日別アーカイブ: 2008年7月4日

七夕に思う

夕べからの雨は、朝のうちに上がって、夏の日差しと温度が戻ってきました。
 
今日は、駅方面で1日集まりがありましたが、出かける前、
近年スルーしていた、駅前の七夕祭りのことが頭に浮かんできました。
 
結婚してこの地に住むようになり、初めてのの七夕のときに、ここの七夕は有名だから
と出かけ、そのスケールを実感したのが七夕祭りとの出会いです。
子どものころから親しんできた、笹の葉に可憐な飾りを結ぶイメージとは違い、
どちらかというと、運動会、文化祭の大道具のようなイメージで、各商店の熱いメッセージを
感じるお祭りという印象でした。
 
しかし、その後駅から少し離れて暮らすようになってからは、
この期間の雑踏に近づきたくない思いもあり、もう何年もご無沙汰していました。
 
今日から4日間の日程で行われますが、ふと、今年は始まる直前を見てみようと思いたって、
早めに家を出、駅を回ってこれから始まる七夕祭りの、序章を見て来ました。
 
9時頃でしたが、まだ吊るしあげる途中の飾りもあったり、
飾ったものの前で記念撮影しているスタッフの人たちの姿が見られました。
 
久しぶりの笹飾り、毎年の豪華な作品や、世相を反映させた飾りのほかに、
あたたかいメッセージを投げかける飾りなどもあり、メイン通りを、何枚かセレクトして撮影してきました。
 
商店街のお祭りが、近年は市民のお祭りになってきているということが、なるほどと実感させられる印象でした。
いい方向に向かってきている感じがして、地元民としては嬉しい気持ちです。
 
    IMG_3818   IMG_3819   IMG_3820
 
 
          IMG_3822     IMG_3823
 
 
        IMG_3828  
 
                      IMG_3830   
 
   IMG_3833  IMG_3829