日別アーカイブ: 2008年7月3日

牛乳パックの堆肥作りにチャレンジ

 
先日、横須賀での集まりで 「段ボール堆肥」という、室内でできて、生ゴミを減量し、良い土を作るという
いいこと尽くめの試みを聞き、準備してそのうちに実践してみようと思っていますが、
その前に 「牛乳パックの堆肥作り」をやってみることにしました。
 
聞いてきたやり方は、
 ①牛乳パックの底5分の1くらいに、土を入れ、
 ②その上に、生ゴミー調理していないもの、タンパク質、バナナ、玉ねぎの皮は避けるーを500g、刻んで、米ぬかひとつかみと混ぜて
 
     IMG_3813  IMG_3814
 
 ③詰め込む。全部入れたら、トントンとして、
 ④上に土をかぶせて、    IMG_3815  IMG_3816
 
 ⑤密封し、2か月置くと出来上がりだそうです。(牛乳パックには日付を書いておきました)
 
 ひとまず、やってみましたが、気づいたことは、
    野菜くずの500gは、1回ではなかなかたまらず、2,3日かかりました。
    意外と量が多く思え、牛乳パックに入りきるか心配になるくらいでしたが、ピッタリ入りました。
 
この方法で、やってみてから、インターネット検索してみましたら、牛乳パック堆肥だけでも、
微妙に色々あることがわかりました。米ぬかを入れなくても土と混ぜるだけというのもありましたが、
これだと、6か月、反対に、ぼかしを入れると1か月でできるようです。
白いカビ状にものができているのは成功だそうです。
 
段ボール堆肥の方も、色んな情報を先に調べて、一番いい方法で成功させたいと思っています。