日別アーカイブ: 2006年3月17日

文旦でつくるお菓子

土佐の文旦を予約注文してこの季節に食べるようになって数年になります。
 
今お店に行くと、今の季節の代表的な伊予柑を筆頭に、色んな種類のかんきつ類が出回っています。出回っていないかんきつ類も合わせると、とても沢山の種類があることに驚かされます。
 
文旦は出会うまでは名前はもちろん存在さえ知りませんでしたが、今ではこの季節に無くてはならない楽しみにしているフルーツです。
 
皮がピールにできると聞いてインターネットや本などもみていくつか試みましたが、なかなか会心のできばえにはならず、今年こそはという思いでいます。
一番作りたいと思っているのは、やはり皮を利用したお菓子で、ピールでなくとも、砂糖菓子のようなものを作って保存しておきたいと思っています。余裕があれば、ピールやジャムが作れたらと思っています。
 
少し苦味のあるさっぱりとした酸味が、私の好みに合っています。
皮と実の間の白いふわふわのところに良い成分があり、それが美味しいお菓子になるので、本当に捨てるところがありません
 
先週届いてさっそく、1回作りましたが、何箇所かうまくできなかったので再度チャレンジしたいと思っています。
 
以下、実際に作っている人に聞いた作り方です。
 
 1.皮を、薄くスライサーでむく。
 2.実を取り除いて、白いところを30分位水につける。
 3.白いところの重さをはかり、60%の砂糖を加えて火にかけ、
   砂糖が溶けたら火を止め一晩置く。
 4.再び火にかけ煮詰める。
 5.オーブンで乾燥させる。(少しだけ)
 6.グラニュー糖をまぶす。
 
 ※ 砂糖を加える前に、出来上がりの形に、切りそろえておこうと思います。