした。ミュシャとつながる日本の漫画家の原画も展示されていてその影響が伺えました。

私も昔は別冊マーガレットのファンで22歳まで愛読者でしたが、その頃のトキメキは今はないのが残念です。しかし、ミュシャの絵画は異国情緒あふれた華やかさと神秘さがあり、デザイン画としてそれが描かれたものを部屋に置くのは素敵と感じました。

6525591B-52B5-4B74-8F1B-C74B83221639お昼をまたいで鑑賞し、遅い昼を渋谷のビル街でいただきました。この頃、東京に出かけることが多くなりましたが、渋谷には10年ぶりくらいでしょうか。地下鉄半蔵門線で来たので渋谷駅の地下が深く広く発達していることを感じましたし、地上に上がると渋谷駅自体が高層ビルの下にあることを知りました。周辺にあと二つ高層のビルがあり、お昼をいただいたのはそのうちの1つです。

このあとは、宮益坂を上って青山学院を過ぎ、地下鉄表参道駅から帰路につきました。

 

夏旅行つづき… 松島観光

夏旅行から戻って1週間がたちましたが、もうずいぶん前のことのような感じがします。

E8CA5DA2-E0D6-4AE8-9604-271BEAE5D980夏旅行は、目的の花火を無事観覧した後は、今まで経験したことのないタイムスケジュールで宿に戻りました。深夜の道の駅で休憩し、予定より早くホテル到着で26時。急いで24時間入れる天然温泉に。午前3時頃ですが混雑! でした。

そんなわけで、流石に翌日はホテル10時出発です。

二日目は、仙台市近くの松島を観光しました。東北方面へは旅行でないと行く機会がないので、有名なところですが初めての場所です。お昼に松島に到着、150分自由行動で午後2時に集合したあとは、一路バスで戻るというスケジュール通りに観光することができました。

 

東北自動車道から仙台市あたりに近づくときは、震災の時のことを思い出しつつ、しばらく行くと風光明媚な松島湾が見えてきました。

まず、遊覧船を申し込んでいたので、そちらへ。小型の船で、運転手さんとガイドさんが直に島の説明をしてくれました。湾の島が津波を多少緩和したということでした。伊達政宗の菩提寺である瑞巌寺前の木々は震災の津波で倒されたとかで、大きな切り株が見られました。

CD308B0B-B236-40CC-8ADB-23DD5F723BCF

短い橋で渡れるところにある、五大堂からは、松島湾が見渡せて、良い写真スポットでした。

F26D0C3B-DB81-4FE9-B3CD-F637F65D190C食の方では、笹かまぼこを焼いて頂くという体験工房や、生ガキも焼きたてが食べられました。お土産店では、ズンダの〇〇というお菓子が沢山ありました。

 

A3A49C42-FBA6-43AC-9FCA-6DBC26C2632Eお寺があり、海があり、観光地化しているところなど鎌倉に似た風情と感じ、実際このお寺(円通院)の入り口などは、よく似たお寺が鎌倉にもあったと思います。

松尾芭蕉が、まつしまや・・・と詠んだ場所はどこだったのかと思いつつ、帰路に就いた次第です。*パンフレットによると船で見た島の1つでしたが、素通りでした。*

帰路は、行きと同じ、2時間を目安のパーキング休憩で戻りましたが、途中羽生Pは、趣向が凝らされた建物でした。時刻は午後6時過ぎ、毎日の母への電話をかけて旅の無事を知らせ、順調に戻りました。

 

80F960E4-A3A5-4DFF-BCDF-E0CAB9C84C56

 

夏旅行―大曲の花火を見に

8月の大曲の花火大会というのは、毎年最終週の土曜日と決まっているそうです。

今回で93回目の開催だそうですが、第5週になったのは初めてだとか。しかも、8月31日なので、夏旅行といってももう秋へのスタートが始まる中、まさにこの夏をしめくくる打ち上げ花火となりました。

お天気が最後まで心配だったのと、旅行申し込み時に、「バス駐車場から花火の座席まで80分から90分行きも帰りも歩きますがよろしいですね」の念押し。25名集まらなければツアーは取りやめるということでしたが、無事に集まったようで、早朝6時の集合にタクシーで向かいました。

9年前のねぶた祭のツアーを思い出す長距離バス旅行ですが、距離は正直で、青森までよりは若干短く感じられ、17時に会場近く?の駐車場に到着できました。

3A340574-9352-40FF-AE24-B1F4D05ABC32大曲の花火会場周辺は、田園が広がっていました。雄物川の河川敷に会場が用意されていますが、そこに向かう人の数はまさに大群衆と言えるでしょう。添乗員さんの言うことには、昨年は75万人が観覧したということです。

今まで、夫が花火を好むこともあり、家族や夫婦で何回か他の花火大会にも行ったことがありますが、大曲の花火は独特のものがありました。花火師による花火が27。その途中に、スポンサー提供花火が6。8時45分ころには大会提供の花火ミュージカルという風に色々な花火が見られました。花火師の花火は、それぞれ①10号打ち上げ花火 ②10号の自由玉 ③創作花火という風に、花火師1つにつき3つ見せてくれます。

花火師の創作花火は、音楽付きで趣向が凝らされていて、音と光で幻想的な気分にさせられます。スポンサー提供花火もさらに大規模に美しく、終わりが名残惜しい気がしました。

・・・