月別アーカイブ: 2008年1月

陽光浴びて出発

寒い日が続く1月をようやく抜け出し、2月を迎えました。
父の命日のある2月には、毎年大阪の母のもとに行って、一緒に父を偲ぶ時間を持っています。
今回は、2月になるやいなやのいちはやい出発です。風の冷たさは、相変わらずですが、家を出てからの道筋、新幹線から見える景色は眩しく陽光あふれる日和となりました。

冬には綺麗な富士山が見られるので、今回も期待しましたが、残念なことに、頭を隠していました。
三島に近づいたとき、裾野が姿を表した様は、まるで天空のラピュタのような荘厳さを感じました。

  新幹線から、2月の和歌山 001  新幹線から、2月の和歌山 003

       富士山の裾野                            富士川鉄橋から

こうして、2月の声を聞くと日々の様々な出来事や思いも、小さくまとめられてしまったように感じます。
天竜川を過ぎて、もうすぐ浜松です。

  新幹線から、2月の和歌山 004  新幹線から、2月の和歌山 005

名古屋に近づく辺りで、遠くの方に雪をいただいた山が見えました。富士山はもう過ぎたはずだし・・・。この山は、名古屋を過ぎてさらにはっきりと目立つようになりました。立山連峰かしら?

   新幹線から、2月の和歌山 006  新幹線から、2月の和歌山 007

さらに行くと、伊吹山でしょうか?ひときわ大きく堂々と迫ってきました。こだまに乗って、ゆっくりと景色を楽しむことができました。

                    新幹線から、2月の和歌山 008

 
 
 
 
 
 
 

寒い日々に

今日は、ようやく光がさして明るさを取り戻しました。
朝から、お布団などを干し、洗濯物も二日分が一気に乾いて、ジメジメした気分が一掃されました。
    
寒さと、鬱陶しさが極ったここ数日。昨日は、電話三昧でした。
一昨日は午後からお出かけでしたが、朝と夕に、二つお菓子作りをしました。
 
一つは、「大納言ケーキ」。完成品の立派さの割りに簡単にできるので、材料在庫減らしのためにも、
奮発してみました。教わったレシピは、5本の分量なので、半分にすると2.5本と中途半端。
しばし、考えた後、5本まとめて種を作ることにしました。
 
 卵白6個分+砂糖360g ホイップ +卵黄6個分 + サラダオイル大さじ6 +薄力粉150g
+ゆであずき(井村屋420g) + 薄力粉150g +バニラエッセンス、塩少々
 
3本を先にオーブンへ。180℃40分で出来上がりです。
出来栄えは、とてもふわっとできたのですが、上にジンベエザメみたいな模様が出てしまいました。
これは、ビジュアル的に問題があります。なぜ、これができるのか、いつも謎だったのですが、
今回、後発の2本は、しっかりと焼けて、その模様も出ませんでした。
ということは、温度が低いと出るということでしょうか・・・。
 
       大納言ケーキときなこあめ 002 小豆が片寄ってしまいました。
 
  和なのか洋なのか、不思議な甘さが広がるお味です。
 
夕方に作ったのは、先日はまおとめさんのスペースで教えていただいた、「きなこあめ」です。
きなこをさがしてみたら、「10種雑穀はとむぎきなこ、黒ごま入り」とかいう栄養のありそうなきなこが見つかったので、
早速作ってみました。
 ハチミツをレンジであたため、きなこを混ぜ込むだけでできるという、教えのとおり
栄養満点の「きなこあめ」が出来上がりました。
 
        大納言ケーキときなこあめ 001
 
 簡単で、おいしく経済的。これが大事ですよね。
             はまおとめさんありがとうございました!

絵画と音楽

この頃、口を開けば寒いと言っているような気がします。
今日は、昨日の予報では、雪ということで緊張しましたが、予報ははずれ曇りで収まりましたが、
冷蔵庫のように寒い1日に変わりはありません。
 
昨日は、近くの美術館でやっている幼児の絵画展を見てから、
娘の吹奏楽団の演奏会に出かけました。
自らは、音楽人でなかったので、10年以上吹奏楽を続けている娘の演奏会を聞きに行くことで、
音楽の世界とも、繋がりができたように思います。
昨日の曲目は、すべて詳しい解説付きでしたので、興味が持てました。音楽というのも、音で色々なことを
表現しているということを改めて思いました。言葉や、絵とは違って、意識下のところにも働きかけてくるような感じで。
それでかいつも、半分は睡魔とのたたかいですが。
 
昨日は、大寒ということでしたが、出かけることで
色彩豊かな幼児の絵と、音量たっぷりの音楽を聴いて、しばし寒さを忘れて芸術の時を過ごせました。
 
       鎌倉芸術館 003
 
 

布の整理

先日、私の所属する会の衣を勉強するメンバーで、今年も布を買いに行きました。
今回買ったのは、美脚パンツ用ウール地と、バザーに出す幼児向けの布。
 
      布たち 001  布たち 002 ←こちらは在庫
 
自分が使う布を買うので、別に皆で行かなくてもいいわけですが、わざわざ時間をとって布探しに行く。
それだけですが、そのことが何だかワクワクすることで、毎回楽しんでいます。
 
 
ところが、用途が決まっていて買った布は、ゆっくりでも何年かの後には、服などに仕上がりますが、
たまたま、柄がいいからとか、お買い得なのでと手に入れた布は、年々、死蔵されてしまっていて、
調べたら相当な数になっていました。
 
   今年は、それらの布をなんとか日の目を見させたと、密かに計画中です。
 
     布たち 004  ティーコゼーなど、リビングのものにと思いつつ・・・。
 
        m100円で、5メートルも買ったけど、右はスモックエプロン2着製作中   布たち 003
        夏のパジャマにでもするかな。
 
    布たち 005  エプロンを作っても、まだ余った布もあり、さて・・・

休日のお出かけ

この3連休は晴れて寒いという予報でしたが、寒いは当たっていたものの、
結局、晴れ間はあまり無く、雲が広がる三日間でした。
何が捗ったということも無く、昨日横浜まで足を延ばしたのが、唯一の出来事です。
 
振り返ってみると、昨日の午後ぐらいが、まだかろうじて薄日が射していました。
横浜駅で降りるだけの予定でしたので、トクトク切符は得ではないので、スイカの出番が訪れました。
まず券売機で1000円をチャージしていきました。
使い慣れないので、危うくスイカを切符のように通してしまうところでしたが、間一髪思い出して免れ、
あとはスイスイ?、スイカを使いこなしました。
 
横浜では、主に横浜そごうで時間を費やしました。
久しぶりに実家での大阪暮らしがよみがえる、都会の百貨店の品揃えando雰囲気に
はじめこそ嬉々としましたが、だんだん人の数が増えてきて、帰る頃にはかなり疲れてきました。
 
新たな発見は、横浜そごうというのは、海に面して、眺めがいいということです。
7階、紀伊国屋書店から、素敵な海の風景が眺められました。
大きな書店は都会にいくつかありますが、ここは本の数も多ければ、配置もなかなか見やすくできていて
とてもよかったです。子どもの書籍のコーナーあたりから、海が眺められたから株があがっただけかもしれませんが。
 
    横浜駅周辺 003 横浜駅周辺 002
 
その後、反対側のヨドバシカメラに寄って帰る頃は、すでに夜の闇が迫っていましたが、
カメラで、撮影するとまだ光は残っていて、宵の口のイルミネーションが映し出されました。
 
                  横浜駅周辺 005
 
 大きな駅のロータリーのはずですが、わが街のロータリーと割りと似ているねと話しながら帰りました。
 
 
 

ディスプレイ復活ー春の兆し

昨年より、パソコンを長く使ったりしたときに、ディスプレイに「最適なモードではありません」という表示が出て
真っ暗になるというトラブルが頻繁におきていました。
ディスプレイのトラブルらしいことは、わかっていましたので、メーカーに問い合わせたところ、
3年以内ですと無料修理をしていただけるということで、ぎりぎり3年未満だったこともあり、急遽修理に出すことになりました。
その間、パソコンが使えなくなるのは、家族一同「えっ!」となりましたが、一番あせったのは、私のようでした。
点訳を2回分くらいすすめて、印刷し、直前には、今まで保存していなかった写真画像をCDに保存したりと、暇な時には
うまくいかないものが、時間が無いとなると、どんどん事が運びました。
そして、ディスプレイは持っていかれ、パソコン業務は休業となりました。
 
しかし、なくなってみると、これはこれである意味、解放された時間でもあると、雑念無くほかの事に集中できる幸せを感じていました。
アナログで暮らすのもいいものだと・・・。
 
1週間の約束でしたが、意外とはやく、修理されたディスプレイが戻ってくるや否や、他のことそっちのけでつないでいる私。
とても複雑な気分ですが、進んできた道を後戻りはできません。関わったものと、最後まで道を探しながら進んでいく。
それが、私の生きる道・・・かしら?
 
1月になったというだけで、光が春めいて見える。これが、冬のうれしさです。
寒い中で、春を待つ仲間をみつけました。
 
     ロウバイ1   ロウバイ2  ロウバイ
 
    
     日向ぼっこ2 日向ぼっこ1
 
                                                    日向ぼっこの水鳥
 
 
 

湯河原温泉旅行

湯河原温泉に、家族で1泊旅行に行ってきました。
湯河原に行くのは、2度目で、前回も今回も、コンドミニアムでの宿泊でした。
 
   朝から空は快晴で、家を出てすぐ見える富士山は雲1つありません。
 
                  湯河原温泉旅行2008.正月 001
 
 
途中、大型ショッピングモール立ち寄った後、箱根駅伝をさけて、
               小田厚から箱根山越えコースで湯河原へ行きました。
 
 
  富士山が見えるスポットでは、富士山を含む山々と芦ノ湖の絶景にうっとりしました。
 
       湯河原温泉旅行2008.正月 004 湯河原温泉旅行2008.正月 008
 
 
箱根七曲の道を下って、湯河原へと向かう遠くには、はるか大島が見渡せる海が光っています。
 
                 湯河原温泉旅行2008.正月 014
 
今回泊まったマンションは、2階に温泉大浴場があり、その広いこと。
すっきりしたお部屋で、特にすることも無いので、家族で語らいの時を過ごし、全員早寝出来たことが何よりでした。
 
              湯河原温泉旅行2008.正月 019  湯河原温泉旅行2008.正月 027
 
 
 
  翌日は、来た道を戻りました。 湯河原温泉旅行2008.正月 030
 
椿ラインでは、日の当たるところの椿がちらほら。  湯河原温泉旅行2008.正月 032
 
             湯河原温泉旅行2008.正月 037  湯河原温泉旅行2008.正月 038
 
 
                     湯河原温泉旅行2008.正月 046  遠く煌く海。
           
 
 
   前日の富士山のスポットからはさらによい眺めをみることができました。
 
             湯河原温泉旅行2008.正月 049  
 
 
  その後、箱根駅伝の出発地点などを車中より眺めながら帰りました。
 
          湯河原温泉旅行2008.正月 060  湯河原温泉旅行2008.正月 063
 
ー以前の湯河原旅行の時は、海に近いマンションに泊まりましたが、宿泊地点が少し違うだけで、違った趣の旅でした。
面白いことに、湯河原を流れる川沿いの今回のマンション、川が県境になっているらしく、住所は熱海市だったのですー